真冬に咲く花

ガーデニング
02 /12 2018
これまでは1年のうちで2月が一番寒いのだって思っていたけど
今年の関東は先月、1月のほうが寒かったような気がする。
氷点下7度なんて生まれてこの方暮らしてきた地域では
経験してきたことなかったんだもの。

今日は朝マイナス2度だったので、寒いといってもいくらかマシだった。
昨日はもっと暖かくて、この冬初めて湯たんぽなしで眠ったよ。
暖かさにつられて、久しぶりにお庭の花たちの手入れなどをしたんだ。

見て見て、スノードロップ、いまが盛りだわよ。
DSCN0539.png

小さいけれど清楚で可愛い。
今年は球根5個で花5つが咲いたから、来年は10個に増えているかな。
増えていたらうれしいなぁ。

それとね、早々とクロッカスが花開いたの。
DSCN0540.png

クロッカスは近所のホームセンターで
まとめ売りのテキトウなのを購入したからさ
何色が咲くのか確認しなかったんだけど、とりあえずアイボリーらしき色だわね。
やっぱり小さい花でね、真冬って小さい花が多いのかもしれないね。
いやいや、氷点下7度を経験して咲くんだから、
大したものだわよ、うん。

ゼラニウムなんかは見事に葉っぱが寒さで焼けてしまって
7種類あるうちいくつが生き残ってくれるのかなぁってところなんだけど
びっくりこんですよ、なんとなんと
菊が咲いているんだわ、ひっそりこっそりとさ!!
DSCN0543.png

この子は秋初めに花屋で買った白い菊なんだけど
放置も放置、花を終えて切りっぱなしでいても
すぐすぐ伸びてくれてたからうれしい驚きを感じていたんだけれど
まさか、この真冬に葉っぱもほとんど落ちていたのに
花を咲かせていたとは、マジおどろきさ~

菊マニアによると、菊は死なないってって説もあるほど
丈夫な永久不滅的な花であるそうだ。
なんか納得してしまった。
この冬に花をつけるほどに強いこの菊、もう少し暖かくなったら
一回り大きい鉢に植え替えて、大敵アブラムシがつかないよう
大事に育ててやろうかしらと思い始めてる。うん。

ところで、嫁に行った娘が発熱したんだそうだ。
今日は仕事のはずだったんだが休んだのだって。
でも熱の様子を見ているとどうもインフルじゃないかって感じでさ
「ああ、仕事行けばよかった~」といまさら嘆いていた。
(仕事先が病院だからさ、診てもらえるもんねぇ)

結局タクシー飛ばして当番医のところに行ったらしい。
こういうとき、面倒見てやりたくてうずうずして困るけど
ここでお手伝いに参上したりするのも
娘の自立を妨げるだけだから我慢。
我慢の母であった。
スポンサーサイト

冬にもお花は咲くんだね

ガーデニング
12 /25 2017
美しいのよ、ゼラニウムの色が。

一番美しいのは葉の色がぐっと濃くなる4月ごろかもしれないけれど
この寒さの中でも驚くほど咲いてくれて
花色も葉色もとても鮮やかで美しいの。
DSCN0521.png
まだ夜明け前(といっても朝の6時すぎだけどね)に写したから
暗くってごめんなさい。

今年の春ゼラニウムをいくつか買い込んで育て始めたんだけど
ただ単に丈夫だし手間要らずだからと選んだのに
いまはとっても好きになったの、ゼラニウム。
春も夏も秋も咲くんだよ、
でも夏はあんまりきれいじゃないの、葉っぱが日に焼けてしまうからね。
それにしても氷点下3度の朝に咲いているなんて
本当に強いんだね。

そうそう、見て見て、たくさんの芽が出始めたんだよ。
左がチオノドクサ。
今年初めて植えてみたんだ。
それから右の可愛いつぼみ付きの小さな芽はね、
スノードロップス。
お正月が来た頃には開いてくれるかしら、
5センチほどの小さな白い花が咲くんだけれど
毎年増えていくというから楽しみなんだ。
DSCN0516.png DSCN0514.png

ゆりの芽も少しずつ育ってきてる。
右側の写真はサントリーのキララという苗。
今年の春に娘からひと苗もらったんだけど
今はこんなに広がって大きくなっているよ。
この子も夏よりいまのほうが元気があるかも。
DSCN0520.png DSCN0518.png

メキシカンセージも寒さに強いみたいで元気なんだわ~
DSCN0519.png

この時期って葉牡丹とパンジーとビオラくらいしか咲かないんだって
長いこと思い込んでいたけれど
実はそうでもなかったんだわね。
さすがに元気はなくなってきたけれど、
秋の花コスモス、いまだに毎日咲き続けているよ。
DSCN0522.png
コスモスの下にわやわや育っている小さな葉っぱたちは
青いネモフィラの葉っぱたち。
こんなにわやわや込み合って育つとどうなるかというと
それがね、きれいになるんだわ。
ネモフィラで有名な日立海浜公園だっていちいち間引いてはいないと思うんだ。
この家に引っ越してきた頃、ネモフィラをわやわや育ててさ
お花好きの人たちの目を引いたことがあるんだ。
これもそうなるといいな。

それからこれは、娘が朝もってきたシクラメン。
DSCN0523.png
昨夜教会の夕礼拝にいったときにもらったんだって。
娘はお花好きなくせに、それに付随する虫さんとかに
大変な拒絶反応を示すので
「私育てられません!」と言ったそうなのだけど
「ならお母さんに上げてください」っていわれたとかで
このシクラメンはうちに来たんだ。

シクラメンねぇ、育てたことないんだわ。
どう手をかけたらいいのか、これから調べようっと。

寒さの中の新芽

ガーデニング
11 /15 2017
停電で電車が動かなくなったり、暴走自動車が街中をカーチェイスしたり
横綱がビール瓶で同国出身の力士を殴ったり
それを元横綱が相撲協会にも相談せずに警察に言いに行っちゃったり、
世を騒がせた希望の何とかを立ち上げたみどりのタヌキおばさんが
あららっと代表を辞めちゃったり、
世間はいろいろあるのだけれど、今日の私はちょっとシアワセ。

だってだって、見てよ。
DSCN0458.png

脂肪分控えめ(50%オフ)のコンビーフが
1缶189円だったのよぅ!
このスーパーでの通常の売値は昨日まで450円以上だったのに
今日は特売ワゴンに入って189円!
コンビーフ売り場には同じメーカーの同じ製品がリニューアルされて
470円(外税)で並んでたわ~

それを見ちゃったらもう、
ワゴンの中にあった9個のコンビーフ缶全部買い占めちゃったもんね。
コンビーフって便利よ~
サンドイッチの具やサラダ、キャベツと煮たり、
いろいろ使い道があるからねぇ~~~~
とくにとうちゃんがコンビーフ好きだからありがたいったらもう!!

やったぜやったぜとニコニコ家に帰って来たら
お日様も少しばかり顔を出してくれててさ
昨日お習字の先生からもらった品種名不明のギボウシ苗を
庭の椿の下に植えようと思ってね
よっこらしょっと椿の木の根元にしゃがんだらさ

あ、これは・・・・・
DSCN0463.png 
5月にあしかがフラワーパークで200円で買った
オリエンタルリリーの新芽じゃないか.゚+.(・∀・)゚+.
9.png(母の日の売れ残り200円のマザーズピンク)
5月半ばにきれいなピンク色の花が咲いた後、
とりあえず椿の下に植えておけばいいやぁ、と
肥料も入れずにかなりぞんざいに、
相当な日陰に植えておいたものなので
死にはしないけれども来年の花はほとんど諦めていたのよね。

でも芽がでてくれたの!
しかも立派な新芽。
うちはいまたくさんの草花の新芽は出てきているんだけれど
やっぱり球根の新芽はがっちりしていてたのもしい。
うれしいなぁ、うれしいなぁ。

それとね、小さな球根だけどムスカリも新芽を出したのよ。
これから寒い冬が来るのに大丈夫かなぁ。
DSCN0462.png


これから寒い冬に向かう時期なのによくよく見ればまだ咲きそうなのが
ミニハイビスカス。
ほら、つぼみがついているの。
DSCN0459.png

秋になってお花屋さんで白い菊の花が咲く鉢を買って
きれいに咲いてくれてね、
その後寒さに葉がしおれてしまって、それを切ってみたら
あら? 小さい菊のつぼみがいっぱいあったの。
葉っぱの大きさも花の大きさも全然違うし
小さな菊はいまくらいの寒さには強そう。
どうやら白い菊が接ぎ木されていた台木が育ち始めているみたい。
台にされているくらいだから、きっと頑丈で生命力の強い
野菊系なんだろうね。
DSCN0460.png
この台芽ちょっと育ててみたい気になったよ。

うふふ~シアワセ

秋のガーデニング作業ひと段落

ガーデニング
11 /06 2017
うほほ~い、やっと秋のガーデニング作業が一段落したよ~

これまでちょこちょこといじってはいたんだけど
ようやくひと段落かな。

DSCN0446-c.jpg DSCN0445-c.png
これは家の東側の細長い通路なんだけど、
ここには春まで花壇があったんだ。
雨水排水の問題もあって花壇をつぶしたので植木鉢を並べてみた。
左からネモフィラの発芽、ビオラ2株、クレマチス(赤)
クレマチス(白)そしてまたビオラ2株。
白いクレマチスは上手く育っているんだけど、
赤いほうはなんかよくない、
春まで生きててくれるかどうかって感じ。

夏にも良く咲いてくれてたゼラニウムたちは、
寒さに当たって色を美しく冴えさせてきた。
夏場って葉っぱが焼けて色がきれいじゃなかったもんね。
DSCN0452-c.png DSCN0448-c.png 
DSCN0449-c.png DSCN0451-c.png

椿の木を落葉樹並みに剪定してやったので
木の下に日差しがよく入るようになったんだ。
木にはつぼみもいっぱいついてたけどほぼ切り取っちゃった。
だって開花後の落花掃除、毎日大変なんだもの。
お日様が入るって事は半日陰になったわけでさ
植えられる植物もふえてうれしいの~
(繁った椿の木の下って完全日陰だからね、
元気に育つ植物ってあんまりないのよ)

で、日向に植えるべきメキシカンセージを植えてみた~
DSCN0453-c.png
11月いっぱい咲いてくれれば十分なの。
椿が裸になってる分、足元に背の高い植物が紫の花を咲かせてて
案外素敵に見えるのよ~
椿の足元にはほか、
スノードロップとチオノドクサ、クロッカスの球根も植えました。
チオノドクサとクロッカスは混植にしたの。
どんな感じに咲いてくれるか今から楽しみ。
ムスカリも鉢植えにしたよ。
それからね、春用ミックス種をちょこちょこと撒いたんだ。
10種類くらいいろいろな小さな種が入っているもので
何がどんな風に咲くか。これも楽しみ。
ガーデニングが出来るって幸せよ~

後は冬にバラを強剪定してしまえば今年のガーデニングも終わり。
この強剪定時に土や肥料を加えるんだけど
今年は黒オスの遺骨を砕いて混ぜ込むという仕事もあるんだ。
黒オスは骨太だったので遺骨がでかくって
砕くのが大変そうだ~

え、よくそんなことできるなって?
できますぜ、私は。
やがて朽ちてゆく骨を樹葬にするのとおんなじです。

ところでさ、座間のあの事件をテレビで知ったときに
そのインパクトにがーんと来たと同時に
「吉良吉影みたい」と思った人と
「クリミナルマインドみたい」と思った人がいるんだけど、
私は当然クリマイだったよ。

たくさんのホラーサスペンス映画を見たり、
たくさんの猟奇犯罪系推理小説を読んできたある人が
それでもこの事件の闇はそう簡単に解けないのじゃないかって言ってた。

あの手の事件に納得のいく理由が常に求められるとは
思えないんだけどね、私なんかは。
(だってクリミナルマインドのファンだもの)

ミミズがほしい

ガーデニング
09 /25 2017
もと犬庭の椿の木の下、
犬がいた頃にはレンガと石を敷き詰めてあったところ、
この夏いろいろな花苗を植えてみたけれど
全滅してしまった。

あろうことか、きわめて強健なオシロイバナでさえも
枯れはしなかったものの
30センチも育たずつぼみのひとつもつけなかった。

土さえあれば生きていると思ってポーチュラカの苗も植えたが
この子も全然花をつけず、
引っこ抜いたらまったく根を伸ばしていなかった。

十何年もレンガを敷き詰めて土を堅く堅く締めてしまったのかもしれない。
しかもときどき庭に出た犬たちがしゃあしゃあオシッコかけていたから
雑菌も病原菌もさぞや育っているのだろう。

この土を良くする為には年月が掛かりそうなので
本当なら全部入れ替えるのがいいと思うけれど
取り除いた病んだ土を捨てられる場所もないしね~
のんびりのんびり土を元気にして行こうかなぁと思ってるんだ。

でね、この前少し耕したんだわ。
そしたらね、見つけたの、1匹のミミズを!!!!
フトミミズ! 土を耕し良くしてくれるフトミミズなのよ!!!

でね、気がついた。
ミミズ増やそう!!
ミミズに土を良くして貰えばいいじゃないかっ!

実はね、5年前に作った小さい花壇があってね
ミミズが10匹くらい棲んでてさ
土も豊かでね、ゴーヤとかトマトとかすばらしく育ってくれてたんだ。
意識してミミズを増やしてたわけじゃないから
何にも知らなくて、ある日土を酸性から中性にしようと
苦土石灰をばさばさ撒いちゃったんだよ。

そ、そしたらさ、
ミミズが窒息して
絶滅したんだぁああああああ(涙


私ってほんと馬鹿、どうしようもない馬鹿。
せっかくの上等なミミズを!!!!
おかげで土の性質も一気に落ちてさ、この夏は朝顔も病気でやられたし
その後植えた苗たちもろくに根が伸びないんだよぅ・・・

最初ミミズを買おうと思ったんだわ。
そしたらね、1000匹とかなんだよ売ってる数が。
いくらなんでも1000匹のミミズはいらないじゃないさ
ミミズコンポスト作れる土地なんかないし
撒ける畑もないんだからさ~~~~~

というわけでミミズを増やす方法を調べたんだ。
腐葉土とかを土に混ぜ込んでおくと自然と増えるっていうんだ。
腐葉土の中にミミズの元は多分入ってるんだってwww
で、その後はあまりかき混ぜたり耕したりしないほうがいいらしい。
混ぜるうちにミミズが切れて死んじゃうんだってさ。

関東はそろそろ秋がしっかり来てくれるらしいから
お庭いじりもそろそろ始めるんだけど
最初の仕事は腐葉土混ぜ込みだな、きっと。