趣味の通信教育やりたいんだよぅ

こころ
04 /17 2017
通信教育ね、なにをやろうか迷ってる。
かなり以前に、ユーキャンの実用ボールペン字をやったことがあって
まぁ確かに、それまでの文字とは意識そのものから変わったかもしれない。
もっとも常に字を美しく書こうと思わない限り
字はどんどん乱雑でいい加減になっていくんだけど(-∀-)

いま欲しいのはなるべく純粋に楽しめる趣味で、
出来れば一生続いたりしたら最高だね。
で、そんなにお金がかからないって言うのは必須ね。

俳句って趣味としては最高だと思うんだ。
まず安上がりで、いつでもどこでも出来て
年をとっても出来て、句会とか入れば仲間も出来てさ、
いろいろな面でボケ防止にもなりそうな気がするんだよね~
だけど、なんか渋すぎてね、
もっと年をとってからでもいいんじゃないかと思ったりして。

絵は憧れるよ~
油絵は高くつくから水彩画とかさ。
美しい絵を描くのって楽しそうだもんね。
でもやったことがないんだ、絵画系って。
水彩画は道具類をまず広げなきゃいけない点が面倒かも。
自分の部屋があってそこで常に広げてあるならいいんだけどね。
(お習字とペン習字もそうだけど、気軽さって大事なのよ)
色鉛筆絵画って言うのがあって、なかなか楽しそうかなぁって思ってるの。
でも、どうだろう、飽きちゃうかなぁ。
お金を払うわけだから、飽きるものは嫌だなぁ、なんてけちなこと思ったり。

ガーデニング講座とかもいろんなところでけっこうあって
やれば多分すごく楽しいとは思うんだ。
ああ、そういえば椿の木に虫が付きだす頃だから消毒しなきゃいけない。
枝も込み入ってるところ切らなきゃいけない
・・・・・そうなのよ、ガーデニングは体力が基本なのよ、
人並みの体力がない場合はお遊び程度が精一杯ってところ。

でもなにかやりたいんだ!
そうでないと今度こそメンドクサイ病が進んでボケてしまうっ!
スポンサーサイト

イースターエッグを食べながら

こころ
04 /16 2017
イースターエッグをもぐもぐ。
お塩をかけて食べているぞ。
今日はイースター。

近所のスーパーでは
「イースターは春を喜ぶお祭りです」なんて堂々と店内放送しちゃってる。
イースターって春とうさぎと卵のお祭りってな感じですか。

イースター

イエス・キリストが十字架に磔になって死んで(金曜日午後3時ごろ)
3日目(日曜日)の朝復活したっていう、
それがイースターのお祝いなんだよ~
なんて言ったって、はぁ? ってな感じなんでしょうな。

いいですよ、いいですよ、教会ではきちんとお祝いやってますから。
イースターエッグだってちゃんと配りましたから。
教会でイースターエッグもらったら、そりゃもう、本物です。

・・・・でも、なんで卵で、なんでうさぎなのかな。
だってプロテスタントだもん、卵に関することなんて聖書にないしさ。

調べてみるとやっぱり
春を喜ぶいろんな伝統や習慣とまざりあって、うさぎと卵なんだね。
それからカトリックと正教会では、礼拝中に卵の祝福を行うんだって。
へぇへぇへぇ、なんかかわいい。

イースター

子供の頃通ってた日曜学校では、
大きな公園に遠足に行って、卵探しとかやった思い出があるよ。
なんで卵なんだかわからないまんま、きゃあきゃあ言いながら卵探した。
「なんで~?」とか聞こうとも思わなかったな。

子供の頃ってすべてが「なんで~?」だから
いちいち理由なんか聞かないで、あるがまんま受け入れちゃう。
「なんで?」って思い始めて、納得できないと不快になるのは
何歳ぐらいからなのかしら。

「なんで?」をとにかくたずねる「歩く疑問符」みたいな子供は
やっぱり頭のつくりが違うんだね、
賢いからこその「なんで?」なんだろうね。
私なんかいまだに、わからなくてもほけ~っとしていられるからね。
理解が必要なものでさえも、わからないままにほったらかしたりしてさ。

私このごろ、自分がほんとに
何にも知らないなぁって強く感じるようになってきたんだ。
謙虚とか謙遜とかじゃなく、芯から「無知」なんだって感じる。
だからブログ村のカテゴリー「50代の生き方」なんて
そんな偉そうな、自信に満ちた響きのあるカテゴリーにいるの、
いたたまれなくなって変えたんだよね・・・・

何にも知らないって感じられるのって、悪くないよ。
少なくとも見栄ははらないで済むからね。
でも現状に甘んじるのも怠惰だよね、
なんか始めなきゃって、いつも思ってる。

で、はじめないんだけどね、いつも。
・・・・なんて平気で書いていてはいかんよねぇ。

思いやりで耐えること素直に泣いてすがること

こころ
04 /10 2017
教会での結婚式の誓いの通り
互いに信じあい愛し合い助け合い守りあってきた後期高齢者のご夫婦。
仕事のことお金のこと子供たちのこと舅や姑のこと親戚のこと、
大概の苦労はひととおり、人並みに、いや、人の倍は乗り越えてきたご夫婦。
子育てや介護、生活の苦労は当たり前に。
70代になって隣家からの出火で自宅が丸焼けになっても、
互いに入院するような重い病気になっても、
お二人は仲良く手を取り合って、支えあいながら乗り越えてきた。

ただ、今回は違うのよ、と奥様が語った。
ご主人の半年前の手術で取りきれたと考えられていた癌が
非常に良くない場所に、良くない段階で見つかってしまってから
ご夫婦の形が少しだけ変わってきたのだという。

明るくて活発で意志の強さを隠さないご主人が
何をするにも気力が出ないようになり
(抗がん剤のせいもあるらしい)
身の回りのものなどを、処分、片付けはじめ、
滅多にしないはずの書き物に没頭していることもあるそうだ。

「お父さん言いたがらないから、私も聞かないんだけど、
かなり良くないんだと思う、心も体も」
奥様は続けて、だからどうか主人のために祈ってください、
と、婦人会のメンバーに小さく語った。

クリスチャンは、死を恐れるようには教えられてはいない。
天国にいけることは約束されているから、むしろ喜びでさえあると
そんな風に私は考えてきていた。
だが、このご夫婦の話を聞けば、そう簡単には割り切れないことがわかる。

信仰篤いご主人は死を恐れてはいないだろう。
ただ、最愛の奥様やお子さんたちと、これまでの自分の人生との別れに
折り合いをつけるのが、非常に辛いのかもしれない。
お互い死ねば天国で会えるはずの二人であっても、
遺して行くのは心配でつらくて、遺されてゆくのは寂しくて悲しい。

厳粛な事柄を精一杯覚悟しようとしている夫に
妻はただ変わらぬ日々を守り、自然に振舞い、
流れに任せ、事実を探りはしない。
これは夫婦のよそよそしさでも溝でも秘密でもなく、
互いを思う愛の形に他ならない。

私もこのご夫婦くらいの年齢になったら
そんな風に夫を静かに見守るように愛せるかな、と考える。

今の私は愚か者だからきっと、耐え切れずに夫に泣きつき
死なないで欲しい、と言ってしまう。
むちゃくちゃな言葉とわかっていても言ってしまう。
言われたことで相手がさらに苦しんでも言ってしまう。

私の行動は思いやりがない、忍耐もない包容力もない。
なにより夫の苦しみを黙って見守ることのできる強さがない。
私はぐちゃぐちゃに泣くだろう、
夫もぼろぼろになって泣くかもしれない。
一緒に泣けるだけ泣くのも、大事な時間だと、無理にも思う。

愚かでも素直なのがいい場合もある。
大事なもののためには愚かになってもかまわない。
と、いまだ青い自分を見つめている。

お花ってうれしい

こころ
03 /05 2017
ここのところ体調が悪くなっちゃってた。
10月の退院ごろには47キロもあった体重が
気がつけば先週には41キロぎりぎりになっていて。

就寝中に足が攣る事がたびたび起きて
ちょっと重い荷物を運んだり、二階へ上がったりするだけで
ハァハァ息が切れちゃってね。
脱水なのか栄養失調なのか、その両方なのか
はっきりとはわからないんだけど
水か栄養かが、体の維持には絶対に足りないってことなのね。

で、お医者さんの処方を破り
一日820キロカロリーの高カロリー輸液+生食1リットルを
1640キロカロリーに増やしたところ、昨日の午後くらいから少しづつ体調が整ってきた。
ついでに言うと、体重も2日で2キロ半増えた。

心臓近くの血管に常に針(チューブ)が留置されているのは
いろいろと不便には違いないけれど、
輸液さえあれば、苦しい中必死で通院しないでも済むのはありがたいよぅ~

昨日は朝から、辛いほどにけだるくて午前9時から午後3時ごろまで眠って過ごしたんだ。
それでも夕食のための準備もあるので
何とか頑張って起き上がり買い物に出かけたんだよね。
朝のうちお雛様も片付けて、汚れた感じになっていた桃の花も処分した。
だから新しいお花が欲しいなぁと思ってね、お花屋さんに寄ったの。

あんまり高くなくて、室内に飾れる鉢物が欲しかったんで
これにしたよ。
リーガースベコニアのクリーム色。
写真がへたくそできれいじゃないけどね、きれいなんだよ、実物は!!

bekonia

値段は税抜き500円。
実はあんまり葉っぱがでかくなりすぎてたのでカットした。
お花屋さんは簡単だって言ったけど
調べてみると管理は中級者向けなのだそうだね。

桃と椿の切花を飾ったときも感じたけれど
お花ってちょこんと室内にあると、とっても癒されるものだね。
眺めていたらきれいで、うれしくなって
体調の悪さが吹っ飛んだような気がしたよ。

黒オスわんこが死んで、犬庭はいまほとんど使われなくなっているんだけど
あの庭に、コンテナガーデンを作ろうかなって思いついた。
私ね、コンテナ栽培得意ではないんだけど、
せっかくのチャンスだからやらない手はないね。

私急に元気になったみたいな気がした。
もちろんまだ元気にはなれないけどね、
やりたいことが見つかるのって、本当にうれしいんだね。


ちょこっと夫のことを考える

こころ
02 /21 2017
小さな小さな、吹けば飛ぶような零細企業なので
夫は工場で製品を作り、私は時々必要事務をやっているわけで
だから、夫の仕事や会社の状況に関しては
いわゆる普通一般の会社勤めをされている方々より
少しだけ詳しくならざるを得ない。

人によっては
こういう家族経営みたいな状況を
「仲が良くなれていいわね」とか言ってくれちゃうけれど
冗談のハゲです。

私は夫の仕事についてなんか1ミリだって知りたくはなかったし
今だって出来る限り口を突っ込みたくないどころか
可能なら完全にノータッチでいたい。

仕事を知っているが故に、夫はときどき私に仕事の話をする。
自慢だったり、愚痴だったり、相談だったりするけれども
どんな仕事の話にしたって
私は全然面白くないし、
これから抱える問題がいかに大変かを難しい顔して語られたりしたら
数分で気が滅入る。

正面向いて顔を合わせるのはたいがい食卓だから
飯だって思いっきりまずくなる。
私がキューピー3分クッキングの今月号と首っ引きで作ったおかずの
おいしさが台無しになる。
小難しい顔を食卓で披露して、味も雰囲気もぶち壊すのは
家庭内の環境破壊だ。

仕方がないが私は夫の妻であり
夫が稼がないと食うにも困る身のうえなのだから
とりあえず、うんうんとおとなしくうなずいて聞く。
聞くけれども、話が早く終わるのを一心に念じている。

昨日は私の念が通じたのか、夫の愚痴がわりと早くに終わってくれた。
愚痴は最低限で十分だ。
夫が死んだり、倒れたりしたら困る私はきっちりと
寝る前の祈りに夫のことを加えておくからさ。

・・・・夫が死んだら私はどうなるのだろう。
衣食住に困る。
仕事や会社の後始末が面倒になる。
夫の身内と縁が切れるのは、ちょっとありがたいかも。

そうね、大事なことなんだと思う、
きっとさびしくなるんだわ。