「やすらぎの郷」ハッピーちゃんの悲しい事件で

いろいろ感じたこと
08 /21 2017
あのさぁ、「やすらぎの郷」っていう倉本聰の連続ドラマでね
先週の内容について、ネットでちょっと騒がれていたんだけど知ってる?

「やすらぎの郷」ってね、
老境に入った昭和の大スターや映画・テレビの関係者たちが
「やすらぎの郷」って言う無料の高級老人別荘みたいなところに住み暮らしていてさ、
倉本聰の達者な脚本が、時に笑わせ時に泣かせ、実に見事なので
かなり評判よかったんだよね、先週までは。

なにせ高級リゾートみたいな老人施設だからさ
おしゃれなバーなんかも施設内に有るわけよ。
そこのバーテンダーは老人たちには孫みたいな年齢の
明るくて笑顔の可愛い女の子でね
飲みにくる施設内の爺さん婆さんに、とっても可愛がられていたわけさ。

で、その子がね、真夜中の帰り道にね、集団強姦されちゃったんだよ。
その後、敵を打つだの何だのと、施設で働く若い男たちが立ち上がるんだけどね、
ジジババは一日暇で耳が早いし、口も軽いから、
うわさはあっという間にみんなの知るところになってね、
腕に覚えのある爺さん3人が「これは先の無い老人の仕事です」って
集団強姦した野郎たちのところに乗り込んでやっっけちゃうんだよね。

しかも、殴るとか蹴るとか、そんな「三匹のおっさん」みたいなノリじゃなくてさ、
ゴウカン野郎のタマタマを潰すわ、恥骨を骨折させるわ
そこまでやるか、という目に遭わせちゃうんだよ。

しばらく休んでいた被害者の女の子が仕事に復帰した日にはね
その様子を見に行くのは残酷だと思いつつも
ジジババたちはその子のバーに集まっちゃってるわけよ。
でね、「忘れないさい」ってその子に言うんだわ。
で、ナレーションが被るの「皆さんも忘れてください」。

んー、こんなところ。

で、ナニがネットの民を燃え上がらせたのかというと
豪快な敵討ちを描きたいがために集団強姦なんてものを
話に持ち込んでいたとしたら、この脚本家はひどすぎる!
という雰囲気の様子。

ネットの民だから、怒っているのはだいたいが若い人なんだけど
実際、登場人物たちみたいな70代80代のお年よりは
どう感じたんだろうね。

50代のおばさんである私はね~
そりゃあ、かわいそうですとも、自分の娘くらいの女の子が
集団強姦にあうんだもの、とんでもない話です。
でもさ、でもさぁ、私はさすがにこれをリアルとは違う
おとぎ話としてみているからね、そこまで真剣に怒る気にはならなかった。

それにさ、実世界にはさ経験を積めば積むほど
似たような災難に遭ってきた人がいるってことを知るんだよね。
そんな人たちからその経験を聞かされたときさ
そりゃあショックだよ、しばらくショックだよ、そりゃあもう。

でもさ、だからどうしてあげられるってわけでもないんだよ。
どうすることも出来ないときには精一杯言葉を捜したってさ
どんな言葉だって空々しく、虚しく響くものなんだよ。
「忘れなさい」っていうのはさ、
年を経てきた人たちが仕方なく身につけてきた
悲しいけれども、有効な知恵なんだよね。

いやぁ、脚本家やドラマの味方をするわけじゃないんだけどね、
悲しいことも残酷なことも、
生きてるからには起きるのさ、どうしたって。
老人はそれをいやというほど知っているわけでしょう?

そして事実起きちゃったものはもう、
そうするしかないだろうっていう諦観みたいなものが
老境になればなるほどに身についてしまうんじゃないかしら。

ドラマの子の悲劇を自分のこと、友のことのように怒る若い人たちは
本当に尊いし、とても大切な存在だと思うよ。
諦観ばかりじゃ世の中変わって行きようがないものね。
だから、怒ってくれていいんだ、きっと。

脚本家、倉本聰氏は今回のネットの民の怒りに何を見て
何を感じているのかなぁ。
それがドラマの内容に答えとなって出てくれたらいいのだけれど、
とっくに撮り終っていそうだから、ないね。
(だって、バーに集まってる客の中に野際陽子出てたもん)
スポンサーサイト

子供の挙式と新築にいくら出せるか

いろいろ感じたこと
08 /20 2017
あのね、お習字のお友達が言ってたんだけどね、

「子供には結婚式のときと家を建てるときにお金を出した」
というやつ。

いくらくらいだったかな、
ふたり子供がいてふたりとも結婚して家を建てたって人の場合、
結婚式にいくら出したか知らないけれど
家を建てるときは500万ずつだって言ってた。
自分たちの故郷が遠くて結婚式も新居も誰にもお金出してもらえなくて
大変だったから出してあげるって決めてたらしい。

子供が1人分だけで済んでいる人は
家に1000万くらい出したって言ってたな。
もちろん挙式は別で数百万出したみたいだよ。
この人は「うちの子大学行ってないから、その分は出した」んだって。

ほかに、私立大卒後に専門の学校に行かれてその分の学費と
挙式と新居とでいくら出したかわからないって人もいたし、

うんうんと頷いているだけで額はいわなかったけど
結婚した2人の子供たちに多分相当出しているだろう人もいた。

みんな全員専業主婦みたいなものなんだよ、
パートを何年かしたことがあっても、ずっと働いてきたわけじゃないんだよ。
ご主人はまぁ、一部上場の大企業を定年退職した人ばかりなんだけど、
その人たちはみんな、30年以上前に自分の家を新築で購入しててさ
子育てして学費を払い住宅ローンを終えて、
さらに子供の自立のためにそんなにお金が出せるなんて
いったい、この人たちはどれくらいのお金持ちなんだろうって思った。

だってさ、自分たちの老後のお金の問題だってあるんだから
その分は取り分けてなおかつ支出できたってことでしょ、
私には無理、できません。

1人さ、非常に数学に長けた人がいてね
その人は投資で、かなりお金を増やして別宅をもう一軒買ってるの。
でもその別宅はさ、ガスも水道も通さないで
電気だけ通じていてね、自分の趣味の時間をそこで使うだけなんだって。
だから使う部屋以外はぼろぼろの古いまんまにしてる。
なんかすごいよね、お金が増えるって、魔法みたい。

そうなのよ、みなさん地道にためるばかりじゃなくてね
投資だとか、なんだとかで、いろいろな方法で財産を増やしているのよね。
なんかびっくりしちゃったなぁ。
だから子供1人に1000万とか出せちゃうんだろうね。

私さぁ、父親のせいで借金取りの怖さを子供時代に植えつけられちゃったからさ
大事なお金を「失敗することもある」取引になんか出せないんだ。
「あれは数十年眠っていられるお金がある人がするものだ」って
大学の経済の先生が言ってたし、そんなお金うちには無いもんね。
(その先生はそのひと言のおかげで私の記憶に残っている)

とうちゃんにね、お習字の友達がそれくらいの額を出したってこと
言ったのね、そしたらね、ふうんと聞いた後にね
「まるまる信じないほうがいいよ」って。

いや、まるまる信じたくないのはわかるけどさ
一部上場の大企業の役職で退職した人たちはきっと
それくらい出せるお金もらってたんだよ、とうちゃん!

(これきっと、とうちゃんのコンプレックスだぞ)

う~ん。
うちはねぇ、結婚式のお金はふたりで出すって言っているよ。
娘たちが建てる家はまだ先だからわからないけどさ、
500万は出せないんじゃないかって思ってる。

お金のこと考えると、切実だねぇ、うん、やっぱり考えちゃいかん。

患者の貧富

いろいろ感じたこと
08 /02 2017
先日亡くなられた高齢のお医者様について、
名医とされる現役の医師が
「あの人を良く言う人はね、お金のある人ばかりなんだよ」
と、なんでもないようにおっしゃった。

ああ、確かにそうなのかもしれない、その可能性はあるな、と思った。
あの病院は実際的に、貧しい人を進んで受け入れるようなところではないかもね、
あのすばらしい建物を見れば、ある程度豊かな患者を掴んでいない限りは
経営の維持が難しいだろうからさ。

でもね、倫理的に受け入れざるを得なかった、貧しい患者だって
多分受け入れたことはあると思うんだ。
ただ、長く入院していることは出来なかっただろうけれど。

それからね、お金持ちでなくても、ちょっと貧乏な人でも
あの先生や病院に感謝している人はいると思うよ、
そこは間違いないはず。

間違いないとか書いたって、私あの病院受診も入院もしたことないので
知らないんだけど、願わくばそうであってほしいわけ。

けどさ~けどさ~
実際ある程度お金持ちでないと、病気が治らなかったり死期が早まったりするの
あるよ、絶対、これはある。
病気になってさ、治療費が非常に高い場合さ
完全な治療が出来ない人たち、実は意外と少なくないんだよ。
お金なくて、治療できずに亡くなった人、知ってるもの。

だからさ、お金持ちが亡くなったあのお医者を高く評価するのはさ
いい治療をたっぷりしてもらえた財力の関係もあるんじゃないかな。
それらお金持ちが望むレベルの医療技術ってのは
人件費も医療機器も当然相当お金かかるだろうから、
病院はせっせとお金を儲けないといけないわけだ。

医は仁術なんていうけどさ、
きれいごとじゃあ済まない。

蛇、カエル、セミ爆弾、白い女王様

いろいろ感じたこと
07 /30 2017
ゴキブリ(大)どころかヤモリで蛇という話を娘にしたところ
それを「爬虫類祭り」と名づけて面白がりつつ半分ビビッていたが、
とうちゃんは
「庭にカエルがあれだけいれば蛇も来るさ」と平然と言い放った。

とうちゃん、そのカエルすら気持ち悪がって触れないくせに
蛇をそんなに冷静に受け止めちゃって大丈夫かい、
自分は2階に寝起きしてるからって、二階に出ないとは言い切れないんだよ。
と、言いたかったけど抑えた。
だって「愛は無作法をしない」んだものっ!

さらに娘が
「そうか両生類祭りはずっと前からやってたんだ!」
と、自分は無関係みたいに面白がった。
涼しい顔でおっしゃいますが、娘よ、
カエルがいるのは虫が出るからでもあって
あなたその虫がなにより怖いんじゃありませんっ?
虫祭りならずっと前から盛り上がって盛り上がって盛り上がりまくってますよっ!
と、言いたかったけど、これも抑えた。
だって「愛はいらだたない」のよっ!

もう、「すべてを忍び」「すべてを耐える」なんて、
マジ無理です、神様っ!
(イライライライラ)

うちの庭にはカエルが数十匹はいる。
住宅街の中にポツリとある1枚の田んぼに水が入ると
周囲の家々の庭、特に花を愛で育てている家の庭には
アマガエルが入り込んで育つ。

去年まで犬小屋しかなかったコンクリートの犬庭に
今年はたくさんの植木鉢を置いているので
カエルたちは植木鉢の中に棲みついてしまった。
水をやるごとにぴょこんぴょこん飛びだしてくるのが、
可愛いというか、面白いというか。

カエルがいれば虫を食うので喜ばしい。
だいたいにおいて、虫けらをむさぼり食うムクドリとか
アブラムシを退治するてんとう虫とか
害虫をパクパクしてくれる連中には好感を持っている。
だからそのカエルを食う蛇まで来られるのは困るし、怖い。
(食物連鎖という夏休みの研究が出来そうだが、
夏休みの宿題をせねばならん学童期の子供はうちにはとっくにいない)

虫と言えばセミ。
ついにいたるところにセミ爆弾が落ちている季節になった。
セミ爆弾とは、死んでいるかに見え、
人が安心してその場を通り過ぎようなどとした折に
驚くべき大音響とともにセミが足元から飛び立つあれをいう。
あれに遭遇した女子、おばさんの多くは
驚きと恐怖で叫ぶ、どっと汗をかく、鼓動が早くなる
夏が大嫌いになる、もう買い物に行きたくなくなる、
ご飯なんかつくってやらないって気分になるなど
非常に恐ろしい結果となることが多い。

かつて我が家には恐怖のセミ爆弾をものともしない
いやむしろ、セミ爆弾こそ我に来いと胸を張る猛者がいた。
立派な野良犬、と言うより野犬育ちの白い女王様は
アリのたかったセミなど見向きもせずに
今地面に落ちたばかりの生きのいいセミ爆弾を非常に好んだ。
女王様はセミより俊敏で、
常に、飛び立とうとしたセミをジャンプ一閃で口の中に納め、
バタバタ動くセミをじゃりじゃりと噛んで食べる姿は
まことに優美であった・・・・
セミ爆弾を見かけるたびに白い女王様が恋しい。

そういえば、この女王様は
田んぼで見かけた1メートル半くらいの蛇をくわえて
ぶんぶんぶん回して飛ばし、噛み千切ったこともあった。
マジ恋しい。

夏バテかしら

いろいろ感じたこと
07 /21 2017
梅雨が明けたけど、関東は梅雨明け前から夏みたいだったので
あんまり変わらないな・・・・・・
と思っていたら、やっぱり梅雨明け後は違うのね、
どうも朝から体がだるくてさ、
なにをするにも無気力感が先立って、
妙に眠くて、食欲もないし
水分も摂らなきゃいけないと思いつつ、なかなか気持ちよく飲む気にならない。

もしかして私、夏バテしてるのかしらん。
と思って娘にラインしたら、
娘も職場の人たちもみんな「夏バテ」してると返事が来た。
みなさん食欲が落ちていて、けだるく、疲労感があるそうだ。

そうなのね、多くの人がこの暑さにやられ始めているわけね・・・・
昨日まで私、ケッコウ喜んでいたのよ、
この暑さを過ごしていられる自分がすごいなぁって思ってさ。
この10年くらい、
夏は家でぐったりして、教会にもいかず仕事さえ休みがちになっているか
ばっちり入院しているかのそのどちらかだったんだもの。

この夏はかなり厳しいってみんな言うのに
私なんとか動けてる、ぐったり倒れてない、体もそんなにキツくない、
去年の夏に苦しんだのは今年にいい夏を過ごす為だったのね!
なんて、内心フクフクしていたのにな。

普段元気な人までやられてるこの暑さだもの
私がそこまで元気になれるわけがないか(*´~`*)チェッ

ところで、昨日偶然あるブログにたどり着いてね
初めて知ったの、
ブログ村の人気上位にあるいくつかのブログが
同じ業者の手によるものなのだって話。

私はさ、個人が作り話を延々続けて
注目を浴びたいだけだとばかり思っていたんだけど
そこに金銭が絡んでいる場合が普通なのね。
ブログ村もそれを半ば知りつつ放置していると思われてる。

もしそれが真実なら、私なんかすっきりしちゃったかも。
借金にしろ、嫁姑にしろ、病気にしろ、
ありえないほど次々と凄まじい内容が続くブログを読むとね
「嘘だろ?」と思いつつも「もし本当ならどうしたらいいんだろう」とか
考えちゃったりするからさ、
人寄せのための作り話だってわかれば、かえって気が楽になるもん。

これからはありえないほどの人災続きの人生を語るブログには
近寄らないことにしようって思った。
製作側の意図には乗りたくないからね。
(松居さんの意図にものりたくないからやっぱ無視だね、うん)