自律

生きていくこと
06 /22 2017
今日は30度超えの真夏日になるらしいね。
昨日が大雨だったから湿度も高いし、いやな暑さになりそう。

体調ね、熱は落ち着いたよ。
昨日午後には9度6分くらいまで上がって、
こりゃどうしたもんかな、と思わなくも無かったけど
夜7時を過ぎると少しずつ下がり始めてくれてね、
7度台に入ったあたりの午後9時過ぎに解熱剤を飲んだんだ。
解熱の不快による浅い眠りを経て、朝はちゃんと6度台になっていたよ。

腹部にいやな膨満感が残っているんだけど
痛いわけでもないからね、今日は普通に生活してます。
膨満感が速やかに解消されるといいんだけど。

娘は昨夜ちゃんと彼氏の家に泊まりに行った。
昨日の夜中
「自分のことばかり優先してごめんなさい」ってメールが来たよ。
私はそんな風に感じてもらえただけで十分ありがたいな。
優しい子、私には出来すぎた娘だと思う。

今はまだ大丈夫だけれど
あと10年15年したら、
こんな感謝すら出来なくなったりしないかな。

大事なときに居てくれなかったって、
恨みがましく言葉に出したりするかな。

年をとって、自分自身で処しきれないことばかりが増えて
頼ることしか考えなくなって
助けてもらうのが当たり前になったりしちゃうかな。

そうはなりたくないものだ。
今からでも自律の心得を習得しないとね。
なんてことを考えている午後1時。
スポンサーサイト

熱発

生きていくこと
06 /21 2017
久しぶりの高熱でた。
昨日の夕方ごろからおなか痛くなって
8度ちょいくらいだった。
カロナール(痛み、解熱の薬)飲んで夜に6度台まで下げて、
夜中3時ごろ寒いなと感じてたら
9度5分だった。

今は8度5分ちょっとくらい。
さっきまたカロナール飲んだの。
胸のカテーテル刺入部に赤みも見られず
痛みも熱感もないのでカテ感染ではなく
おなかの異常だろうと見当をつけてる。

滅多に起きない下血が続いていて
昨日は普段使われないので閉じかかってる水戸さんに向かって
渋り腹みたいなのが繰り返し起きてケッコウな痛みだった。
腸閉塞ほど苦しくないし
腹膜炎ほど重症感も無いから、まだ楽だ。

残されてはいるが、
もはや使用されずに縮んでしまっているわずかな大腸が
どうも大きく傷ついているのかもしれない。
だから完全禁食で過ごして腸管の安定を図ることにする。
まだ高熱は出てるけど、いずれ下がるだろう。
カロナールが効くのだから大したことはないんじゃないかな。

今週の日曜日は娘の相手のご両親と会うので
今は病院に行けないんだ。
入院させられると困るので。

娘は今夜と明日彼氏の家に泊まりに行く予定なんだけど
私のせいで、悩ましいみたい。
自分の体のことで娘の喜びや楽しみを邪魔するのはいや。
だから行っていいよって言った。
言われて素直に喜べないだろうけど。

ほんと、情けない母親だよね。
ああ、からだから汗が出てきてる。
熱が下がってきているんだ。
きっと大丈夫だ。

こういうとき、信仰があると本当に支えになるよ。
神様は私に最善のことしかなさらないと知っている。
この熱と痛みも私にとっては必要で、
私はここから学びとることが有るんだと思う。


食事管理の努力

生きていくこと
06 /14 2017
ええと、冬の終わりごろだったかな
お義父さんがインフルエンザでいつも通っている病院に入院したんだ。
肺がんのオペ後はそれほど影響なかったんだけど
胃がんのオペ後はとにかく物が食べられなくなってしまって
栄養水分ともに足りなくなるのが日常になっちゃったの。

入院によってたくさん点滴も入れてもらえたから
お義父さんかなり元気になって帰宅したんだけど
先日また脱水になって立ち上がれないとかで
救急車で病院に行ったんだって。

入院させてもらえたら、とりあえずきちんと回復したと思うのだけど
今回はただの脱水だからね、点滴2本打って帰されたのだそうだよ。

お義父さんね、食に関する努力をしない人なんだ。
病気持ちだから食べたくない場合は有ると思うから
そこは仕方が無いのかなぁと思えなくもないのだけれど
食事が無理なら、カロリーメイトゼリーとか
ヴィダーインゼリーとか
介護用流動食メイバランスとかクリミールとかで
どうにか栄養とカロリーを摂ろう・・・・ともしないのよ。

半年くらい前に数千円かけてそれらをプレゼントしたんだけど
「まずくて飲めない」で終わっちゃった。
そりゃあね、健常者の飲食物と比較すれば味は落ちるかもしれない。
だけどね、医者が処方する経腸栄養剤なんか
この数倍は不味いんだよ。
臭くて不味いそれを、食事代わりに摂り続けてる人は世の中にいっぱいいる。
努力以外のなにものでもないよ。

高齢になると、自分の食事管理が出来なくなる人って多いらしい。
それがどういう結果をもたらすか経験し、見知っていても
そうならないために日ごろの努力をすることとは
結びつかないのだそうだ。
義父もきっと同じで、体調不良になるのは怖いけれど
そのための努力なんかイヤだっていうクチ。

だからきっとまた、お義父さん脱水や栄養失調になって
倒れて救急車で運ばれること繰り返すと思う。
そうやって繰り返しながら命は薄っぺらくなっていく。
がんばっているのに倒れてしまうなら
気の毒だなぁ、年だものなぁって思えるのに。

年をとると、努力って出来なくなるものなのかな。
もしそうなら、私後期高齢者になるころには、
決して生きていられないだろうな。

また発作性のめまい

生きていくこと
05 /29 2017
ときどきさ、良性発作性頭位めまい症ってのになるんだけどね
昨日の朝、それになりそうな感じがしたの。
目覚めて起き上がるとくらっくらするんだもの。
で、早朝げえええええっと吐いたの。

中身何にもなかったんだけどね、吐きたくてさ。

こりゃヤバイな、本格的なのがきたら怖いなってまず思った。
だってあれ、良性って名前がついてるくせに
それはもう症状としてはハードなのよ、

目が回るって簡単にいうとそれだけどね、
天井が回っちゃう状態で、何時間も過ごすって
ドンだけ気持ち悪くなると思います?
もう、吐いちゃってげろげろだわよ、

バランスをとるために存在してる耳のなかの石っころが
ちょこっと動くせいで起きるのだそうだけど
体内の石っころって絶対に舐めちゃダメだわ、
どいつもこいつも、ちょっと動くだけで破壊力抜群なんだからさ。

で、昨日だけど、どんなにゲロゲロしていようとも
まだ動けなくなるほど体力が失われる前に
この手のめまいをそれなりに落ち着かせる体位変換術があってね
私は最初のゲロのあと、それをしたわけ。
もちろんすぐに治ったりしないし、気持ち悪いことこの上ないんだけどもさ、
効き目があったのかどうか、とりあえずじっとしていれば大丈夫になったので
とにかく眠りに眠ったね、
目が覚めたらよくなってて欲しいと祈りつつ眠ったんだ。

今朝もまだ少しくらくらしているの。
でも昨日みたいに気持ちは悪くないんだ。
血圧を測ったら非常に低くてね、それもあったんじゃないのかな。

ええとね、良性発作性頭位めまい症って
耳の石が動かないようにカルシウムを取るのがいいってされているんだけどね
カルシウムはさ、腎臓なんかに結石を持っている人には逆効果なのよ、
石を育てちゃうんだって。
困っちゃうよね~
あれ、経験者にはわかるけどさ、症状が出たら最後
もう何にも出来なくなるからね、良性の癖になによあの激烈な不快感。
あ~、もう二度とでませんように。

012.gif

ゴールド・リーフ
1998年ドイツ タンタウ作出
フロリバンダ系統の多花性で、開ききっても花色があせにくく
春から秋まで咲いてくれます(もちろん真夏は咲かないよ)
切りバラにするとすごくいいんだそうだよ。

DSCN0237.png

調子に乗りすぎた

生きていくこと
05 /21 2017
調子に乗りすぎたみたいで、昨日午後から熱がでた。
8度はなかったので点滴の感染じゃなさそうだとほっとして
PL酸飲んでしばらくしたら、熱はちゃらっと下がってくれた。

夜中は足の攣りがたびたび起きて、何度も目を覚ましたので
どうもこれは脱水みたい。
生食点滴を高カロリー輸液に変更してたのだけど
体重はやっぱり減っていた。

点滴をしていても減ると言うことは
どこかに炎症が起きているのかもしれないから
要注意なんだ。

考えてみれば、ここ何ヶ月か遊びすぎたのかも知れない。
私にしてみれば、ね。
このブログにもどこぞに遊びにいったなんて記事は
去年退院する前はほとんど無いのにさ
ここの所続いたものね。

この前の退院のときに
思っているほど楽しい時間は長くないだろうから
元気なうちはいっぱい楽しく過ごすんだと決めた。
で、多少体調が悪くてもごまかしごまかし遊びに行って
なんだかんだと楽しく過ごした。

だけど急にやってきた、この7月8月みたいな暑さで
さすがにしばらく休憩しないといけないなと
気づかされたよ。

だからね、しばらくいい子にしてようっと。
ブログに書ける様なこと起きてくれるかしらん。