自殺の原因は教師

出来事から
10 /20 2017
福井県の池田町立池田中学校で
今年3月に14歳の男の子が飛び降り自殺した件について
半年以上過ぎた今、
担任と副担任の行き過ぎた指導が急にマスコミに取り上げられ
世間一般はもとより
中高生を学校に通わせている親御さんの間では他人事ではない
大きな関心事となっている。

教員の仕事がいかにハードワークで忙しいとしても
自分の時間がまったくないという嘆きが漏れ聴こえてくるとしても
教え子を自殺に追い込むほど執拗に追求したり威嚇したり
叱責するのを納得することは難しい。

同じレベルで激しく叱責し、罵声を浴びせても、
けろりとしている子はけろりとしているだろうし、
復讐の炎を燃やし、それを誓う強い子もいるだろう。
しかし、当該少年は自殺してしまった。

この少年を自殺に追いやる原因を作ったことを
担任と副担任の二人の教師は自覚しているのだろうか。
それとも、具合良く忘れるか、
都合よく別原因をして自殺原因にし、自分を納得させているのだろうか。

むかしむかし、
私も教師が原因で自殺しようとしたことがある。
やはり中学生の頃で、副担任にかなり強烈に当たられていた時期のことだ。
副担任は私を居残らせ、あれやこれやと説教をしてきた。
中学生ながら自分の性格の悪さをねちねちと指摘されて
なんともいえぬ気持ちになった。

くどくど説教する副担任を見つめながら
生徒として言い返すことの許されない自分はどうするべきかと考えた。
私を嫌って感情的になっている相手の言葉に
私の反省が促されるはずなどない。
私はただ副担任の顔を見据えて舌を噛んだ。
舌は切れて多少の血が流れたが、噛み切ることは出来なかった。
目の前で死んでやったら、
この副担任はどれほどあわてるだろうか
上の教師からどれほど責められるだろうか、
マスコミがどれほど騒ぐだろうか、と思ってそうした。
副担任はあきれたような表情をし、
諦めたらしい言葉を最後に席を立っていった。
ちくしょう死ねなかったな、と思った。
そしてぶわっと腫れた舌が痛いな、と。

あれは教師への報復のための自殺未遂で、
だから私はいまだ生きているが、
福井の少年は追い込まれ、悩み苦しみ、
逃げ場がなくなって自殺してしまった。
教師への報復など考えてはいなかっただろう。
ただただ、つらくて、逃げたかったのだ。

きっと真面目な少年だったのだろう、
かわいそうに、かわいそうに、
そんなに苦しめ、追い込みやがって。
刃物で刺し返すような強い子には決してそこまで言わないくせに。
報復する子にはそこまで追い詰めないくせに。

どちらにせよ、
二度と取り返せない命の重さを
まだ理解していない子もいるのだ。
命を手放すことでしか、現状を打破できないと思い込む子もいるのだ。

そういうことを、教師たちはどれくらい理解しているのだろう。
それらの人間を常に相手にしている事実の重さを
どれほど感じ取っているのだろう。

教育評論家の尾木直樹氏(尾木ママ)は
深夜バスの横転事故で、大学生の教え子を何人も失った折り
「教え子を失くすことが、これほどつらいとは思わなかった」
と涙目で語った。
福井の自殺した少年の担任と副担任は
少年が自殺したそのとき、驚いただろうか、悲しかっただろうか、
それとも恐ろしかっただろうか、自己の保身を思って。

自己保身と同じくらい、
死んだ少年への悲しみと後悔をもってくれているといいが。
スポンサーサイト

最初の犠牲はどこになる

出来事から
08 /29 2017
十数年前、まだボケてなかったころの母の言葉。
「戦争中の日本みたい」
まだ北の刈り上げ肥満の父親の代だったかな、
その国の日常をテレビで見て、母親はそうつぶやいたんだ。

国民は最高指導者、権力者の肥満刈り上げの父親を
「偉大なる」を接頭語にして、むやみやたらに褒め称え、
感動して涙を拭いてみせたり
この人物のために可愛い少女たちが超高い声で歌ったり踊ったりし、
青年たちは自分たちはこの国に生まれてなんと幸せだろうか、
とか我先に言い募っていたように記憶するんだけど

その状況を画面の中に見た母は、
自分が経てきた過去の日本と同じに感じたんだろう。
あのころの日本も、世界中から非難批判されながらも
頑として自国の主張を曲げず、
ついに真珠湾に先制攻撃を仕掛けて
太平洋戦争の口火をおのずから切った。

今朝、北朝鮮が飛ばしたミサイルは「ハワイ方向」だって
朝のテレビで言っていて、
ふっと頭に浮かんじゃったよ、真珠湾のこと。

先制攻撃をされて始めて、諸国は受けて立つことになるんだろうか、
真珠湾みたいに。
もしそうだとしたら、どこかの地が、犠牲になってからなのだよね。
大きなジレンマだよ。
犠牲が出ないうちにコトが収まれば最高なのに。

ブラジャーをしない

出来事から
08 /25 2017
ブラジャーをしていない。

今日はブラジャーしないまま仕事に来ちゃってる。
だって暑いんだもん。

着ているのは白地の綿のブラウス。
夏物だから生地は薄手。

普通ならちくびがちょこりんと自己主張するけど、
私はしてないぞー
ていうか、「われがちくびなり」みたいな恰好で仕事に来たりはせんわっ!

ではブラジャーをせずにどうやってちくびの自己主張を抑えているのかと言うと
薬局で売っている「肌に優しいばんそうこう」を、問題の個所にちょいと貼っているわけよ。
(私の場合はスキナゲートメッシュ25mm幅)

う~ん、人それぞれ当該箇所の弾力や面積など性状によって
その程度のテープじゃ抑制しきれないかもしれないけどね~
私のはかわいいやつなのでおとなしくおさまっとります。

あ、でもさ土台のお山が富士山だったり槍ヶ岳だったりしたら
山頂だけ隠したって土台の揺れでエロくなりそうだから
この方法は使えないと思うな。

ていうか、立派なお山の方々はブラをはずして外出なんかしないか。
テレビの通販でもよく見るけど、夜用のブラなんかあるのね、
そんなのして眠って血液の流れを妨げたりしないのかな。
それともお山の標高が高すぎて寝返り打つたび
「山をも動く」感じの振動や衝撃が体に伝わるから
ブラでお山を確保しておくほうがいいのかしらん。

私なんか公園の砂場お山くらいだからさ
ブラなんかしてもしなくてもあんまり関係ない。
服装によって、これは胸が多少ないとおさまらん、という場合は
きちんとブラをつける必要を感じるけど
もうこの頃は出来るだけ付けない方向へ流れてる~

ヒロシですの「ヒロシ」の昔のネタでさ
「お母さんがブラジャーをしなくなりました。ヒロシです」
っていうのがあって、デヴィ夫人が大爆笑してたけど
私、モロにそこ。

ブラのない生活が楽ちんすぎて
もうあの生活に戻れる気がしない今日この頃でありました。

とうちゃんが馬鹿でだらしなくてもうやだ

出来事から
08 /23 2017
今日は、というか今朝は久々に腹が立っているので、それを書いちゃう。

今日はとうちゃんの人間ドッグの日。
去年おととしは仕事が忙しすぎて受けられなかったから今日は3年ぶりなんだよ。

人間ドッグの内容はごく普通の基本的なもので
胃透視ではなくて胃カメラにしたのが、ちょっと変化のあるところくらい。

ドッグ前日は多少の準備が必要でね
その病院の指示では夕食は午後9時までになっていたのね。
当然油脂の少ない消化のよい食事でなきゃいけなくて
そのあたりは私ほぼプロなのでばっちり準備を済ませてた。

とうちゃんは8時前に帰ってきてさ、
「暑い暑い」って350mlの缶ビール飲んじゃったんだよ。
「いけないんだよ」と言ったんだけど
「かまうもんか」みたいな感じでさ。

まぁねぁ、暑い中帰ってきて楽しみの1杯が無いのは厳しいだろうし
50過ぎたおっさんに向かって「あんたなにやってんの!」って
おっかさんみたいに本気でがみがみ言うのも
プライド傷つけるだろうからさ、しょうがないなぁと私我慢したんだ。

とうちゃんは、つまらなそうにご飯食べて
書かなきゃいけない問診評を「明日朝書く」と言い捨てた。
ほんと、健診受けたくないんだろうねぇ。
そしてとうちゃんはやけくそみたいに麦茶いっぱい飲んで
すぐ二階に上がって眠っちゃった。
とりあえず、まぁその程度で済んでよかったなと思ったよ。

朝5時ごろ、2階からガチャガチャって音が響いてきたの。
回転式の灰皿が回る音ってのはすぐにわかったからさ、
やれやれと思って二階に上がって行った。

とうちゃんはやっぱりタバコ吸ってたよ。
ドッグ当日は食事とタバコだけは厳禁だって言うのにさ。
とうちゃんねぇ、自分の父親が肺がんになってもタバコやめない男だからね
もうほとんどタバコ中毒なんだと思ってるから
これも仕方が無いんだなぁって思った。
でもとりあえず、やわらかく「タバコ厳禁なんだよ」って言っておいた。

朝、娘も起きてきてね、
この子がまた鈍感でねぇ、
何にも食べられないとうちゃんの前に
自分の食事をずらずら並べて食べてるんだわ。
私がみんなの食事を作るだけで食べないのを見て育っているからさ、
食べられない人が身近にいても気を使わないって言うのが
身についちゃっているみたい。
自分がダイエットしてるときは周囲でケンタとか食べてると
怒っていたんだけどねぇ、困ったチャンだよ。

まぁでも、同じ食卓で
とうちゃんは大人しく問診表を書き込んでた。
水だけはいいという病院の指示だったので
(私の病院だと水もいかんのだけどね~)
とうちゃんは500の水のペットボトルを持って出かけたよ。
(お水ね昨日とうちゃんのために買って来ておいたんだ)

とうちゃんは1時間半も前に出たからさ
受付の8時15分には、もう着いていて、ああよかった~なんて思ってた。
そしたらさ、そしたらだよ、
8時25分ごろ、とうちゃんの車が家に戻ってきたじゃないのさ!

信じられなかったよ、
財布忘れたって帰ってきたんだよ、
いったいどこまで行って気がついて戻ってきたんだろう。

病院の支払いは会社にくるんだからとうちゃんお金持って行かなくたっていいわけよ、
なのにわざわざ戻ってきたのよ、
人間のドッグの帰りにご飯でも食べたいのか(ドッグで食事出るのに!)
今夜パチンコにでも行きたいがために
財布取りに戻ってきたのよ。

まぁよっぽど胃カメラのみたくないんだろう、健診受けたくないんだろうとは思うよ。
でもさぁ、なんてだらしの無い、みっともない男なんだろうって思ったら、
もうあきれるやら、腹が立つやら。

酒は飲むタバコは吸う財布は忘れる、1時間以上も遅刻はする。
態度がなってないこと半端ない。

ああ、こんなとうちゃん最低、だらしないにもほどがある。
ほんと嫌い。

今日の検査のこと、とうちゃん自分から話すかな。
それとも話そうとしないかな。
とうちゃんが行ってから夜家に帰ってくるまでに
私は自分の立腹を治めて、ちゃんとご飯を作りお風呂をたいて
穏やかに待っていなきゃならない。
できるかなぁ。

出来るだろうけど、正直、出来ない女になって
思い切りとうちゃんのみっともなさとだらしのなさを罵倒してやりたい。
しないけど。

だめじゃん

出来事から
08 /04 2017
ぐんぐん育って青々とした葉にたくさんの青系の花をつけてくれた地植えの朝顔が急に枯れた。
根っこをコガネムシの幼虫にでも食われたのかと思ったけど違った。
ここしばらくの曇りと雨で、地面が乾かず、
繁りすぎた根元の茎が、腐りかけていた。

葉っぱがほとんどしおれてしまっても
つぼみだった花はいくつか開いたけれど、
葉っぱのない朝顔って、きれいに見えないの。
なんか痛々しい趣さえ加わっちゃって。

毎朝ね、朝顔の青を見ては、きれいだなぁと嬉しがっていたからさ
かなり凹んだけど、数日様子を見た末に抜いて捨てた。
もうすぐ2階のベランダまで届くところだったんだけどな。

地植えの朝顔のほうが良く育つと思い込んでいたけど
植木鉢に育っている大輪朝顔のほうが花も大きいし今も伸び続けてる。
植木鉢のほうが水はけが良かったんだね。
朝顔好きだから、来年は植木鉢で育てようっ、負けないもん!

斉藤由貴、わりと好感持っていたんだよね、
過去の不思議ちゃん時代を経て、落ち着いた大人になったんだろうなって
勝手に思ってた。
でも違ったのね~

50歳で主治医と手をつなぐ神経って、やっぱりわからない。
診察台の上とか術後とか、「良くがんばりましたね」的に
手を握ってくれる先生はわりといるけどね、
そのまんま道を歩くってないわ、ありえない。

てかさ~
1日おきに自宅で美容系の治療をしたってなんなんでしょ?
点滴もしたっていうけどさ、美容系の点滴ってなんだぁ?
静脈から美容成分入れるって、どんなの?
疲労時に栄養系点滴を行うってならわからなくもないけどさぁ。

斉藤由貴もそのお医者さんも、配偶者がいて子供もいるわけでしょ、
しかも50代なら子供だってベビーじゃないだろうから
今回のスキャンダルをあっちこっちで聞かされてるはずだよね。

不倫関係じゃないというのが嘘だろうが真実だろうが
親の異性交遊は子にとってはかなり心理的に厳しいと思うな。

まったく50過ぎてなにやってんだか。