ペケペケカクカク

読書、映画、思考、冗談雑談

ダイヤの指輪から真珠の指輪

Posted by ちやこ on   0  0

婚約、なんてものもまだしていない娘と彼氏なので
順番は大いに変なのだけれども
まぁいいんじゃないの、と思って先月、
私が四半世紀前に夫からもらった婚約指輪を娘に譲った。

終焉とはいえ、まだバブル臭がぷんぷんしていた時期で
夫はえいやっと頑張って7桁値段の良質な1カラットのダイヤモンドの指輪をくれた。
華やかな社交界にお住まいの方々には
1カラットぐらい普通に着けていくところもあろうけれど
私なんぞはこの婚約指輪を2回か3回しか身につけたことがない。

なにせ当時流行のでっかい立て爪ブリリアンカットは
宝石に慣れない私には
ちょっと擦っただけで皮膚に切り傷が出来るほど鋭くて
ますます引き出しの奥に仕舞われてゆくのだった・・・
泥棒さんに盗まれないため、自分でも忘れるような場所にね。

だから、娘にちゃっちゃと譲った。
娘の世代は意外と堅実で、1カラットのダイヤモンドだと
かなり豪勢なうちに入るらしく、意外なほどに喜ばれた。
(芸能人の婚約だとフツーに数カラットのダイヤの指輪してるのにね~)

と、いうことで娘は彼氏と一緒にいろいろな宝石店をまわり
ウノ・カンダでデザインしてもらうことに決めた。

それから1ヶ月ほどして、指輪が出来上がり
今日娘がそれを持って帰ってきた。
同じ1カラットのダイヤでも、
バブル時代のこれ見よがしな堂々たるデザインと違って
しなやかで優しく、繊細で柔らかい感じに仕上がっていた。

・・・・が、どうもそのか細い指輪だと、
先の指輪の土台に使われていたプラチナの量が少なすぎるように見えた。

すると娘が、はい、とこれを差し出した。

「パパからもらったときの刻印がそのまんま残してあるよ」

娘は自分で真珠を購入し、先の指輪の土台につけて返してくれたのだった。

ゆびわ

なんとまぁ乙なことをしてくれちゃうのかしら・・・・

娘の気持ちは、うれしい。
ただ正直にいうと、そこまでしてくれなくても、と思った。
誰かに盗まれるかもしれない宝物って持っておくだけで厄介だし。
けれど夫は娘のしたことにまんざらでもない様子だった。

(ちなみに娘は夫にはチタンの手作り真空タンブラーをプレゼントしていた。
かなり高そうだった。
幸せだと財布の紐が緩むのね)

きっとこの真珠の指輪、私は娘の結婚式にしていくのだろうな。
いつになるのか知らないけれど。

スポンサーサイト

中二病時代に読んだ本を読み返してみようかと

Posted by ちやこ on   0  0

NHKBS「フランケンシュタインの誘惑」で
マッドサイエンティストで有名なドクター・デスを取り上げていて
興味深く見ていた。
自殺機械タナトロンとかマーシトロンとか名前だけは聞いたことあったけど
どっちもあんなに簡単な装置だったとは思わなかったな。

やっぱりドクター・デスは異常だわよ
自殺もやっぱりいかんわよ、
・・・・・と、ものすごく真面目に見ていたら
それが終わったとたん
「♪自殺は痛くない~♪(和訳)」ってのんびりした綺麗な曲が流れて
映画「M★A★S★H」が始まっちゃったんだよね(゚Д゚≡゚д゚)エッ!?

ませガキだった私はこの映画の原作本に夢中になっちゃって、
その後10年くらい何度も何度も読み返したんだけどさ、
映画をまともに見たのは今回がはじめてだったんだ。
まさかまさか、自殺礼賛の歌が映画主題歌だとは思わなかったな。

さらに映画は女性差別とかセクシャルハラスメントとかが半端ないレベルで描かれていてね、
BSの昼間だったから放送できたようなものじゃないのかな。
朝鮮戦争当時の野戦病院を風刺的に描いた原作はアメリカでいろいろな意味で受けて
映画も大きな賞をとったし、
ドラマも最高77パーセントの視聴率をとったんだってさ。

だけど内容が非常にヤバイ上、主題歌も映画と同じものだから
その手のことには非常にやかましい日本では普通に放送されるわけがないね。
原作にも朝鮮戦争当時の日本がしっちゃかめっちゃかな形で登場するから
愛国者には笑えないどころか、怒りと反発を買っちゃうに決まってるし。

うちには昭和50年代に購入した角川文庫が3冊ある。
今はもう3冊ともに絶版。
HI3H0150.png

ところでこの本を買ったのは昭和51年だったみたい。
一冊定価300円。
HI3H0151.png

角川が映画を作り始めて飛ぶ鳥落とす勢いだったころ
みんなが角川の横溝正史や森村誠一、赤川次郎を競って読んでたとき
私は翻訳新作ばっかり買い込んでいたの。
カブレていたんだねぇ、いわゆる中二病だったんだ~

この本ね、字なんか今と違ってものすごく小さくてね8pxくらい。

これくらいかな、もう一回り小さいかな


これがいまや日に焼けた古い紙に文字間隔も行間も狭く縦書きに印刷されてるんだもの
小型聖書も真っ青なレベル(゚д゚;)。
でも今日映画を見られたおかげで
再読してみようかなと思っているんだ。
眼がものすごく疲れそうだけど (;´д`)
今は読みかけの本もないし、ちょうどいいや。

予感ではね、
「なんでそんなに好きだったんだ、アタシ?」
になるんじゃないかと。
もしも今でも面白いと感じたら、成長してないってことだ・・・

ちょこっと夫のことを考える

Posted by ちやこ on   0  0

小さな小さな、吹けば飛ぶような零細企業なので
夫は工場で製品を作り、私は時々必要事務をやっているわけで
だから、夫の仕事や会社の状況に関しては
いわゆる普通一般の会社勤めをされている方々より
少しだけ詳しくならざるを得ない。

人によっては
こういう家族経営みたいな状況を
「仲が良くなれていいわね」とか言ってくれちゃうけれど
冗談のハゲです。

私は夫の仕事についてなんか1ミリだって知りたくはなかったし
今だって出来る限り口を突っ込みたくないどころか
可能なら完全にノータッチでいたい。

仕事を知っているが故に、夫はときどき私に仕事の話をする。
自慢だったり、愚痴だったり、相談だったりするけれども
どんな仕事の話にしたって
私は全然面白くないし、
これから抱える問題がいかに大変かを難しい顔して語られたりしたら
数分で気が滅入る。

正面向いて顔を合わせるのはたいがい食卓だから
飯だって思いっきりまずくなる。
私がキューピー3分クッキングの今月号と首っ引きで作ったおかずの
おいしさが台無しになる。
小難しい顔を食卓で披露して、味も雰囲気もぶち壊すのは
家庭内の環境破壊だ。

仕方がないが私は夫の妻であり
夫が稼がないと食うにも困る身のうえなのだから
とりあえず、うんうんとおとなしくうなずいて聞く。
聞くけれども、話が早く終わるのを一心に念じている。

昨日は私の念が通じたのか、夫の愚痴がわりと早くに終わってくれた。
愚痴は最低限で十分だ。
夫が死んだり、倒れたりしたら困る私はきっちりと
寝る前の祈りに夫のことを加えておくからさ。

・・・・夫が死んだら私はどうなるのだろう。
衣食住に困る。
仕事や会社の後始末が面倒になる。
夫の身内と縁が切れるのは、ちょっとありがたいかも。

そうね、大事なことなんだと思う、
きっとさびしくなるんだわ。

いじけ虫が趣味を欲してる

Posted by ちやこ on   0  0

このごろ昼間にやたらに眠くなる。
こたつにテレビに足がぽかぽか、この3つが揃って2時間もすると
赤ちゃんみたいに座ったままでうたたねをしてる。
いつか座った姿勢を崩してがくんと転んで落ちるのは眼に見えているから
今日は眠くなったとたんにベッドに移動して2時間半も昼寝しちゃった。

ちょうどノートを開いて、ペン習字をやり始めたところだったけど
3行書いたら睡魔に負けた~(´∀`*;)ゞ

ペン習字、数年前通信教育でやり終えたのだけれど、
なにせ毎日字を書かないので、下手にはなるし漢字は忘れるし
こりゃあ、いかんなぁとまた練習をはじめたところなんだ。

例の宗教に出家した子が ((;´д`)<萎ェェェ↓な手書き文字の手記を
発表したのを見たのも、練習再開に拍車をかけたよ (|| ゚Д゚)トラウマー
多分彼女なりに熱意を込めて書いたのだろうけれど、あの字では、その熱意よりも
第一印象が「(゚∀。)アヒャ~」になっちゃうんだよねぇ・・・・
やっぱ、字って言うのはある程度でないといかんでしょ。

カーディガンも編み終えてしまったから
なにかやりたかったっていうのもあるんだよね。
どうも1年に何度か訪れる「趣味欲しい」病がでたみたい。
で、いろいろ通信教育を調べてみたんだけど
う~ん・・・
フラワーアレンジとか、絵画とかいろいろあったのだけれど
一時的に楽しくても、長続きしないんじゃないかという妙な自覚があってさ~
フェルトのお人形も、切り絵も、ウクレレも手をつけてはきたのだけれど
ダメだったからね~(´・_・`)
資格試験系は最初からやる気起きないし。

1度最後までやり終えたペン習字ならやれるかなと思っているんだけど
3行で寝ちゃうって、やっぱこれもだめかなぁ・・・・

ところで最近ちょっといじけてる。
私の体調が落ち着いて見えているようで、ダンナが私に全然かまってくれなくなった。
毎年のことだけど、結婚記念日なんかも綺麗にスルーだった。
(何年もスルーされすぎて私も日にちを忘れてたけど)

ちょっと文句を言ったら、今度モーニング食べに行くか?
と誘ってくれたけど
私は油脂の含まれた食事は禁止されているから
パンなんて無理なんですっ!
何回言えばわかるんだ、この男!
だいたい結婚記念日のお詫びにモーニングサービスってなんなのよ!
面倒くさがるんじゃないわよ!
もっとちゃんと考えなさいよ!

・・・・なんて言うのも虚しいなぁ。
だからちょびっといじけて
ちょびっとぷぃっとするのであった・・・・

ふぁぁ、夜中ってろくなこと書かないわ。
もうやめよぅ、おやすみなさい。

どっちだっていいが出家という言葉が

Posted by ちやこ on   0  0

件の出家表明をした若い女優さんに対して、世の中はいろいろ言ってる。
私は彼女の属する出家先については思うところがあったのだけれど
テレビでは「宗教の自由」をとりあえず尊重して、
彼女自身の行動についての意見が主流になっている。
まぁ、これが普通ですし、放送上危険もありませんわな。

複数のワイドショーを見ていると、
「仕事に穴をあけるのはいちばんしてはいけないこと」で
それは
「一つの映画や番組のためにたくさんの人が一生懸命働いている」からであり
「その作品に出るために必死になってきた人だっている」し
だからこそ
「中途半端で仕事を放棄するのは絶対にダメ」
というのが芸能界に属する人たちの基本スタンスらしい。
至極もっともで、ちょっと昭和のガンバリズムが香ってくるね。

一方ネットに意見を開陳する人たちのなかには
「仕事で心も体もぼろぼろ、ぎりぎりなのに、投げ出すなって当たり前みたいに言う
芸能界のお偉方ってなんなの? 電通なの?」
「自分の身を守るのがそんなに悪いことなのか」
「そんなふうに命じられて頑張った挙句、心を壊した人間がどれだけいるかわかってるのか」
といった擁護派が少なくない。
現実に社会で頑張りを要求されて苦しんでいる若い人たちや
権利や個人尊重を旨とする大人たちかしらん。

むむ、どちらの意見も間違っていないように見えて
向いている方向は思いっきり反対側だ。
ドーンと衝突しちゃう。

とりあえず中庸ともいえる
「契約更新の5月まで頑張って出家すればよかったのに」や
「今の仕事を片付けてから引退すればよかった」といった
社会人たる常識的意見もあるけれど
辞めどきまで頑張ったら今後十年は抱える心の病になっているかもしれないし
悪くすれば自殺しているかもしれない可能性もある。
円満退社できる人ばかりじゃないもんねぇ。

仕方がないけれどもっとも周囲が納得できる方策があるとすれば
「病気理由による休養」後そのまま自然消滅していく方法なのかもしれない。
でもこれも、丈夫な人は倒れるのが難しい。
演技で倒れても、検査や診断で大丈夫ってなっちゃうとだめだろうからね。
その点私は
演技で倒れてもそのまま入院できるというすご技が・・・(゚Д゚≡゚д゚)エッ!?

そうそう日テレ系の朝のワイドショー「スッキリ!!」で
番組の良心的コメンテーターロバート・キャンベルさんが
日本文学の研究者、博士として発した「出家」についての意見が私にとっては白眉だったな。
「出家」は世をきっぱりと捨てて仏門の世界に入ることなのに
世を捨てた者が、ここに至った現生周囲への文句を述べるというのは、
どうも違う、と。
どんな事情があるにせよ、出家という道へ進むのであれば
ただ黙々と修行、まい進するのが筋じゃなかろうか・・・・
だからこその「世捨て人」なのだし。

そうよ! そうだわよ! と思い切り頷いたけれど、

そもそもあの女優さんの属するところが正統的仏教じゃないのだから
「出家」の解釈も全然違うらしい。
だから愚痴も文句も言い訳も訴訟もなんでもありなんだろう。
ああ、出家という日本語の清廉な格が下がっちゃうよ。