今年もグリーンカーテン計画中

ガーデニング
05 /18 2012
東京が27度にもなった16日、強く思った。

「今だ! ゴーヤの苗の植え付けは今だっ!」

その3日前の母の日には、
花屋に大量に在庫余りしていたかに見えたゴーヤの苗が
3日後16日の午後2時過ぎには花屋の店先から完全に消えていた。

ああ、誰しも考えることは同じかっ!

仕方がないので、きゅうりやトマト、バジルの苗と並んで置かれていた
へちまの苗を2ポット買った。

ゴーヤの苗はまた来ますかねと尋ねると
あらもうなくなってますか、と店員は言って
「はい、今度は98円が来ますね」と答えた。
ついでに
「今日までは50円だったんですけどね、次は98円なんですよ」と、
一足遅かった悔しさを上塗りしてくれた。

ちょっと歩いて国道沿いのホームセンターに行けば
間違いなくゴーヤの苗は入手できるだろうが
家の近所の花屋が50円で売っている苗と、素人にはそうわからないレベルのものが
298円で売っているのだから、質素倹約を旨とする一主婦である私は
買いたい心をぐっと抑えたのであった。

ゴーヤの苗が飛ぶように売れている理由は、
夏のスタミナ源だから・・・・ではなくて
もちろん、節電のためのグリーンカーテン作りのためである。

去年実際やってみたが、グリーンカーテンは確かに気温を下げる効果がある。
さらに朝顔などと一緒に育てると、とても美しく
目にも心に非常によかった。

ただ、ゴーヤが大量に収穫されるために、多くの家庭が消費に困り
ゴーヤ配りがそこらじゅうで散見され、
「(ゴーヤ嫌いですから)結構です」と言えずに(ゴーヤだけに)苦り切っているお宅も
あった模様である。

ちなみに私も、ご主人が単身赴任されている家庭と知らず、
特大ゴーヤを3本もお子さんと二人で暮らすご家庭に
さし上げてしまった失敗がある。

収穫

これは去年の7月ごろの収穫、8月は毎日もっと獲れた・・・・そりゃ困るよね


と、いうわけで今年はゴーヤ苗を二つしか買わない予定である。
もちろんゴーヤ苗ふたつではちゃんとしたグリーンカーテンにならないので
そこをへちまに頼るつもりだ。
へちまは食べられるそうだが、その予定はなく
大きく育てばへちまたわしにする。
弦をちょん切って、へちま水などを取るのも楽しいかもしれない。

さらに美観の問題から朝顔ももちろん育ててからませる。
虫の付きやすい朝顔であっても
ゴーヤの近くに植えると、あまり虫がつかないようだ。
もちろん夏の終わりにはきっちりぶっとい青虫が朝顔にはついているが
ゴーヤの苦さを虫が嫌うのか真夏は青虫も来ない。
(ま、去年は見なかったな、真夏は)

朝顔

これは去年の朝顔、種から育てた、この子たちの種をことしも撒くぞ


へちまもゴーヤもウリ科であるから連作を嫌う。
なのでプランター土は全部新しく購入せねばならない。
(去年の土を混ぜ込むわけにはいかない)
さらにゴーヤもへちまも野菜なので痩せた土ではあまり育ってくれない。
地植えならまだしも、プランターとなれば、
きちんと肥料の入った土でないと、実が大きくならない。
さらに根が大いに張るのでプランターの大きさも深さも必要である。
近所の家が、子供の小学校理科用の植木鉢にゴーヤ苗を植えて
ネットを張ってカーテン作りを試みていたが
ひと夏終えても、弦が数本巻きついているだけの姿にしかなっておらず
人心にもののあはれを催させた。

と、いうことで私は野菜用の45リットルプランターをふたつと
10リットルの深型植木鉢を数個用意している。
25リットル×2個1400円と言う格安の野菜用土をネットで見つけたので
二口注文しているのだが(計100リットル)届くのは1週間も先らしい。

1週間の間に98円のゴーヤ苗が、花屋の店先に出てくることを願っているのだが
もしも土の方が先に届いて、ゴーヤ苗が売り出されていなかった場合は
努力型節約主婦の私もホームセンターに走ってしまうかもしれない。

ガーデニングと言うのはふと無性にやりたくなることがあるのだが
今の私はその時期だと思われる。
すでに100円ショップでガーデニング用ネットは複数個しっかりと購入した。
(去年は100円だったのに今年は158円に値上がりしていた。ダイソーめ)

かように「ガーデニングやりたい病」にかかっているため
待ち切れずに今日は地植えをしてみた。
去年植えて大いに育った風船かずらの種がたくさんあるのだ。

風船かずら

去年の風船、今年はこの窓には朝顔の予定


風船かずらは土質を選ばないとのことで、乱暴にチューリップの跡地に撒いた。
少しだけ気が済んだ。
早く芽を出してどんどん伸びてほしいものだ。

今年も気持ちのいいカーテンをつくるぞぅ

グリーンカーテン



スポンサーサイト