函館旅行

あっちへこっちへ
05 /27 2018
先週の今頃は、函館の五稜郭祭りの行列を眺めていたのだよ。
榎本武揚と土方歳三の役をしている人は背も高くてガタイ良くって
ひときわカッコイイ~、なんて目がハートだった。

パレードは戊辰戦争当時の旧幕府軍・官軍それに来航の海外兵をも
ほとんど全部網羅してほんと、
大変な人数と長さでぞろぞろぞろぞろ練り歩くのだけども
やっぱりいちばん希望者が多いのは新撰組みたいで
その行列だけ持ち込み衣装の人もいっぱいいてね~

しかしなんと言っても一番強烈かつ目を引いていたのは
津軽藩士行列に扮していた地元の幼稚園児の大行列でさ
かわいい声で何度も「えいえいおー」ってやって、
あれに勝てる行列はないなと。

DSCN0727.png
これはどういう隊なんだろう、海外の兵士の衣装だと思うんだよね。
オランダとかフランスとかいろいろいたような気がする・・・・

このお祭りは2年に一度で、市電までストップさせて行っているくらい大きいんだわ。
で、まさかこの2年に一度の日に偶然函館に来ていたわけです、私ととうちゃんは。

前日新函館北斗駅に着いたときには雨で、気温7度ってさ、
その前には埼玉の30度を味わってきた身には
寒いのなんのって。
でもね、情報時代ですからね、ちゃんと冬服持って行ってたし~。

新幹線を降りてバスに乗り、最初に行ったのは
トラピスチヌ修道院だったのよ。
門に入ってすぐにあるのは剣を持った天使の像、
剣を持ってりゃミカエルだってことは私にはわかるんだけど
ガイドさんは懇切丁寧にミカエルだってことを説明しておりました。
ここより先は現世の悪を捨てていけ、切り落として行けって
説明してたなぁ。
DSCN0685.png

カトリック修道院なので当然ルルドもあったし無原罪のマリア像もありやした。
小さき花のテレーズ像もあって、
テレジア像はすべからく修道院にはあるものなんだってことを
ガイドさんによって初めて知ったんだけど
彼女が修道女ではなく修練女だったってことも初めて知ったんだ~
ネットではそれ、どこにも見つけられなかったんだわ。
ちなみに彼女は死んだとき空から薔薇の花が降ったそうですぜ~
(カトリックってそういう話の多いのが楽しいわ~)

DSCN0680.png DSCN0681.png DSCN0678.png

ジャンヌ・ダルクの像まであってちょっとびっくりしたけど
この修道院はフランスの厳律シトー会のものだから
それもありなんだね~。
写真は左から聖テレジア、ルルド、ジャンヌダルク。

函館って教会いっぱいあるのよ、
港に入港した外国人たちが住みついて、彼らの国の様式にのっとって
教会を作ってね、そこからどんどん教会が広がって
街をちょっと歩けば教会だらけ、
大小あわせると40くらいはあるんだってさ、
なんてうらやましいんでしょ、もう住みたいくらい!!!

当然ながら元町を歩くと有名な教会群が向かい合って建っていてさ
向かい合った寺なんかはこれまで嫌というほど見てきたけど
教会が向かい合っているなんて
私にはもうシアワセでシアワセで。

それにしても元町は本当に美しい場所だったよ、
横浜なんか眼中にないくらい美しかった。
雨で寒くて人も少なかったから余計に美しかったんだろうね。
もう一度行ってみたいけど行けるかな。

ほか、立待岬とか函館山(夜景)とか金森倉庫群とか
大沼国定公園(駒ケ岳)とか函館朝市とか
名所はそこそこ回ってね、とても楽しかった。

たださ、寒さと坂道と合わない魚介類の食事とで
24時間点滴していても体水分量が激減してさ、
夜中に脱水が起きてね
久しぶりに筋肉の痙攣で一晩中眠ることが出来ないで過ごしたよ。
もう翌日は単身埼玉に帰らないとまずいかもっていうくらいの
けっこうな痛みで、とうちゃんがグーグー寝てる横で
ひたすら耐え抜いておりましたです。

神様の哀れみによって、翌日はどうにか行程をこなすことが出来て
めでたく帰路に着いたわけでありまして
ああ、神様感謝感謝の雨あられ~~~~

ちなみにお土産ね~とても成功したんだわ。
函館朝市ではカニだのホタテだのいろいろ
大量に買い込んでいる人もいたんだけど
とうちゃんと私が買ったのはガゴメ昆布のとろろ昆布のみ。
これがさ~、関東で買う、とろろ昆布とは香りも味も全然違う美味さだったの~
軽いし安いし場所取らないし、オススメのお土産だわね~

義父母さんにはなつかしのバター飴。
ちゃんとトラピストのバター飴にしたんだけど
懐かしがって喜んで食べてくれてます。
あとは定番白い恋人のいちばん小さい箱を。
お年寄りは多すぎるものより、こういうちょっとしたものがいいのね。

カールレイモンのソーセージ類は高かったけど
えいやっと思い切って送ってもらった。
函館で食べたときも非常に美味でハムやソーセージの概念変わったんだけど
やっぱりめちゃくちゃ上品で美味しいであります。

ついでに、蒟蒻シャボンの函館がごめ昆布金を
自分用に買ってきて、感動的にいいので書いておこうかな。
ただしこれもコスパは良くないわ~

あ、記念の箸置きも買ったよ。
とうちゃんが「函館はイカだ」というので「イカ」の箸置きをね。

私ずっと点滴しているからさ
飛行機は無理っぽいんだわ。
北海道に新幹線がもっと延びてくれたら
そのときはまた行きたいなぁって思ってる。

そのためにも、私自身ももっと元気でないといけないよね。
それからとうちゃんも。
もう完全にケンタッキーフライドチキンのおじいさんみたいな体型になってるけど
どうか元気で、健康でいてほしいなぁ。
それを毎晩しっかり祈ってから眠る今日この頃でありました。
スポンサーサイト

ゴールデンウィーク前半のおでかけは

あっちへこっちへ
05 /01 2018
今年はとうちゃんがカレンダー通りにお休みができるという
結婚以来はじめてかもしれない
ゴールデンウィークらしいゴールデンウィークとなったので
(零細企業的には危機なんだけども)
うれしやうれしや、私も人並みに
ゴールデンウィーク前半を楽しんだのでありました、はい。

うんとね~28日の土曜日はね、娘が泊まりに来たんだわ。
娘はいま、いくつかのつわりの山を半分ほど越えたあたりにいるのだけれど
なんかね~、私つわりって経験ないからさ、わからないんだ。
私、妊娠から出産後までずっと入院してたから、
多分比較にならないけどさ
そんなに気持ち悪くてだるいのか、よだれ止まらないのかって
つわりっていうのも、かなりかわいそうに思えちゃって仕方ない。

まぁそういうわけで4月にはいるころから
仕事帰りの娘にはダーリンさんの分まで夕食のおかずを持たせているのだけど
後片付けやその他の家事すらほんとに辛くなっているようで
とにかく寝ていたいというのが娘の切望でね、
28日はそれで泊まりに来たわけ。

そのくせ気分転換もしたいとか、相反することを望むので
仕方なしに連休初日に混雑する地元の人気そば屋に行ってみたんだわ。
あのね、私もとうちゃんも一応東京下町の出なのでね
かくまで猛烈な田舎そばっていうものを知らなかったんだけど、
うちの地域で人気のそば屋のそばは
するするっと飲みこむものじゃなくて
あごが疲れるほど噛むものだったんだわ。
だって、そばがきをうどんより太い短冊に切ったのが山盛りよ~
娘もとうちゃんも「味は良かった」といってたけど
3人そろって「あれはそばじゃない!」という意見で一致したもんね、
あれをそばだと思っている埼玉県民は、
のど越しがうまいそばなんか、頼りなくて食べられないんだろうなぁ。

それから、孫のいるお友達の推薦を受けている子供用品のお店に行って
あれこれ見て回り、ミニストップでハロハロ買って帰ってね、
娘は速攻お昼寝をして夜ちょこっと食べてすぐまた朝まで眠って。
娘は好きなだけ眠り三昧で過ごして幸せだったそうな。

29日はね~
昼から映画を観に行ったんだわ、
「アベンジャーズ・インフィニティー・ウォー」
いやぁ~、最近見た映画の中ではこれ
ぶっ飛んで面白かったんだわ、うん、サイコーだった。
とにかくこの映画を理解するためには
アベンジャーズの前作まではもちろん
キャプテン・アメリカの前作まで
マイティー・ソーの前作まで
ガーディアン・オブ・ギャラクシーの前作までを
見ておかないとわけわかんないかもしれない。

ついでに、ドクターストレンジと
ブラックパンサーと
マーベルスパイダーマンも見ておくとさらにいいかも。
で、こうして書いていてわれながら
ほとんど見ている自分にも驚いたけど!!

し~か~し~、今回のこの映画の終わり方ったら、
これからいったいどうするのよっ!
と必ずや次回作も見る気になったのだった。
いま思い出してもワクドキもんだわよ、いや~良かった、うん。

で、昨日30日。
埼玉県が秩父と並んで誇る観光地川越に行って来た。
まさかと思ったけれどうちから車で1時間かからなかったわ、
高速使わないでだよ~

川越には子ども時代にしょっちゅう芋ほり遠足に来ていたけど
まるで初めて行ったみたいだったよ。
私ったら埼玉に越して25年も過ぎたというのに
埼玉にあんな観光観光した場所が存在しているとは
ほんとナメてた、川越ナメてた、ごめんなさい。

いや~、川越頑張ってたよ、観光客を誘致するために
民も官も本気で頑張っているね、本気で頑張らなきゃ
あそこまで整うはずがないと思えるもの。
うん、大したものだよ、埼玉があそこまでやれれば立派だよ。

でもさ、やっぱり人気があればあるだけ混雑もすごくてね
トイレは行列お店も行列、
私もとうちゃんも行列大嫌いなので、行列してないところにしか入らなかったけど
それでも十分楽しい思いは出来たなぁ。

いまどき珍しい喫煙可の喫茶店で
とうちゃん嬉しそうにタバコ吸ってました。
実は川越ではコーヒーしか飲まなかったんだわ~
民芸品の小さいお雛様をまた買って帰ったけどね♪
娘にはこんにゃく石鹸お土産にしたんだけど
感触が犬や猫の赤ちゃん時代の肉球のようで
うっとりしたなぁ。
(でも高いので娘にしか買わなかった・・・・)

ゴールデンウィーク後半はどこに行けるかな。
お天気は前半ほどは良くないみたいだから近場かな。
それともまた娘が泣きついてくるかしら。

芝桜とネモフィラとつつじで館林

あっちへこっちへ
04 /17 2018
とうちゃんが朝「館林につつじ観にいこう!」というので
なんとなく面白そうだと感じた私は
ためらいなく教会を休んで、館林に向かったのだった。

うちから館林は、
高速道路を使わないでも1時間ちょっとしかかからなかった。
館林はぶんぶく茶釜の茂林寺とつつじが有名だそうで
とくにつつじは樹齢800年のものもあったりするので
どうも世界一のつつじ庭園があるのだそうだ。

で、つつじの目的地直前に
「東武トレジャーガーデン 芝桜が満開」だという看板があってさ
個人的にそりゃあつつじより芝桜に決まってますよってんで
とっととそっちに向かって行ったのだわよねぇ。

そしたらさ~、なんか素敵なところだったのよ。
駐車場からかっこよさげな教会がどーんとあってさ~
日曜午前中なのに観光客が出入りしてたから
観光目的建築物だってことはわかったんだけども
やっぱり外国風の教会建築っていいわ~
素敵だわ~
なんでもイギリスの英国国教会の古いやつをモデルに作ったらしく
「聖ペテロ&パウロ教会」と名前がついてた。

(ペテロとパウロってあんまり仲良くないイメージ強いし~
英国国教会から正式な許可を受けた教会とかいうけど
礼拝のない教会は教会じゃないからね~
多分企業が勝手にそういう名目をつけてるだけで
英国国教会に毎月献金上げてるわけじゃなかろう)

まぁさ、自分の教会サボってよその教会に行くこともないわけで
さっさとお花畑に行きました~
芝桜もネモフィラもいっぱい咲いていましたよ~
4153.png
4154.png
 
到着が10時前だったせいか、空いていてさ~
お花畑もきれいだったからうれしくってね
いいとこ見つけちゃった~って思ったんだけど
バラではけっこう有名なところだったみたいで
上述の教会でイギリススタイルの結婚式を挙げられるのに合わせて
美しいイングリッシュガーデンを構成してあるから
バラには最高のロケーションなんだわよ~
バラの時期には絶対に来たいと思ったもの!!
バラの手入れも怠りなかったし!!!

でもさ~、ここ夏と真冬が休園してるんだよね、
なにせ館林といえば熊谷と同格の暑さの名所、
ついでに寒さもすごいからね~
その間お花の手入れしてるのは多分バラだけなんだろうと思うんだわ。
だってさ~ネモフィラと芝桜の咲く土のならびに
ムギナデシコや矢車菊、ラベンダーセージといった
ガーデンもあるんだけども
そこったらもうスズメノカタビラという雑草が大繁殖しているんだわ。
スズメノカタビラの間に矢車菊なんかが伸びてきているからね
もう薬や刈り取りでスズメノカタビラだけを処分することは無理なのよ。
つまり全部手作業でないと大繁殖した雑草を処分できないわけ。

これは大変だよ~
来る日も来る日も雑草抜きやらなきゃシーズンには間に合わないよ。
てかさ~いまちょうど美しく咲いている花
リナリアの畑にもけっこうな勢いでスズメノカタビラ残っていた~
4152.png

ガーデニングやってる人には一発でわかるんだけどね。
きっとまだ作業途中で間に合ってないんだと思うな、
エントランスや売店には従業員いっぱいいるのに
土をいじって作業している人たちたったふたりしか見なかったんだよ。
アレじゃあ手入れが足りるはずないよね。
そこが惜しいし心配であります。

で、時間もあるのでつつじも観にいったんだ。
館林つつじヶ丘公園
ウンまぁ、つつじだよ、ウン大変立派でした。
和の植栽ってさ、花でいっぱいにしないで
必要な間隔をあけて植えるから
いい枝振りなんかも見られて楽しいんだけどね、
盆栽やってたら天国みたいに幸せな時間になるんだろうけどさ
まぁ、和系のつつじだけだからね~
西洋で交配されたアザレアじゃないからさ~

一般に地味に見えると申しますか
満開であっても「わ~きれい」というより
「わ~立派」なんだわ、はい。
4151.png

ところで、あそこのもうひとつの名所はさ
昭和感そのものの売店郡にあるんじゃないかと思うんだわ。
なんでしょう、昭和40年代あたりに観光地にあった
古めかしい建物たちがさ
古めかしいまんま、焼き饅頭やらうどんやらを売っているんだけどもさ
もうそのままの状態でalwaysシリーズの映画に出てきても
一切の違和感ない感じでさ~ある意味マニアは歓喜の涙じゃないかと思ったね。

とうちゃんと私は、そういうお店の一軒で館林名物芋フライを買い
ベンチに座って食べてから、帰路についたのでありました。

北関東、花の季節はなにげに楽しいところありそうだわ~
るんるん




古河公方公園で西郷どん

あっちへこっちへ
03 /11 2018
娘が挙式から半年目にやっと新婚旅行に行っているので
うちにはチビ犬が1週間予定で泊まっている。
tanti201803111.png

このごろは毎週とうちゃんと巨大ホームセンターのペット売り場に行って
「子犬、子犬」と欲求を紛らせていたので
チビ犬が一緒にいると、まるで孫みたいに甘やかし
あっちへこっちへと連れて行きたくなる。
とくにこの傾向は、とうちゃんに顕著に現れている。

というわけで今日は教会をお休みして、午前中あっちへこっちへ移動した。
朝7時、とうちゃんと一緒にチビ犬のお散歩。
朝7時に歩くことなんてまずないとうちゃんは、その寒さ、気温の低さにびっくりしていた。
そうなんだよ、犬の飼い主は寒さとも戦わないといけないんだよ。

朝8時、チビ犬を家に置いて40分間のパン屋さんタイム。
車で10分くらいのパン屋さんに行って、焼きたてのクロワッサンとコーヒーをいただく。
私にとってこれは至福なんだわ。
クロワッサン好きでね、いろいろなお店のクロワッサン食べてきたけど
私はここのお店のが一番好き。
(先週はメゾンカイザーのクロワッサンを期待たっぷりに買って来たんだけど
・・・・うーん、サクサクではあるけど私には味が物足りなかった。
メゾンカイザーはハードパンが好きだな)

家に帰ると今度はチビ犬を乗っけて茨城県古河市の古河公方公園へ。
うちからは1時間弱で行けるところなのだけど、
それほど有名ではないので、知らない人も多いみたい。
私も初めて行ったんだ。
花桃の名所でね、20日からお祭りが開催されて、
そのときには駐車場が満タンになるらしいので
20日近くに行くのがいいかもね。

知らずに行って見つけたのが、こういう発見。
DSCN0566.png
DSCN0567.png
DSCN0564.png

へぇ~~~~~~~~~~~~
薩摩編でずいぶんこの公園が使われたらしい。
西郷どん見ている人はわかるだろうけれど
薩摩編、これといってきれいな場所って一つも出てこなかったように
ただただ雑木林や池や野っ原がひろがっているんだわ、これが。
たださすが茨城、半端ない広さの公園で電柱なんか全然見えない、
というか無いからさ撮影はしやすかったんじゃないかな。

犬の散歩に来ている人いっぱいいてね、
チビ犬も元気いっぱいに歩き回ってた。
実は梅の林を探したんだけど矢印も案内図も無くて
1時間ほど歩き回った末に諦めちゃった。
健脚でないと全部を回ってみるのは大変かもしれない。
ベンチも一部にごくわずかしかないからね。

tanti201803112.png
そして入り口にある茨城名所の地図にはまだ圏央道なかった・・・・・

帰り道の4号線沿いには権現堂堤があって、
堤のはしっこにまだ若い河津桜が満開なのが見て取れた。
そりゃきれいだろうけどさ、
やっぱり木はそれなりに貫禄がないと庭木みたいなのは
あんまり感動しないよねぇ。
(自分で育てると庭木でもすごく感動するんだけどさ)

詰め込みミステリーツアー

あっちへこっちへ
11 /21 2017
いわゆるミステリーツアーっていうのに行って来たの。
日曜日、もちろんとうちゃんと。
(とうちゃんが一緒だから日曜日しか行けないんだよね、
平日にいけたら、道も空いてるのになぁ)

ミステリーツアーといっても、ヒントはいくつかあるからね
いろいろ予想していたんだ。
長野か群馬か山梨か・・・とは思っていたの。

で、正解は山梨だった。
山梨の観光地をいくつか回るバス旅だったわけね。

最初に行ったのが、なんでも「日本3大奇橋」とかいう
「猿橋」だった。

DSCN0470.png

かなり峻険な峡谷にかけられた不思議な形の橋。
というか、こういう形でしか掛ける事が出来なかったんだろうね。
なんでもお猿さんたちが手をつなぎ重なり合って橋を作り、
この谷を渡っていく様子からこの橋の構造が考え出されたんだとか。
橋の上から見た峡谷がほんと切り込んでいてね、なんかすごかった。
こんな厳しい自然に人間が知恵と根気と技術で挑んだのね~

DSCN0474.png

とはいえコンパクトな観光名所だったわ。
でもコンパクトだからこそ、人々の滞在時間も短いし、
よくよく見ればきっとかなりいろいろな発見ができそうだし
私、ここけっこう好きだったかも。
こんなのあったしねww
DSCN0476.png

えとね~、そのあとは酒蔵にいったんだわ、
当然試飲三昧だわよ。
小さなコップをくれるんだけど、
私お酒飲めないのでお断りする気でいたら、
とうちゃんが、私の分も飲むからもらえっていうもんで。
というわけで、とうちゃん2倍飲んで、超ごきげんになりました。

・・・・・と、ミステリーツアーなかなかいいんじゃないか?
と思ったのもここまででね~
食事が残念だったのよ~
テレビ番組にも何度か取り上げられていたところでさ、
一見上等そうに見えるんだけどもね、
とにかく品物がほぼ冷たくって~
人気があるからもう全部前もって作って並べて置くんだね。
冷えちゃうのは必然だけど、
茶碗蒸しや土瓶蒸しまで冷えてるってナニよ。

なんでこんな店が人気あるんだろうって不思議に思えた。
多分ツアー客相手だからと思うけど
席はギュウギュウ詰めだし、トイレは汚れまくっていたし、
勘弁してほしいなぁ。

で、そのお店の近くに甲斐の国の名刹、恵林寺があるので
ぶらぶら観にいきました。
別に入りたくなかったんだけど、とうちゃんは有料拝観も見たいというので
「え~、めんどい」といいながら付き合った。

でも結果的には見てよかったかも。
禅宗の寺、入ったの初めてなんだけど
やっぱり質実で、華美さがまったくなくて
いい感じでした。
ちょうど法事の最中だったんだけど、そのお宅は
武田氏のながれなのかしらん。

快川紹喜が「心頭滅却火もまた涼し」といいながら焼き殺されていった
その再建山門でばっちりニコニコ写真撮りましたです、ブハハ。
DSCN0483.png
で、とうちゃんはその寺でビール飲んで団子食べてた。
団子ってビールに合うのか?
ただ飲みたいだけなのか?
DSCN0489.pngDSCN0491.png

そのあとは、なんかもうおまけみたいだったな。
ぶどう狩にいったんだけど、ぶどうってそうそうたくさん食べられるものじゃないよね。
山梨はぶどうの名産地だけど、ぶどうももう今年は終わりでね、
甲州ぶどうしか実っていなかった。
それほど甘いぶどうってわけじゃなかったのでお土産にも買わなかった。

その後は謎の宝石屋さん(バスの中では健康用品だと説明されたけど)に連れて行かれたっす。
旅行会社の都合によるんだろうけどさ、
この宝石屋で時間つぶさなかったら帰りの渋滞はもう少し避けられたんじゃないかと思う。
謎の宝石屋では店の説明に乗せられて
万単位の買い物をしている旅行客が何人かいたな~
ツアー代金をある程度安くするためのスポンサーなんだと思うけど
あれ、私には迷惑でしかなかった。
これまで2回、この旅行業者でバス旅行したんだけど
こういう変な場所につれてこられたのは初めてだったな。
やれやれだわよ。

で、最後は河口湖のもみじ祭りとやらに行ったんだけど
なんだか、わけのわからないお祭りだった。
B級グルメみたいな露店が並んでいて
音楽がじゃかじゃか流れてて、中国人観光客だらけで。

もはや興味も何もなかったので道すがらにあった
木の花美術館のカフェ、オルソンさんのいちごに入って
ひたすら休憩してました。
or.jpg

となりの売店では猫のダヤンのグッズいっぱい売っていたの。
かなり魅力的で欲しくなったんだけどもね、
「なんで犬じゃないんだ!」と自分に言い聞かせて購入意欲を抑えましたですww

河口湖を出たのが4時前でね、それで2時間半で埼玉に帰れるわけはないんだけど
予定ではそうなっていたのよ、絶対無理だって言うのにさ。
もちろん渋滞渋滞だったわよ、
バスから降りたのは9時過ぎてたもんね。
つまり帰路に5時間!!

なのに添乗員さんは明日は東北だって言ってた。
バスの運転手さんは、明日はどこかのイルミネーションツアーだって。
毎日毎日あっちへ行ったりこっちへ行ったり
私にはものすごく大変なお仕事に見えたよ。
どう考えたって時間厳守は難しいよね、
ブラックにならざるをえないところなんだろうな。

去年の10月に退院して、「これから楽しく過ごすんだ」と決めてから
これが3度目の旅行だったんだ。
1年間で3回って多いのかな、少ないのかな。

とうちゃんと私、お互い元気でいられるうちは
また、いろいろなところ行きたいねと思ってる。
でも、もうミステリーツアーは行かないかな。
なんかねぇ、詰め込みすぎだったよ。