きちんとした服二枚買った

娘の結婚
05 /25 2017
なんとなく婚約して結婚式が秋に決まった娘には
互いの家の間でなんだかんだとありそうな気がするので
そういうときのために、
いわゆるTPOにかなった服を持たねばならんと
今日娘とふたりで買い物に行ったのでありました。

三越本店に行く予定が、
おとといまでの暑さに弱ってしまった私をいたわって
娘が「北千住の丸井でもいいよ~」と言ってくれたので
行程が半分の距離になるからありがたやと
甘えさせてもらっちゃった。

私は足立区に暮らしていた時期もあったからさ
どうもあの地域におしゃれしていく必要性を一切感じなくってね
近所に行くカッコウのまま気楽な気持ちで行けたんだ♪

娘がネットで調べて欲していたブルックスブラザースのワンピは
ここのブルックスブラザースでは売ってなかったのでね
ぐるぐると回っていくつかの店を物色してみた。

ワンピースですか? どんな感じのものがよろしいのですか?
と聞かれると、遠慮なくこう言えるのはやっぱり50代のおばちゃんだからだわ。
「流行に乗らないもの、定番」

丸井だとさ~、実はそういうタイプって難しいんじゃないかと思ってた。
定番の、派手すぎず、地味すぎず、年配者が見ても好感の持てる
品の良い、娘の年齢の女子の着る上質なワンピースってさ
それこそ三越とか高島屋とか、その手の老舗デパートの得意技だろうし・・・・

でもね、とりあえずのものがどうにか買えたの。
ワンピース2着、それに祝儀不祝儀にも使える正統派の黒皮のヒールも。
夏服だし、丸井だからさ
(ちょうどマルコとマルオ10パーセントオフの週だったので)
全部で5万くらいだった。

5万くらいで喜ぶなんてかわいそうって思われるかもしれないけどね、
私はうれしかったし、娘も喜んでた。

とうちゃんが夜仕事から帰ってきたら娘はそれを着て
「いいでしょ、可愛いでしょ、似合うでしょ」ってニコニコ見せてた。

私とうちゃんが二階に上がってテレビを見はじめたとき
ちょっと照れくさかったけど言いに行った。

「今日、あの子に5万円も服とか買って上げられたのは、
とうちゃんががんばって働いて稼いでくれたおかげだから、
ほんとうにありがとう。
買ってあげられたことが、とてもうれしかった。
とうちゃんのおかげです、感謝してます。
これからも多分、いろいろ出費あるけど、よろしくお願いします」

とうちゃん、こういうこと言っても、ちっともうれしそうにしないでね
むしろ面倒くさそうな顔するんだよ。
「ママちゃんもなんか買えば?」
「私はヨーカドーでいいんです、お嫁に行かないからww」
「まぁあんまり、はしゃがないようにね、また熱出るよ」
「・・・・はい。気をつけます、
私がんばるので、とうちゃんも体気をつけてくださいね、
飲みすぎたりしないでね、お願いします(ぺこり)」

とうちゃん、やっぱり面倒くさそうに、はいはいって。

親の感じる幸せって、いろいろあるものだね。
娘にいろいろしてやることの出来る幸せって、いいよ。
とうちゃんがどう感じようともさ、私はさ感謝だよ、
ありがとう、とうちゃん、うん。
スポンサーサイト

物書きになること

本にまつわる
05 /23 2017
今回は勢いで書いてます、とんがってます、でも本音です。

父は物書きだった。
本当は小説を書きたかったらしいけど、その才能がないから
新聞記事や雑誌に記事を書いてた。

父にその才能がないだろうということは、
十代の頃に気がついた。
父は自分のことを偉大に偉大に、かっこよくかっこよく書くことはできても
愚かで勝手で意気地なしで調子が良くて
女を殴り、借金をつくり、家族を路頭に迷わせたなんてことを
1行たりとも書くことが出来なかったからだ。

ブログをしている人の中には
やがて物書きになるべく修行している気持ちで書き続けている人もいる。
実際そう宣言していた人たちも何人か知っている。

その中で現実にメジャーな出版社から本を出した人は1人しか知らない。
しかし彼はもともとその業界人だったからで
その後どうも専門の仕事のほうに舵を戻したみたいだ。
作家を育てる側の人間でも作家になるのは難しいらしい。

私は本を読む側の立場の人間に徹しているので
読む側として思う。
作家、小説家、随筆家を志望する方々は
「自分の恥部を描ききれないなら無理」だ。

いちばん書きたくないことを書けるくらいにならなければ、
人の心の根っこを掴むことは出来ないだろう。
文章技術によって人心を掴むほどの天才ならば
素っ裸になっていぼ痔を語るような真似はせずともよかろうが。

そこまでする必要があるのかと問う向きもあるだろうが
私はあると考えている。
尻のいぼ痔を書くにせよ、
明るくあっけらかんと面白く書くことも
悲惨悲痛な恥部として書くことも出来よう。
どちらにせよ、対象を客観視して
読者にどのように伝えたいかをきっちりと持っていなければならぬ。

父にはそれがなかった。
父は自分の卑小さを世にさらす勇気など持ち得なかった。

大昔、佐藤愛子のエッセイは面白いねと父に持ちかけたら
うん、あれはおもしろいな、と返事が返ってきた後
父は続けた。
「あれは、並みの神経では書けん」
あれは父の負の本音であり、羨望だ。

確かに。
並の神経では書けないだろう。
自分のこと、家族のこと、親族のこと、棲む場所、世界、学歴も
もちろん恥部も全部書いて平然としていられる、
その覚悟がある人だけが
それが出来る。

大家族シリーズ

いろいろ感じたこと
05 /23 2017
昨日、大家族シリーズの一番組を観た。
だいぶ前から大家族系のドキュメントのシリーズはいくつもあってさ、
以前はよく観ていたんだよね。

何とかいうお宅のご夫婦がついに離婚して、
子供たちも父親派と母親派に分派してシリーズが終わったときには
唖然としたっけな。

大家族シリーズを検索すると、出るわ出るわ、
こんなにあったのかという感じ。
まぁいろいろなおうちがあったよね、
確かに「なぜ?」みたいなおうちもあったけど
番組が仕込みしているかもしれないしね。

昨日見たシリーズは以前2度ほど観た覚えがあって
奥さんが明るくてお父さん働き者で
子供たちもそれぞれが普通のいい子達で
「大変だろうなぁ」と思いつつも微笑ましかった・・・・
過去に観た2回分はね。

でもなんだかね、仲が悪くなってるように見えたの、今回。
遠慮のない間柄がご夫婦の形なのかもしれないんだけど
お互い自分の言い分ばかり主張しあうように見えてしまった・・・

少しわかるような気がしたんだ。
ご夫婦は双方ともにぎりぎりなんだろうって思った。

お父さんは何十年も、毎日毎日家族のためにがんばってきてた、
子供たちをきちんと学校に通わせてさ、本当に立派だと思ってた。
稼ぎ手としてしゃにむに頑張ってきたお父さんの肩に
ダメ押しのようにかぶさって来た去年の水害被害のとき
お父さんはどれほど歯を食いしばって耐え、
立ち直ってきたことか。

お母さんだって毎日毎日が戦いだったと思うし
それをどうにか終えたと思ったら
今度は認知症になった自分の親の面倒を見ているんだもの。
お母さんは精神的にものすごく強い人だろうけれど
少しずつでも成長していく子供を相手にするのと
知能が衰退していく老人を見ていくのは抱く感情が違うだろう。
お母さんの体力だって昔のままじゃないのだからさ、
助けて欲しいと感じてるはず。

もうこれ以上荷を背負うのはごめんだと考えるお父さんと
認知症の実母という先が見えない荷を背負うお母さん、
経済的な問題もとても厳しいようだし、
介護のために一緒に暮らすことも出来ないまま
夫婦の距離は冷え込んでいくみたい。

認知症のおばあちゃんが、
特養にでも入れれば少しは夫婦の関係は良くなるんだろうけど
難しいのかな・・・・・

昨日見たシリーズもきっとそろそろ終わるんだろうね。
そのご家庭なりの良い形で、これからを過ごしていって欲しいなって
勝手ながら願ってるです・・・・・

あ、今年のエイプリルフールにさ
大家族モノで有名になったビッグダディさんが
AV男優デビューするっていうのが発表されたんだけど知ってます?
私は「げぇぇ!」と感じたわけですが
真に受けたとうちゃんは
「(あれだけ子供作った人だし)ちょっと見て見たい」とか言ってました。
男ってわかんないーーーーーーーっ!

012.gif

土曜日に200円で買ったオリエンタルリリーの鉢
きれいに開いてくれた♪
マザーズピンク。
この花のこと調べたけど、大して出てこなかったなぁ。
大振りでなかなかきれい、香りも素敵。

523.png

暑くてなんにもしたくない

いろいろ感じたこと
05 /22 2017
暑すぎるよ。
まだ5月だって言うのに。
先週は最高気温18度なんて日があってさ、
毛布をひざにかけてテレビ見てたくらいなのに。
(犬も毛布のうえに鎮座してた)

いくらなんでも30度を超えると冬用の羽毛布団はいらないなってことで
昨日から我が家は夏用布団を出した。
冬の羽毛布団はファブリーズの後お日様に干して
カバーは香りつき柔軟剤をたっぷり入れて洗った。
カバーも羽毛布団もふかふかでいい匂いになって
布団ケースに仕舞われ、押入れの中に片付けられた。

いまさら寒くなって羽毛布団や毛布が要る~とか言われても
15度以下にでもならない限り出しゃあしませんぜ、
30度の中布団を片付けるのは
私にとっては相当ハードな家事なんだからねっ!

それまで我慢できていたのだけれど、
二階で布団の片づけをしてきたら、
おなかの辺りが汗でうっすらしっとりしてて
熱がまた出そうだから30分ほど前にエアコン入れた。
気温とともに体温が上がるこの脆弱な性質、今年も治っていないみたいだ。
これからはエアコンの日々になるのかもしれない。
お友達は猛暑でも片手ほどしかエアコン入れないそうで
体力もさることながら、精神力もたいしたもんだと
毎夏ごとに感心させられる。

私は布団を片付けた後の発汗にエネルギー消費に疲弊して
何にもしたくなくなって、
やろうかなぁと考えていた色鉛筆絵画も放置してる。
全体、これからくる暑さに向かって
私のんびり色鉛筆絵画なんてしていられるのかしらん。
最初の添削も出してないんだよねぇ・・・・

そういえば去年入院中に大人の塗り絵を少しやってた。
病室が涼しかったから出来たんだよねぇ・・・
色鉛筆絵画のセットをテーブルに広げるのすら面倒くさく感じてしまう今現在、
ブログでも書き終えたらその気になるかなぁ、なんて考えてる。

012.gif

先日行ったバラ園で写して来たもののなかから。
このバラは「ブラスバンド」
直径10センチもあるのでハイブリットティみたいだけど
花数の多いフロリバンダだった。
表は杏色、裏は黄色。
かわいらしい上に、耐病性に優れているんだって。
1993年アメリカ作出だから、まだうちの娘よりは年下。

ピース

調子に乗りすぎた

生きていくこと
05 /21 2017
調子に乗りすぎたみたいで、昨日午後から熱がでた。
8度はなかったので点滴の感染じゃなさそうだとほっとして
PL酸飲んでしばらくしたら、熱はちゃらっと下がってくれた。

夜中は足の攣りがたびたび起きて、何度も目を覚ましたので
どうもこれは脱水みたい。
生食点滴を高カロリー輸液に変更してたのだけど
体重はやっぱり減っていた。

点滴をしていても減ると言うことは
どこかに炎症が起きているのかもしれないから
要注意なんだ。

考えてみれば、ここ何ヶ月か遊びすぎたのかも知れない。
私にしてみれば、ね。
このブログにもどこぞに遊びにいったなんて記事は
去年退院する前はほとんど無いのにさ
ここの所続いたものね。

この前の退院のときに
思っているほど楽しい時間は長くないだろうから
元気なうちはいっぱい楽しく過ごすんだと決めた。
で、多少体調が悪くてもごまかしごまかし遊びに行って
なんだかんだと楽しく過ごした。

だけど急にやってきた、この7月8月みたいな暑さで
さすがにしばらく休憩しないといけないなと
気づかされたよ。

だからね、しばらくいい子にしてようっと。
ブログに書ける様なこと起きてくれるかしらん。