FC2ブログ

代えの効かない役者

出来事から
09 /18 2018
樹木希林さんが亡くなったという第一報をきいたとき

「これから樹木さんがやっていたような、
訳あり老婆の役はいったい誰が演じるのだろう」

と、最初に思った。
やわらかい笑顔で微笑む樹木さんが演じると
どんな役の老婆もそれまでの人生の深みがそこに浮き上がってくるのだよね。
薄っぺらな人格ではないんだよ、どんな役になっても。

諦め、受け入れた、穏やかだけれどもなぜか悲しい感じのする
あの笑顔は、樹木希林さんの生き方によるものだったと
報道はそんなふうに伝えていて

特に私が尊敬しないわけに行かないのは
最期に近い樹木さんが決して「痛い」と言わず、
自分の苦痛を隠し続けて、他人に気を遣わせまいとしたことだ。

樹木さんは女優さんだから、たぶん記憶や意識に朦朧感の起きる
麻薬系の痛み止めはぎりぎりまで使わなかっただろうと思う。
ときどき、自分の意識がおかしくなることを嫌がって
痛み止めを使わない人たちがいるにはいるけれど
末期がんの痛みは、耐え難いものだというから。
とくに樹木さんは骨転移までしていたのだし、
映画に出ている間だって
並大抵の忍耐で耐えられるものではなかったことだろう。

痛みに耐えて耐えて、それでも笑顔を見せ続けて死んでいくというのは
普通の人間には出来ないことだ。
特に私のような根性なしの泣き虫、痛がりには
絶対に出来ないだろうから、私はモルヒネを打ちまくるだろう。
周囲に気を使ったり、微笑むなんて絶対に出来ないだろうな。

最初に戻るが、代えの効かない俳優女優さんって何人かいる。
古い話で恐縮すぎるけれど、笠知衆さんや大滝秀治さんなどは
ほかの人が演じることが出来ない個性を持ち続けていた。
ああ、岸部一徳さんもそうなりそうな気がする。

そして樹木希林さん。

この人の演じたような役を継げる女優さんは本当にいるのかな。
いるような気がしない。
スポンサーサイト

地震

出来事から
09 /06 2018
今日午前3時10分、スマホの防災速報が鳴って
北海道に非常に大きな地震が起きたことを知った。

前日まで台風21号の被害のニュースを延々と繰り返し見せられて
心がさすがにどんよりしてきているところに
それらを振り切るように
今朝未明からの地震被害の凄まじい映像が送り出されて
私は逃げるみたいに
テレビをショッピングやドラマばかり映し出すBS放送に固定してしまった。

今年の5月、生まれて初めて北海道という場所に行って
思い出はまだ新しく、喜ばしいままだからこそ、
じくじく膿んで痛むような、気持ちがしている。

今年は強い地震が多すぎる。
台風も多すぎる。
夏の気温も高すぎる。
真冬の気温も低すぎた。

地球全体がどうにかなってしまったのか。

どうしろっていうんだ。

医者の適正って

出来事から
08 /06 2018
東京医科大学の女性受験者一律に一定の減点を行っていた問題
いろいろな人のいろいろな考えがあると思うけれど

「患者や病院のためにも男女比は操作しなくてはならない」とか
「欧米だったら集団訴訟に発展してもおかしくない」とか
そのどちらも間違ってはいない気がするし
どうにも難しいね。

ただやっぱり、女性って損なのかなぁと思わずにはいられないんだ。
女であるというだけで、なぜ差別的な扱いを受けなきゃならないのかなぁ。
医者ってさ、性差うんぬん以前に医者としての適正というのがあると思うのよ。

男でも女でも、適正の低い人は医者になっては欲しくない、
患者の身としては当然だよね。
(適性のある人が適正な試験に合格して欲しい!)

たださ、その適正の中に能力や考え方の問題のほかに
資質があって、そこに「体重の重い患者を扱える体力」とか
「十時間以上トイレに行けない状況で手術に集中できる」とか
そういうあたりを加味されると確かにね
女性は不利かもしれない。

それでもいるよ、外科にも内科にも女性のお医者さん、
ちゃんといる、ちゃんと頑張っている。

患者から絶対的な信を置かれている女医さんだってたくさんいる。
お年寄りなんかは、多くが「医者=男」のイメージを持っているけど
(女医さんはときどき看護師に間違われたりする)
実際に診療を受けると、
元気な若い男性の医者よりは
当たりの優しい女性医師を好むようになることもあるよ。

女性でも男性でも、「いい医者」ならそれでいいんだけどね。


話し変わって、娘のゲーム類と私の書籍、CD類を
ダンボール3箱ほどを東海地方のお店に買取に出したのだけれど
びっくりびっくり 17000円 くらいに買い取ってくれたんだもん。
(高く買い取るって評価がついてるお店だった)

うちの近所にはハードオフもブックオフもあるんだけど
絶対そんな値段で買ってくれなかったと思うんだ。
箱なしのニンテンドー64のソフトもあったのに
はじかれずに、値段がついてた。

秋葉原のレトロゲーム専門店に売ると、もっと高いんだろうけど
専門店は本やCDまで引き取ってくれないから
全部一括で送りつけられるところにしたんだけど
これは正解だったよ。

面倒だからさ、なんでも近所に持っていって売り飛ばしてきたけれど
これからは手間を惜しまないことにしようかな。

保険の見直しで審査に落ちた~~~

出来事から
07 /25 2018
とうちゃんが心室細動でぶっ倒れて数日入院したのは
もう何年前になるのかな。
娘が大学生になる前で
119番に電話をかけてから、娘に「大学行けなくなるかもしれないからね」
と言ったのを覚えているので確かに、そのころだろう。

とうちゃんの生命保険の更新の話が少し前にあって
保険屋さんが新しい種類の保険に変わらないかと
見直しを提案してきてさ
まぁどっちでもいいからと、とりあえずそれに申し込むことにしたんだわ。

ところがさ~
見直しを持ちかけて来た保険屋さんがね
審査が通らなかったって言うのだわさ。
なんでも上述の心室細動による入院があったがために
だめだったらしいよ。
私さ~そのころとうちゃんの保険がどうのこうのって
良く知らないんだよね。
多分義母さんが請求して給付してもらったんだと思う。
一度でも給付してもらった以上は
いまさら保険変えられないってことなのかもしれないね。

まぁ別にいいんだけどさ
「うちの保険やめてくれ」って言われたわけじゃないので
以前の通りの保険を続けていればいいだけなのでね。

保険の見直しって、うん、
こういうところにちょこっと難しい面があるのかもしれない。
CMで言ってるほどにはそう簡単じゃないのよね~

裏口入学

出来事から
07 /05 2018
東京医科大学に20点増しで合格した文部省官僚のご子息だかお嬢様だか知らないけど
その人物はその学部にきちんと通っていたのだろうかしら。

もしもすでにそこの学生になっているとしたら
なんかねぇ、気の毒だなぁって思ってしまう。
学校、辞めざるを得ないだろうね。
自分が原因で父親が逮捕されちゃったわけだし
その子のこれからの人生が、心のあり方が、心配。

そんなわけでさ、
尾木ママは最低の行為だってものすごくプンスカしているけれど
私はそこまで憤慨できないんだ。

え、そんなのが医者になってしまったら困るのは患者だってか?

うーん、
足りない成績で入学して、その後もやっぱり周囲に追いつけないなら
当然国家試験だって通らないかもしれないし、
仮にパスできたのなら、そこそこの能力があったってことだから
それはそれでって感じかしらん。

名門出て国家試験パスしてたってろくでもない医者はいるんだと知っているとさ
実際問題は成績がすべてじゃないって感じがするんだよね。
もちろん医者として必要な明晰さは大事だけどね。

友達でね、いわゆる裏口入学した子がいるんだ。
頭のいい子なんだけど、試験になるとからっきしダメになる子でね、
親御さんがそれを知ったのは中学受験のときだったらしい。

私立に落っこちて地元の公立に行かせるのは
世間の目にさらされる娘があまりに不憫だってことで
親御さんは走り回り、頭を下げたり寄付金を上げたりして
彼女を私立の学校に押し込むことに成功した。

これがいわゆる裏口入学ってやつなんだと思うけど
彼女は普通に出来る子だから、何の問題もなく
普通にエスカレーター式に高校に行って卒業したよ。

・・・・でもね、その学校には付属の大学がなくてさ
彼女は受験しなきゃいけなくなった。
もう30年近く前の話だからね、いまみたいに無試験で
成績表だけで推薦合格は出来ない場合が普通だったんだ。
彼女ね、やっぱり試験でがちがちになって全部の学校に落ちた。

でね、今度は親御さんと彼女の通った中学高校が頑張ってくれて
ちゃんとしたお嬢さん大学に彼女は通えるようになったのよ。
で、彼女は現在、卒業した中高の管理職になって働いている。

彼女は試験ではほんとうにダメなんだけれど
明るくて活発で粘り強くて頑張る性質をしているからさ
学校からもとても愛されていたんだね。
最終学歴になったお嬢さん大学でさえも
彼女を付属校の教職にしようと待っていたって話も聞いた。

もちろん彼女は試験に落ちるたびに悔しい思いをし
結果、親や学校の力や縁故でいいところに運び込まれては
自分のふがいなさに何度も何度も涙してきたけどね
今現在、そんなことはきれいさっぱり過去のことになっていて
彼女の人生はすっきりときれいな一本線になっているよ。

裏口入学って言うと、多くはあまりいいイメージを持たないのだろうけれど
試験が出来なかったってだけで測りきれないその人の質ってものが
あるんじゃないかなぁって、思ったりするんだわ。

文部省官僚さんのやり方は確かに非常に悪どいけれども
問題のご子息だかお嬢さんだかには
どうかどうか世間に負けないで、前を向いて生きていってほしいなと
漠然と思ったりしているのであった・・・・・