FC2ブログ

出た

ガーデニング
08 /17 2018
見つけちゃったんだよ、昨日の朝1匹、
白花がたくさんついてるペンタスにびしっと長く張り付いてるヤツを。

そして今朝も同じく白いペンタスにいたんだよ、また!
ああ、こいつらの季節が来た、きてしまったんだ!

ペンタスに張り付いている図
201808171.png
気持ち悪くて近距離では撮れないのだった・・・

割り箸ではさんで取って地面に落としてもう一度
大きさは5センチよりは大きいけど10センチはない、くらい。
ちっこいツノがついているので
スズメガという連中の仲間だと思われる・・・・

201808172.png

やせっぽっちの尺取虫とか、蚊とかは
多少大きくてもゲェっと思わないんだが
ころころしたイモムシあおむし、これに毛の生えている奴らとかは
出遭いによっちゃ、叫ぶかもしれないよ、わたしゃあ!!

コロコロしててもかわいいのは哺乳類の子供だけだっ!
虫の子供はころころするなっ!
踏み潰した後に何かが飛び出してくるのを
想像すると踏み潰すことも出来んわいっ!

ということで、家に沿っている側溝にポイッと落としてきたんだけど
そしたらさっきさ~
もう午後も2時過ぎよ、2時過ぎに勝手口を開けたらさ~

ゴミバケツに向かって似たようなのがもそもそ進んでいくじゃあないですかっ!
もしかしてお前、側溝の壁を這い上がってきたんじゃないよねっ!
いやいや、模様が違うからこいつは別種だ、別種だけれども

やっぱり思いっきりころころしてるじゃないかあああああああああ!

もうやだーっと思いながら、手に持っていた空のペットボトルで
あっちいけっ! と
やったら
やったら・・・・・
やったら・・・・・・・・

ペットボトルの底がちょっとこすっただけなのに!
だからころころしないでくれって言ったのに!
お前パンパンで皮膚めっちゃ薄くなってるんじゃないかっ!
やっぱり出てきた、出てきたんだわ、濃い緑色の体液がぶわ~っと

ぎゃああああああああ
もうかんべんしてください、
そんな体でさらに動いて、しかもこっち来ようとしないでください~~~~!!!

ぎゃああ、ぎゃあああ、ぎゃああああ!

だってこっち来るんだもん、向かって来るんだもん!
ペットボトルで叩き潰してしまったじゃないかっ!!!!!

え~ん・゚・(つД`)・゚・

これ、続くんだよなぁ、きっと
明日もあさっても、きっとこいつら次々出て来るんだよなぁ。
ガーデニングやってていちばんきついのが、
こいつらの発見と捕殺なんだよなぁ。

甲虫は害虫で、もちろんいやだけどもさ、
たまに綺麗だなぁって思えることもあるのにさ
こいつら毛虫イモムシあおむしのやつらはさ
私の目には嫌悪と恐怖の対象にしか見えないんだもの。

暑い夏だからなぁ、特別増えてるやつらもいるに違いない。
ああ、いやだなぁ、
いやだなぁ、
いやだなぁ・・・・・

え~~~~~~ん
・゚・(つД`)・゚・・゚・(つД`)・゚・・゚・(つД`)・゚・

スポンサーサイト

お盆の月曜日

見た映画の感想
08 /13 2018
とうちゃんには今年、お盆休みなし。
ずーっとお仕事で、
この酷暑に火花散らしてステンレスや鉄を曲げたりくっつけたりしてる。
寂しいとかつまんないとかいうよりも
とうちゃんの体が、心配だなぁ。

土曜日はもちろんフルにお仕事して
昨日の日曜日も半日仕事に行って、
さすがに嫌になって午後には映画を2本借りて帰ってきたけどね。

とうちゃんはいつも5本で1000円の借り方をするのだけど
今回は見たい映画を探すのも面倒だったようで
新作を2本だけだった。
1本は私が喜ぶんじゃないかと「ボス・ベイビー」、
もう1本はとうちゃんらしい趣味で「トゥーム・レイダー ファーストミッション」。

帰宅直後にとうちゃんは「トゥーム・レイダー」を見ていたけど
新たなララ・クロフトに期待しすぎたらしく
途中まで見て思い切り眠り込んでしまっていた。
まぁ疲れているんだよね、もうひと月以上まともな休日がないんだもの。

私は、ムロツヨシの吹き替えで「ボス・ベイビー」を
かなり面白がりながら見た。
低音でしゃべるスーツ姿の赤ちゃんだけど
なんだかんだで、丸っこいキャラクターが単純にかわいいんだ~~~
お尻だのウンコだのオシッコだの、
赤ちゃんには欠かせない言葉がたくさん出てきてさ
その言葉をどういう感情で受け止めるかによって、
映画の好き嫌いが決まりそう。
ちなみに私は、この映画好きだわ、かわいいんだもん。
bossbaby.png

とうちゃんは今日ももちろん仕事で定時に出勤したんだけど
自分が最後まで見なかった「トゥームレイダー」を
私の前においていったんだよね、
見てね、って事なんだろうから見たよ、あんまり興味なかったんだけど。

若き日のアンジェリーナ・ジョリーのララ・クロフトがさ、
インパクトありすぎでかっこよすぎ、強すぎたからさ
この新たなるララ・クロフトが少々情けなく見えてきちゃった。
あのさ、ヒーローヒロインがひたすら強かった時代が終わって
いまや映画はヒーローの内面や、過去や苦しみを描く場合が多くなったけど
今回のララもそうだったのよ。
これが厚みってヤツなんでしょうけど、それどっちでもいいかな~~~

というかララ・クロフトが目指した「トゥーム」が日本の孤島
しかも埋められてるのが卑弥呼なんだもん
サスガニアリカヨw(゚o゚)w・・・・・

さて、うちのほうは、ふるさとに帰る側ではなくて
迎える側のおうちが多いようで
スーパーも孫を連れたじいさんばあさんとかでいっぱいになってる。
駐車場の車もいつものような春日部、大宮ナンバーばかりじゃなくて
関西や東北のナンバーも混じっていたりしているよ。
娘や息子や孫なんかが
遠路はるばるふるさとに帰ってきているんだね、
だから心なしか、お年寄りたちがはり切っているみたい。

何にもない地域だけど、楽しい時間を過ごして帰って欲しいものだ。
ふるさとへの行きも帰りも事故や怪我や病気が、どうかありませんように。

Morning Glory あさがお

ガーデニング
08 /12 2018
Morning Glory 朝の栄光って、本当に素敵な名前。
厳しい今の季節、朝ごとに見るこの花の美しさって本当に格別。

201808121.png
子供の頃から幾度となく種をまいて育ててきた朝顔
ただ咲いた咲いたと単純に喜んでた幼い頃、
巨大な青虫を発見しては震え上がっていたガーデニング初心者時代、
今も巨大な青虫は絶対好きにはなれないんだけど
過去見てきたどの朝顔よりも、ここ数年に見ている朝顔の姿に感じる
洗われる様な尊い思いはなんだろう。

Morning Glory 朝に咲く涼やかな宝物。
Hallelujah!

201808124.png
これはペンタス。
そういえば今日の「趣味の園芸」ペンタスを特集していたよ。
うん、いい花です、ペンタス。
よく咲くし、元気いっぱい、美しい。
品種によっては葉っぱがまた綺麗なんだよ、これもそう。
緑色が深緑へとグラデーションのようになっているんだよ。

201808123.png
アメリカンブルーも青い小花が群れ咲いてかわいい。
青い花が好きな人は多くて、夏場のアメリカンブルーは定番中の定番だよね。

201808125.png
201808126.png
サフィニアとニチニチソウも咲いてる。
サフィニアはとても人気があるけれど私はどうも苦手みたい。
今年こそ綺麗に育てるつもりだったけど
どうしても茎が伸びて伸びて伸びすぎてさ
思うような草姿になってくれないよ。
その点ニチニチソウは育てやすいね
切り戻しして冬近くまできっちり綺麗な姿で咲き続けてくれるのだもの。

7175.png201808127s.png

左の小さい写真にある赤い小さな花を咲かせるクレマチス、
いまのこの暑さの中でも花を咲かせてくれるだけじゃなく
新芽もたくさん出してくれているんだよ、
新枝咲きのクレマチスってこんなに旺盛に成長するんだね。
春に咲く紫の大輪クレマチスはよく目立つけれど
こんなふうに真夏の暑さの中でもたくさんの小さな花を鈴のようにつける
この新枝咲きのクレマチス、どんどん愛しくなってきた。

あいもかわらず、お花に寄せるひとりごとを読んでくれて
どうもありがとうです。

ハウルの動く城 原作のソフィばあさんいいわ~

読んだ本の感想
08 /11 2018
kindleの電子書籍リーダー、初めて役に立った。
「ハウルの動く城」昨晩観ていてさ
ああ、原作読みたいな、読もうかな、と思ったわけよ。

そしたら700円もしないで買えるとわかってさ
すぐダウンロード購入したんだわ。

読み始めてまもなく、「わっ、これおもしろいわ!」となった。
元気のいいばあさんの話が、面白くないわけないんだよね、
ずうずうしくて、賢くて、皮肉屋で、いいよ~ばあさんのソフィ。
宮崎駿がばあさん好きなのちょっと理解できるかもね。

原作の邦題はね「ハウルの動く城 1 魔法使いハウルと火の悪魔」。
宮崎駿のハウルをかなり前にはじめて見たときにさ
若いソフィの声まで倍賞千恵子だから
どうも老けてる感じが強くてねぇ
「お兄ちゃん、お帰り」とか
柴又のだんご屋の奥から顔出してきそうに思えて仕方なかったんだけど

昨晩観て、あの声だから厚顔で少々図々しい元気なソフィばあさんも
大年寄りになった荒地の魔女の介護をする中年くらいのソフィも
しっくりと演じられたんだなぁってよく理解できたよ。
でもま、キムタクの声が若いから
恋に燃えるソフィになるとどうしても無理は感じられたんだけどね。

イギリスの児童文学というと、
この20年ほどではハリポタシリーズで、
私も一応全巻ハードブックで持っていて、売るに売れずに困っているんだけども
(そのうち孫が読んでくれるといいけどさ)
あれより、こっちのハウルのほうが私的には好みだな。

イギリスのものってときどき子供を子供として扱わずに
ものすごいいじめ方で追い込んだり戦わせたりするだけでなくさ
「ナニー文化」というか、
厳しくしつけてナンボという上流的価値感あるじゃない?
あれがね~、個人的に合わないみたいなんだ私。
ハリーポッターにもそれがあって、そこがちょっとね・・・・

なにしろメリーポピンズ初めて読んだときには
「メリーポピンズはニコリともしないでいつも命令口調でしゃべってて
冷静でつんとしてるのに、なんで子供たちはこんなに懐くんだ」
と疑問しか残らなかったよ。
あれがディズニーで映画化されるとさ、
なんなの、メリーポピンズとにかく綺麗で明るい優しいナニーになっててさ
ほぼ別人だよね~

あっ、これはちょっと書いておきたいんだけど
アマゾンのkindleで本をダウンロードするとね
これまでその本を読んだ人が引いた線(ハイライト)というか
「ここに注意!」みたいなラインが入っていたりするんだよ、
薄いグレーの線でさ「○人がハイライト」したとかってさ。

重要なところとか、後々の伏線だったりするところもあるので
歓迎する人もいるんだろうけど
私は新品買ったのに古本買わされたみたいな気分がした。
そんな不愉快な線は当然消すことが出来るんだけど
最初の設定はしっかり出るようになっているんだよ、
いったいどれほどの人がこんな線を欲しがっているのかねぇ、
絶対いらないけど。

ハウルの原作が気に入ったら
ちょっとこの作家続けて読んでみるかもしれない。
そんな気がする週末。

女のヒモとDV男

いろいろ感じたこと
08 /10 2018
自分の名前の上に「男」とか「世界の」とか「カリスマ」とか
堂々とつけて寸分も恥じない照れないどころか
俺はふたつ名のある男だぞ、すごいんだぞ!!!

と、へーきに言えちゃうんだから
ヤマ●アキラさんって・・・・(°_°)
知りたくもないのに現在の妻さんを含め
4人の女性のことをいろいろワイドショーで教えてくれちゃったので
思うわけなのだけども

この人はいまも昔も「お金がない」らしい。
この人は「お金にならない」ボクシングの仕事だけをしていて
お金は歴代の妻たちが働いて得たものを
この「世界のヤマ●アキラ」「男ヤマ●アキラ」が持ち出して
使っていたらしい。

(゚д゚) シラナカッタナー
男ヤマ●アキラ、って女房の稼ぎで生きてきたのか~
女房ひとり養えないのに「男」なんて頭につけていいんだ~
いろんな世界があったものだわ

少なくとも私の棲息するごく普通の社会観では
女房ひとりろくに養えないような亭主は
ご大層に「男うんたら」とか言わないと思うわな~
言ってみれば「ヒモ」じゃんよ。
まぁ、女を殴ったりはしないという話が現妻さんからは出ているので
そこは大変よい点だと認めましょうけれどもさ。


殴るつながりで話を変えようかな、
昨日ね見たかった映画をAMAZONで無料で見たんだわ

「駆け込み女と駆け出し男」


ようやく見たけど、なかなかに面白かったよ。
原作がきちんとしているものは、やっぱりきちんと面白くなるのね。
井上ひさし「東慶寺花だより」はほぼ遺作なのかな、
未読なのでいずれ読みたいとは思っているんだ。

でもねぇ、やはり前妻に対する凄まじいまでのDVを
けっこうリアルに聞き知ってしまうとさ
この映画の中で亭主が女房を殴ったりするのを目にすると
ああ井上ひさしは現実にこれしてたから・・・・
とか思わずにいられないんだよね。

井上ひさしのエッセイはたくさん読んで来たので
氏がかなり悲惨な生い立ちだったことは理解しているつもりなんだ、
笑いに包んで決して悲惨に描かなかったけれど
それが井上ひさしだからねぇ。

実はさ、前妻の好子さんが離婚後DVのことを暴露したあたりから
あの井上ひさしが、という衝撃と嫌悪感でいっぱいになってね
それ以来読んでいないんだ。

それでもさ、あの人の書くものは本当に大したもので
特に戯曲は最高でさ
離婚原因となった「頭痛肩こり樋口一葉」なんか
私の観劇したもののなかではいまだに一番だよ。

・・・なのにさ、悲しいよねぇ、
あんなに才能も豊かで努力をし続けた人が
作品を書くために妻にむごいまでの暴力に訴え
悲しい生まれ育ちを跳ね返したかのような
成績優秀な自分という嘘の履歴を捏造してさ。

男ってさ、どうしてもっと素直に、正直に生きられないんだろうね。
ありのままの自分だと、世の中にはじかれるとでも思っているのかね。
ヤマ●アキラにしても井上ひさしにしても
周囲の人たちが当人を一生懸命守っていたんだそうだね。

女に食わせてもらおうが、女を殴って殴りまくろうが
世の中で認められる佳い仕事をするなら
それがもっとも優れたことなのだって、当人も周囲も思ってたんだろうな。

やっぱりアホウだわ。