暑すぎて朝顔が心配

ガーデニング
07 /17 2018
今年も朝顔を育てているんだ。
曜白という種類の、花に白い縁取りが入る品種。
やや小さめの花なんだって。
大きいのがほしかったのでちょびっと残念だけど
たくさん咲いてくれればそれでいいや。

7171.png
   朝顔のほか、こんなのも育ててる。
ミニひまわりも蒔いたけどひとつしか残ってくれなかったなぁ。
空いた場所にマリーゴールド。紫色の花は紫紺ノボタン。赤と白はサフィニア


朝顔ね、地面にまいた種は本葉が出たあたりで
コガネムシの幼虫に根っこを食われて全滅しちゃった。
怒りがこみ上げて思い切りオルトラン顆粒まいてやった。
そしたらコガネムシの幼虫が上がってきて死んだけど
大切なミミズまで上がってきて死んでしまった・・・・・
この花壇は以前石灰まきすぎてミミズを死なせちゃったのに
またやっちゃったよ・・・・
コガネムシのバカ!
お前大人になると綺麗だけど子供時代は気持ち悪いだけじゃないかっ!

7175.png
   クレマチス。新枝咲きのダッチェスオブアルバニー。
枝が伸びる伸びる、どこまで伸びるんだって感じだったけど伸びた先にいくつも小さい赤い花をつけるのね


でもさ、植木鉢にまいた朝顔の種は元気にすくすく育っているよ
植木鉢はふたつで
ひとつは庭の東側に置いてあって
朝日が気持ちよくあたり、夕方にはきつい西日が差し込む場所に、
もうひとつは完全に南、フェンスにまきつけて育てていた。

南側のほうがよく育つかなぁと思っていたし
実際芽が出て育ち始めた頃は南側の完全勝利くらいに
生育が良かったんだ。

7173.png
   アメリカンブルーは大好きだから今年も育ててる。
椿の木の枝に引っ掛けて吊るして、ちょうど良い日陰


ところがところがさ、
この過酷に過ぎる暑さで
南側においてある朝顔の生育がどんどん弱まってきたの。
つき始めたつぼみが、全然成長しなくなっちゃったんだよ。
だって毎日毎日、朝の8時には葉っぱがぐったり垂れて
それが夜の7時近くまで続くんだもの、
そんなのが続いていたら夏の花だってくたびれるよねぇ。
(ゴーヤやへちまならちっともこたえないだろうけど)

2日や3日35度くらいなら朝顔も頑張れると思うのだけど
もう1週間以上こんな日が続いているし
今日は38度だって言うもんね、朝顔死んじゃうかもしれない。

7174.png
   暑さに非常に強い安心群たちね。
ニチニチソウは大きくなる品種、ペンタスも丈高いパニックタワーという品種なんだけど大きくなってくれないよ。
左後ろの花はアンゲロニアだって。かわいいのに名前がちっとね
   

東側の朝顔は昼間には日陰になるからか
一日中わりと元気なんだよ、
葉っぱが垂れちゃうこともないんだよ。
フェンスにまきついている南側の朝顔のつるを丁寧に外して
あんどんつくりにして
東側に移動させようかなって思っているんだけど
そうなると1箇所だけになっちゃってつまらないんだよなぁ・・・・

7176.png
   これもクレマチス、旧枝咲きのダッチェスオブエジンバラ。
春にいくつか咲いたのに、まさかもう一度咲いてくれるとは。春より小ぶりな花が咲いた


広いお庭のある家がうらやましい。
でもそういう文句を言っちゃいけないんだよね。
制約のある場所で、いかに美しく咲かせるかってのが大事なんだもんね。
(なんか人生っぽいわ~)
スポンサーサイト

季節は薔薇、なにがなんでも

ガーデニング
05 /13 2018
なにせ薔薇だわよ、うん、今年は10日くらい早く満開になったんだわよ。
あのね、あのね以前から憧れてはいたのだけど
今年は5月4日のGWに初めて「京成バラ園」に行ったのだわ!
なぜに「京成バラ園」かというとね、
なんといってもミスターローズ、世界にその名を馳せた鈴木省三が
初代研究所所長なんだもの、東日本のバラ園のなかでは
頭一つも二つも抜きん出ているバラ園なのだもの!!!

で、5月4日に行ったときは三分咲きだったのね、こんな感じ。
DSCN0626.png

3部咲きっていうのはね、華やかなハイブリットの大輪とかが
「どうよ!、このアタシを見なさいよ!」って堂々と開いて
若く可愛いつぼみもついている、
まだ1枚たりとも花びらが落ちていない状態でね、
なんとも若やいですがすがしい感じなんだわよ。

それでもさ、私1歩園内に入ったとたんにそのレベルの高さに
衝撃すら受けてさ、これまで観にいったすべてのバラ園に謝りました。
「ごめんなさい、あなた達は1番じゃない!
だってあなた達は絶対にここには勝てない!!」

いや、美しいのなんのって。
ほかのバラ園に比較すると背の高い薔薇も多くてさ
もう人が埋もれる感じなのよ。
それにさ京成バラ園作出の薔薇は薫り高いものが多いから
バラ園に入ったとたんに香る香る!!!

花の本数とか種類とかもさることながら
すでに50年を超えたつる薔薇のアーチとかあるんですもの、
もはやハンパなレベルじゃないんだわさ。
そしてさ、一番すごいなと感じたのがさ
むかしの電信柱のような丸太にさ
つる薔薇を絡み付けて作ってあるオベリスクのすばらしさだわね。
よくある金属のオベリスクや柵なんか使ってないのよ、
ただの丸太につる薔薇巻きつけてあるの。
アレは手間がかかるわ、熟練者が複数でやらないと
鞭のようにはねる棘だらけのつる薔薇を扱うのは
想像以上に大変だと思うんだわよ。

で~、満開の昨日もう一度行ってみたんだわ。
朝6時に開園だったのにもう駐車場が満車だった、
そうよね、薔薇ファンは見ないわけには行かないわよ!!
全体像が写せたらいいのに写真がヘタでごめんなさい。
これは園のごくごく一部なんだけど。
DSCN0665.png
なんかもうね、おとぎ話や絵本の世界だった。
薔薇はやっぱりすごい、凄まじい。
京成バラ園万歳、あなたは最高です、私の恋焦がれる場所です、常に。

で、我慢できずにバラ園の苗売り場で新苗買って来てしまったよ。
ほんとうはね、アンジェラやうらら、というつる薔薇が欲しかったけどね
(たくさんの品種を見たのに、結局そんなメジャーなものが好きな自分が
ちょっと恥ずかしいかもです)
つる薔薇を数年育ててその大変さを知っている身としては
到底耐えるしかないって頑張って耐えたぞ。
それとね、マッカートニーローズも好きだから欲しかった。
巻きが甘くて優しい花色をした背の高い薔薇なんだけども
あんな2メートルを超えるような品種は梯子なしには育てること出来ないし
まずそんな広い庭がないんだっ(涙)

でもミニ薔薇じゃつまらないんだよ。
ミニ薔薇は薔薇という名の草花じゃないかと私思っているくらいだもの。
ということで、ドリフトローズのアプリコットを買いました。
初心者向き、強くて丈夫で、小ぶりで、夏に強く、寒さに強く、
剪定もらくちんという便利な薔薇で、しかも安い・・・
DSCN0670.png
育て育て、と楽しみで、高い薔薇専用土を使って丁寧に植木鉢に植えたのでありました。

薔薇のほかにもとにかく花いっぱいの季節で、
うちのコンテナガーデンはいまこんな感じ。
DSCN0671.png DSCN0673.pngDSCN0672.png
えと、一鉢のあじさい、ダンスパーティの鉢は
今日娘が母の日にくれたものであります。
ピンクと青がひと鉢に植えてあるので、来年は鉢が二つになっていると思う・・・・
(ってあじさいって意外に難しいんだよねぇ、できるかな)

それと去年、あしかがフラワーパークで
母の日用のユリ鉢が母の日を過ぎてわずか200円になってたのが
地植えにしたらちゃんと咲いてくれたよ。
DSCN0675.png
マザーズピンクというの。
決していい土に植えてないんだけど、ユリは強いなぁ。

え~と、それからクレマチス、白いのが咲いてる。
名前のわりに地味だから、
来年はこの3倍くらい咲いてくれないとつまらんかも。
(ダッチェス・オブ・エディンバラ)
DSCN0676.png

それと門脇の植え込みには
ぎゅうづめのワイルドガーデンが出来てしまった・・・
DSCN0677.png

すいません、自己満足の記事でありました。ほほほ、シアワセ。

デブの肉弾戦の話を少し、それからお花

ガーデニング
04 /13 2018
あのさぁ、またスモウの話するのが悔しいんだけどさぁ、
ちびっ子相撲にも女の子は土俵にのっちゃダメだってさぁ~

もうあの世界のことはどーでもいいんだけどもさぁ、
地方巡業で女の子が土俵にあがれない現実をさ、
その巡業先の同世代の小学生あたりのガキがさぁ
どんな風に感じ、どんな風に表現するかが気になるんだよねぇ。

自分は男だから土俵に上がれたけど
女は上がれないんだ・・・・・というのを単純に考えるとさ
「お前ら女はだめなんだぜ~」
と、昭和の時代にも存在した「男のほうが偉いんだ」的な
男尊女卑的思考を植えつけかねないのじゃなかろうかと
心配でならんのだわさ。

まぁ、これからの女子は、男尊女卑オトコなんか
「はぁ? あんたジイサン?」と足蹴にし
見下してやるだろうから、
そんなオトコは自ら身の破滅を招くだけなんだけどね♪

と、これからの女子の「はぁ? 何様?」の破壊力に期待して
デブの肉弾戦競技の話はやめて、
今日咲いているうちのお花たちのお写真見てちょ~
4131.png 4135.png
ご存知ネモフィラと娘の結婚前に彼氏だった娘のダンナがくれた宿根ネメシア。
ネモフィラは毎年ゴールデンウィークあたりに咲くらしいね。

4139.png 4132.png
これも娘たちがくれたサントリーのキララだけど2年目は枝分かれして
なんか別の花になっちゃったよ。
それとミックス種で最初に咲いたアリッサム。

4136.png  4133.png
この白いのはミックス種に入っていたんだけどよくわからないんだ、
宿根ネメシアっぽいよねぇ。
右側は姫キンギョソウとも言われるリナリア。
ミックス種に入っていて初めて見たけど
リナリアは咲いていく姿がとてもかわいいの。

4134.png 4137.png
これもミックス種から。
ファセリアカンパニュラって言う濃紺の花、美しいわ~
オレンジ色はケイランサス。
まだ咲いている途中で花少ないんだけど完全に咲くと丸くなるの。

4138.png 41311.png
今年のガチャチューリップの最後に咲いたうちの1本。
ゆり咲きがほしかったなぁ~
そしてこの美しい葉色の植物はホスタ、いわゆるギボウシね。
ギボウシってもともと日本の植物なんだけど
海外で大変な数の品種が作出されたのだって。
とにかく丈夫でね、日陰でも育つのだそうよ。
これはお習字の先生にもらったので名前はわからないんだけど
葉っぱが美しくてときめく~~♪

41312.png 41313.png
これは去年の秋に植えたビオラが最盛期になっている状態。
2株ずつ植えたんだけど多かったなぁ・・・・

写真ばっかりで重たくてごめんねぇ
これからは草花が一番多くなる季節だからさ
私うれしくって。

球根ガチャが地味色だった・・・・

ガーデニング
03 /31 2018
幸手の権現堂堤もソメイヨシノが満開
でも、千本桜がずらっと取り囲む菜の花が、
今年はなんだか満開じゃないのよ、早すぎるんだわね。
あるいは暖かすぎて終わっちゃったかな?

いえね、昨日は夜桜見物だったので
堤に並んだ提灯の光は菜の花畑までは届かないものだから
菜の花のほうはいっしょうけんめい見なかったんだ。
だから枯れたのか早いのかわかんない。

夜桜のライトアップって
よくテレビに出てくるみたいに、下からスポットライトを当てて
夜にその姿を浮かび上がらせるアレかと思うでしょ?
でも違った。
権現堂では夏のお縁日で見られるぞろり提灯が
堤にずらりと並んでいるだけなんだよね。

なんともいえない風情はあったよ、
にぎやかな露店の明るい光とぞろり提灯の紅色に
冬服でいいんじゃないかという夜の寒さも興を添えてた。
でもさ~、昼には香る桜が夜ってそんなに香ってこない
というか焼きそばやたこ焼きのソースの香りしか
漂ってこないんだものなぁ、ダハハ・・・・

と~ころで~
うちのチューリップもいっぱい咲いた~
DSCN0588.png

昼間の光で色がはっきりしないので
2日前のだけど朝撮ったものを見るとだねぇ
DSCN0585.png 
だいたいこんな、ぼんやりした色のものが咲いたというわけで。
これさ~、国華園の球根ガチャで買ったのだけど
鮮やかな色味が一本も入っていなかったので
きれいだけれども、ちょっぴり残念だったかも。

まぁ八重咲きと変わり咲きはきちんと混じっていたのだけど
やや地味な色味だわよね。
でも、同じプランターに植えたネモフィラにはよく似合う色ではあるかも。
とにかく自分では選ばない組み合わせだから、新鮮っちゃ新鮮か。

猫に「んこ」されたネモフィラの鉢も
予想以上にもじゃもじゃ育ち、ほぼ立ち上がれない混み具合。
DSCN0590.png

春も盛りとなった感じで、花粉は猛烈だというのに
うちのあたりは終わっちゃったのかな
目のかゆみや鼻水、少しは治まってきた感じがする。
日光街道沿いに暮らしているので日光の杉からも飛んでくると思うんだけど。

「西郷どん」の鈴木亮平が
すごくかっこいい男に見え始めた今日のブログもお花の話でありました。
(再放送を見ながら書いたのだった)

クレマチス大好き

ガーデニング
03 /24 2018
犬と草花については語るのよ~、
今日はクレマチスについて語っちゃうもんね~~

クレマチスって好きなのよ。
好き、というか憧れがあるのね。
クレマチスのすばらしいのって、見たことあります?
私は埼玉に来て、生まれて初めてクレマチスを見たのよ、
普通のおうちの庭に濃い紫色の大輪がバーンと咲いていたのよね。
衝撃受けたわ~~~

あんなインパクトのある花が存在するのかって思ったくらい。
その頃私はガーデニングを始めたばかりでね、
いろいろな花を生まれて初めて知った時期なのだけれど
クレマチスってダントツ魅力的だった。

でね、早速苗を買ってきて植えたんだ。
ドクターラッペルとHFヤング。
1年生の苗は地面に付かないって聞いていたけど
赤いドクターラッペルは生き残って、
十年以上毎年美しく咲いてくれたんだ。
この写真は7年ほど前のもので、かなり弱体化して色も抜けてきてるね。
終りのクレマチス
この子を抜き取ったのは何年前だったかな、そんなに前じゃないと思うんだけど、
とっても寂しく感じたのを覚えているよ。

だからね、さっきスーパーの店先に立派なクレマチスの行灯咲きをみつけたときは
迷わず買ってしまった。
1300円なり~
今の時期はちょうどクレマチスの苗が売り出されているんだけど
ホームセンターだとすぐに土に植えられる2年生クレマチスの苗が
同じくらいで値段で売っているから、お得な気もしたの。
ラッペルもあったけど今回はHFヤングにしてみたんだ。

で、買って来た立派な行灯つくりのクレマチスをね
帰ってすぐにほどいたのよ。
行灯咲きもいいのだけど、クレマチスはやっぱり
フェンスに絡ませたいからさ。
・・・・・で、つくづく感心しちゃった。
花いっぱいの立派な行灯つくりのクレマチスがね、
わずか1本の苗から作られていたの。
絶対に手仕事以外には作れないであろうクレマチスの行灯仕立て、
ま~ずレベル高いわ、農家の方々の技術って半端ないと思った。
私には到底無理だわな。

で、ほどいてどうにかフェンスにからませてはみたんだけど
うむ・・・・元気がない。
クレマチス・ヤング

実はね、立派な花がたくさんついているから2年苗だとばかり思っていたのよ。
でも、一回り大きな鉢に植え替えたところ
根がまだまだ細くて、それほどまわっていないの。
どうもこれ根伏せや挿し木で増やしたものを
行灯に仕立ててあったんじゃないかな。

まぁとにかく無事にフェンスに絡ませたので
早く落ち着いて元気になってほしいものであります。
ちなみにヤングのとなりには
去年購入していっぺんも咲いてくれなかった
ダッチェス・オブ・アルバニーが新芽を伸ばしてくれているよ。
そのとなりには去年南側の庭に置いて日差しに負けて枯れた
ダッチェス・オブ・エジンバラも、
旧枝の1本が節々に芽を伸ばし始めてて
新たに新芽も根元から2本出てきているところ。
3つともきれいに咲いて育ってほしいなぁ、
クレマチス大好きなんだもん。

それからそれからね、ネモフィラが咲いたよ!
まだふたつだけだけどね、どんどん咲いてくれるはず。
DSCN0575.png

チオノドクサも満開。
しろっぽく写ってるけど薄い青いろ。
想像したより地味な花だったなぁ。
チオノドクサの足元のクロッカスの青のほうがきれい。
DSCN0576.png

ムスカリはミックスを買ったのでいろんなタイプのムスカリが咲いてる。
バレリーナのチュチュみたいなムスカリがいいな。
DSCN0578.png

ええとこの集団新芽は、ホスタ。
お習字の先生にもらった苗を真冬に植えたの。
育ってみればただの葉っぱだとは思うんだけど、
一応ホスタ、いわゆるギボウシってひとつほしかったんだよね。
強いとは聞いていたけど、どうも異様にたくましそうで、楽しみなんだ~
DSCN0577.png

好きなことだけ思い切り語らせてくれてありがとう!!