半分以下に青い、元キアリス中西

冗談もどき
04 /23 2018
キアリス中西がさ~、って書いてもごく一部の人にしかわからないので
ええと、あの俳優さんは森優作という名前だそうなのだけれども、
星野源の歌とともに始まる朝ドラ「半分、青い」に
主人公の初デート相手として出て来たんだわよ、
ハンサムでもかっこいいでもない、
ビミョ~な外見の真面目で礼儀正しい青年としてね。

いや、ほんと彼ビミョ~な顔つきでね、
荒川良良のひとみをきれいにして
フットボールアワーの岩尾をピュアでかわいらしくしたような
なんというか私はあの形容しがたい雰囲気に
彼がキアリスに入社した時から
(って、キアリスがわからない人も多いだろうけど、これは割愛)
あれ~、なんかこの人インパクトあるな、と感じていたわけでさ。

いや、今日はそれについてではなく
半分、青いの主人公、鈴愛(すずめ)が人生初めてデートをしてね
途中まではうまくいき
後半駄目になっちゃったというそこについて
ちょっと語りたいわけさ!!!!

鈴愛はね、初デートを成功させたくて
幼馴染の指導のもと「お前あんまりしゃべるな」の指示に従い
おとなしく、にこにこ笑って、おしとやかにしていたのよ。
彼女右耳が聞こえないから、時々音の行方を捜してきょろきょろしたりして
キアリス中西、じゃなかった今回の役名は小林ってのがね
そんな鈴愛をかわいらしく思ってね
「鈴愛さんの右耳に僕がなります」とかかっこよく宣言したりするんだわ~

ここまではよかったんだけど、
途中で幼馴染に「しゃべれ!」と指示されて
鈴愛はがぜん地を出してベラベラはじめちゃうんだわ。
しかも明治村の刑務所が最高に好きで
のりのりで自分の考え出した拷問道具を絵にまで書いたりしてね。
鈴愛をけなげで大人しいとでも思いこんでいたのか
彼の鈴愛に対するイメージは木っ端みじんになっちゃった。
で、鈴愛の初デートはどうも失敗に終わったと。

あのさ~、この筋運びわからんでもないんだけどさ~
なんなの、女の子が元気いっぱいにおしゃべりかまして
拷問や刑務所が好きだってハシャイじゃいけないのかね。

初デートにそれはいかんよ、というなら私、それ
最初にかまして惚れられて幾星霜なんですけれども。

そりゃ私だってうぶな時代があったから
人生初デートでは可愛く見せたいですよ、
でもさ、初デートは突然だったのよ、
いつも着ているくたびれた服と風邪で鼻水ずるずるの時
誘われちゃったのよ、昭和全盛期のキッチャテンにさ~

私はもはや開き直ってさ
ええい、これは人生最初で最後かもしれんが
どうせこんな鼻水女はうまくいきっこないわいと、
しゃべるしゃべる、女子相手と同様しゃべりまくり
下ネタありの悪口ありの大笑いありの2時間ほどをすごしたんだわさ。
確か相手の目の前で激しく鼻をかんだ記憶もありますぜ。
はっきりいうと、相手を好きでも嫌いでもなかったからね、
できたんでしょう、はい。

意外なことにいま現在わが夫となっているとうちゃんは
学生時代相当おモテになっていたくせに
私の猛烈なしゃべくりがお気に召したらしく
翌日ちゃんとしたデートを申し込まれた時にはびっくりしたんだよ、うん。

後年のとうちゃんによると
「おとなしい子は話しててもつまんない」から
「こっちが話さなきゃならないから、がんがん話してくれる子の方がいい」
ということで、私を気にいったのだそうだ。

それでも、つきあいはじめて1カ月したころ
男女混じった友達の間で下ネタを披露して大いに歓迎されていたら
「女の子はそういうこと人前で言っちゃいけないんだよ」なんて
若くておモテになっていたとうちゃんに注意されたので私
冗談じゃねえ、女は下ネタが禁止だぁ?
お前どこの何様だ!
なにが恋愛だ!(ってどういう論理だ?)
と大いに怒ってしまったという・・・・・

てかさ、要するに
けなげで優しく大人しい女子って
男子の永遠の理想像なんだろうかね。
私は元気よく刑務所や拷問の話をしてくれる女の子を
「この子おもしろい!」って受け止めてくれる男子がいいけどね。

キアリス中西、いや、小林青年、東京に行った鈴愛ちゃんと
再びからんでくれると嬉しいなぁと思うのだ。
あの独特な雰囲気をまた朝から振りまいてくれると
なんか楽しいからさ。
スポンサーサイト

男って哀しいねぇ

いろいろ感じたこと
04 /19 2018
なんと申しますか、男性ってときどき哀しい~

新潟県の米山知事は(元知事になるのかな)
大学生の女性2人の歓心を買いたくて
会うたびに1回3万円ずつ渡していたのだって。
米山知事はあくまで「自由恋愛」だというのだけど
会うたびお小遣いとなるとさ、微妙なところだねぇ。

サイモンとガーファンクルのなにかの歌にもあったけれど
お金を払っての関係であっても
慰めにはなるものだそうだから
長年勉強ばっかりしてきたこの新潟県知事さんにとっては
ややこしい手続きなしで、
女心の面倒な扱い方もさほど考えずにいられて、
気持ちよく女性との時間を楽しめるのは
非常に利便性が高かったのでしょうね~

女性側は完全に「援助交際です」と認めているらしいからさ
結局は買春だってことにならざるを得ないかな。
今現在当の知事さんは辞任後にすぐ立候補して
また知事になる計画を立てているとか、
なにぃ?! な報道されているけど
さてさて、どうなるんでしょう~

そ~し~て~パワーハラスメントをもってセクハラしていた
財務省の福田事務次官も同様に例の問題で辞任したねぇ。
ご本人は仕事に差し支えるから辞任しただけで
ハラスメントはしてないって言うことなので
これもまた、どうなるんでしょう~

てかさ、男ってさ
もちろん人によるのだと思うけどさ
ほんと哀しいほどに、女が好きなんだねぇ。
大変な秀才で、地位も身分も権力もある人たちがさ
なんでそんなに愚かしいことをやっちまうんでしょか。

そういう人たちにとってはさ、
一般に言われるギャンブルや酒と同じくらいに
女への興味が抑えがたい欲求なのかなぁ。

以前教会の牧師が言ってた。
「目の前に、ものすごく魅力的な、水着の女性が通り過ぎたとき
もし私が、その女性にも眉ひとつ動かさず
目もくれなかったなら、それは私が立派なのではありません。
それは枯れているのです」
(をいをい!)

あのさぁ、いろいろな場所で女人が禁制だった理由ってさ
男性の理性を狂わせちゃうからなんじゃないの?
だから男性はある意味女性が怖かったのかもねぇ。

でもでもでもさぁ、
己が姿を鏡に映してみてもさぁ
殿方の理性を狂わせるような要素ってぜんっぜん無いんだけど。

ほんと、ぜんっぜんっ!
一応女と生まれたわけなんだけども。

芝桜とネモフィラとつつじで館林

あっちへこっちへ
04 /17 2018
とうちゃんが朝「館林につつじ観にいこう!」というので
なんとなく面白そうだと感じた私は
ためらいなく教会を休んで、館林に向かったのだった。

うちから館林は、
高速道路を使わないでも1時間ちょっとしかかからなかった。
館林はぶんぶく茶釜の茂林寺とつつじが有名だそうで
とくにつつじは樹齢800年のものもあったりするので
どうも世界一のつつじ庭園があるのだそうだ。

で、つつじの目的地直前に
「東武トレジャーガーデン 芝桜が満開」だという看板があってさ
個人的にそりゃあつつじより芝桜に決まってますよってんで
とっととそっちに向かって行ったのだわよねぇ。

そしたらさ~、なんか素敵なところだったのよ。
駐車場からかっこよさげな教会がどーんとあってさ~
日曜午前中なのに観光客が出入りしてたから
観光目的建築物だってことはわかったんだけども
やっぱり外国風の教会建築っていいわ~
素敵だわ~
なんでもイギリスの英国国教会の古いやつをモデルに作ったらしく
「聖ペテロ&パウロ教会」と名前がついてた。

(ペテロとパウロってあんまり仲良くないイメージ強いし~
英国国教会から正式な許可を受けた教会とかいうけど
礼拝のない教会は教会じゃないからね~
多分企業が勝手にそういう名目をつけてるだけで
英国国教会に毎月献金上げてるわけじゃなかろう)

まぁさ、自分の教会サボってよその教会に行くこともないわけで
さっさとお花畑に行きました~
芝桜もネモフィラもいっぱい咲いていましたよ~
4153.png
4154.png
 
到着が10時前だったせいか、空いていてさ~
お花畑もきれいだったからうれしくってね
いいとこ見つけちゃった~って思ったんだけど
バラではけっこう有名なところだったみたいで
上述の教会でイギリススタイルの結婚式を挙げられるのに合わせて
美しいイングリッシュガーデンを構成してあるから
バラには最高のロケーションなんだわよ~
バラの時期には絶対に来たいと思ったもの!!
バラの手入れも怠りなかったし!!!

でもさ~、ここ夏と真冬が休園してるんだよね、
なにせ館林といえば熊谷と同格の暑さの名所、
ついでに寒さもすごいからね~
その間お花の手入れしてるのは多分バラだけなんだろうと思うんだわ。
だってさ~ネモフィラと芝桜の咲く土のならびに
ムギナデシコや矢車菊、ラベンダーセージといった
ガーデンもあるんだけども
そこったらもうスズメノカタビラという雑草が大繁殖しているんだわ。
スズメノカタビラの間に矢車菊なんかが伸びてきているからね
もう薬や刈り取りでスズメノカタビラだけを処分することは無理なのよ。
つまり全部手作業でないと大繁殖した雑草を処分できないわけ。

これは大変だよ~
来る日も来る日も雑草抜きやらなきゃシーズンには間に合わないよ。
てかさ~いまちょうど美しく咲いている花
リナリアの畑にもけっこうな勢いでスズメノカタビラ残っていた~
4152.png

ガーデニングやってる人には一発でわかるんだけどね。
きっとまだ作業途中で間に合ってないんだと思うな、
エントランスや売店には従業員いっぱいいるのに
土をいじって作業している人たちたったふたりしか見なかったんだよ。
アレじゃあ手入れが足りるはずないよね。
そこが惜しいし心配であります。

で、時間もあるのでつつじも観にいったんだ。
館林つつじヶ丘公園
ウンまぁ、つつじだよ、ウン大変立派でした。
和の植栽ってさ、花でいっぱいにしないで
必要な間隔をあけて植えるから
いい枝振りなんかも見られて楽しいんだけどね、
盆栽やってたら天国みたいに幸せな時間になるんだろうけどさ
まぁ、和系のつつじだけだからね~
西洋で交配されたアザレアじゃないからさ~

一般に地味に見えると申しますか
満開であっても「わ~きれい」というより
「わ~立派」なんだわ、はい。
4151.png

ところで、あそこのもうひとつの名所はさ
昭和感そのものの売店郡にあるんじゃないかと思うんだわ。
なんでしょう、昭和40年代あたりに観光地にあった
古めかしい建物たちがさ
古めかしいまんま、焼き饅頭やらうどんやらを売っているんだけどもさ
もうそのままの状態でalwaysシリーズの映画に出てきても
一切の違和感ない感じでさ~ある意味マニアは歓喜の涙じゃないかと思ったね。

とうちゃんと私は、そういうお店の一軒で館林名物芋フライを買い
ベンチに座って食べてから、帰路についたのでありました。

北関東、花の季節はなにげに楽しいところありそうだわ~
るんるん




子供の離婚

いろいろ感じたこと
04 /17 2018
あっ、すみません、うちの娘の離婚じゃないです。
飛んできてくれた方、もうしわけありません。
ということで・・・

財務省の事務次官に別段恨みはないのだけれど
今回は週刊新潮にぜひとも頑張ってもらいたい気分の今日この頃。
女を性欲の対象としか見ない言葉が本当ならば
本当ならば、マジ嫌悪。

ところで今日の朝、友達から突然連絡が来た、
おととしの春結婚したご子息が離婚したと。

息子さんが学生時代から同棲していた相手と、
卒業後数年で結婚したとき
私の友達はきっと、私が考える以上に安心したのだろう。
そうでなければ今回の息子さんの離婚のダメージが
母親である彼女にあんなに大きいはずがない。
どうやら彼女は精神的なダメージが体にも響いて
仕事を休むほどになってしまったそうだ。

息子さんは理由も状況も語らず
事後報告のみで離婚の事実を彼女に告げたらしい。
たしかにそれでは、母親に動揺が起きないわけがないし
何一つ知らされないままでは
その心の乱れから解放されるのも簡単ではないと思う。

それでも親心とは痛々しいほど優しいもので
いちばんつらいのは別れた二人だろうからと
彼女は追究もせずに、ただただ自分を抑えている。

子供の離婚が、親にこんなに大きな動揺を起こすことを
私は初めて知った。
幸せだと信じていた自分の子供が
そうではなかったという衝撃のせいもあるのだろうか。
夫婦の間はよそからは見えないもの、他人事ではないよね、ほんと。

離婚がどんなに世間で増えても、
自分の家族にそれが起きるなんて想像しなかった、と
彼女は言った。
うん、そんなものかもしれない。

ただ、彼女の働く場所が
離婚をマイナス要因にとらえるであろう堅いところなので
周囲に離婚する人間も少なく、
それが彼女の悲しみに拍車をかけている感じもしなくはない。
一方息子さんの働く業界は
どちらかといえば個性を重んじる方面なので
離婚はさほど重要視されないのかもしれない。

いつか時間が過ぎて、離婚の理由や真実を
息子さんは話してくれると思いたい。
まぁ聞いたところで、元に戻るものでもないのだけれど、
気持ち的に落ち着くところがほしいものね。

デブの肉弾戦の話を少し、それからお花

ガーデニング
04 /13 2018
あのさぁ、またスモウの話するのが悔しいんだけどさぁ、
ちびっ子相撲にも女の子は土俵にのっちゃダメだってさぁ~

もうあの世界のことはどーでもいいんだけどもさぁ、
地方巡業で女の子が土俵にあがれない現実をさ、
その巡業先の同世代の小学生あたりのガキがさぁ
どんな風に感じ、どんな風に表現するかが気になるんだよねぇ。

自分は男だから土俵に上がれたけど
女は上がれないんだ・・・・・というのを単純に考えるとさ
「お前ら女はだめなんだぜ~」
と、昭和の時代にも存在した「男のほうが偉いんだ」的な
男尊女卑的思考を植えつけかねないのじゃなかろうかと
心配でならんのだわさ。

まぁ、これからの女子は、男尊女卑オトコなんか
「はぁ? あんたジイサン?」と足蹴にし
見下してやるだろうから、
そんなオトコは自ら身の破滅を招くだけなんだけどね♪

と、これからの女子の「はぁ? 何様?」の破壊力に期待して
デブの肉弾戦競技の話はやめて、
今日咲いているうちのお花たちのお写真見てちょ~
4131.png 4135.png
ご存知ネモフィラと娘の結婚前に彼氏だった娘のダンナがくれた宿根ネメシア。
ネモフィラは毎年ゴールデンウィークあたりに咲くらしいね。

4139.png 4132.png
これも娘たちがくれたサントリーのキララだけど2年目は枝分かれして
なんか別の花になっちゃったよ。
それとミックス種で最初に咲いたアリッサム。

4136.png  4133.png
この白いのはミックス種に入っていたんだけどよくわからないんだ、
宿根ネメシアっぽいよねぇ。
右側は姫キンギョソウとも言われるリナリア。
ミックス種に入っていて初めて見たけど
リナリアは咲いていく姿がとてもかわいいの。

4134.png 4137.png
これもミックス種から。
ファセリアカンパニュラって言う濃紺の花、美しいわ~
オレンジ色はケイランサス。
まだ咲いている途中で花少ないんだけど完全に咲くと丸くなるの。

4138.png 41311.png
今年のガチャチューリップの最後に咲いたうちの1本。
ゆり咲きがほしかったなぁ~
そしてこの美しい葉色の植物はホスタ、いわゆるギボウシね。
ギボウシってもともと日本の植物なんだけど
海外で大変な数の品種が作出されたのだって。
とにかく丈夫でね、日陰でも育つのだそうよ。
これはお習字の先生にもらったので名前はわからないんだけど
葉っぱが美しくてときめく~~♪

41312.png 41313.png
これは去年の秋に植えたビオラが最盛期になっている状態。
2株ずつ植えたんだけど多かったなぁ・・・・

写真ばっかりで重たくてごめんねぇ
これからは草花が一番多くなる季節だからさ
私うれしくって。