義母が入院し夫がしょげ返る

出来事から
04 /14 2013
三日ほど前、義母がすってんころりんと転んだ。
腰のあまりの痛みに医者に行って診てもらい、骨は折れていないと言われ
薬を飲んで眠っていたら、少しは痛みが取れたらしい。

しかし夜中に痛み止めが切れたら、痛くて痛くてもうなにも出来ない。
寝返りはもちろん、起き上がること、座ること、歩くことなどもちろんできない。
そして結局昨日、義母は入院した。

「一人でトイレもいけない、パンツも上げられないんだから
入院してもらった方が助かる」
と義父は言った。
実際その通りだろう。

義母は73歳。
2年ほど前にも自転車で転んで膝をやったが、足を引き引きしていたものの、
貼り薬で何とかごまかして、いつしか落ち着いてしまったことがあった。
しかし腰はさすがに難しかろう。
それに70代を超えると1年違うだけでずいぶん体の状況も変わってくるという。

ここ数年間、義父は癌手術を2回やり、入院もたびたびあって、
長男である私の夫は、義父の抜けた会社の仕事を
ずいぶん頑張ってやり抜いてくれたものだが、
今回の義母の入院に関しては、どうも義父の時と雰囲気が違う。

夫はなんだか元気がないのだ。
しゅんとしているのだ。
癌による義父の入院の見舞いに行くのも面倒くさがった夫が、
昨日入院したばかりの義母のところに「行かなくちゃ」と自ら言葉にしたのだ。

ああ、男の子はやっぱり「お母さん」が大事で大切なのだ。
日頃、義母のことを平然とバカ扱いし、
義母の作った食事を残し、食器が洗いきれていないから不潔だ、などと抜かしている夫が、
今日いそいそと義母の入院した病院へ車を飛ばしている。
朝にテレビで見た「長崎のびわ」を買っていってやろう、などと
殊勝なお見舞い品まで持って行く算段までつけて。

息子と母親の密接な関係というものを、私は実際の身近に知らずに来たが
しょげ返る夫を見ていたら、
「ああ、まちがいない、彼は母親に対してはある部分が子供のままなのだ」
と思った。

小さな赤ちゃんのころ、おっぱいをくれ、
うんちおしっこの世話をしてくれ、おんぶしてくれ、だっこしてくれ、
子守唄を歌ってくれ、手をつないで歩き、泣いたら助け起こしてくれた人。
そうだ、義母はおっぱい時代からずっと、
もう50年も夫の食事や世話を焼き続けた人なのだ。

義母は夫にとって自然な存在、あって当たり前の存在なのだ。
だから義母が老い、その体が弱くなっていくのは、どうにも受け入れたくないし、
受け入れられないのだ。
それはもう理屈ではないのだろう。

しょげ返る50がらみの男、つまり夫を見て、私はなにを思ったか。
ただひとことだ「コイツしょうがねぇなぁ」。

決して言いたい言葉ではなかったけれど、
こういうしか、彼が安堵しないだろうと思って、私は言った。
「出来ることは私もやるからさ、一緒に頑張ろうね」

夫は小さくうなずいた。
そして少し間を置いて、笑ってビールを飲んでいた。

私の父が倒れたときも、母のことで苦しんでいるときも
なに一つ手伝ってくれなかったくせに、という恨みの言葉は喉もとで止めた。

思い出せば腹も立つが、過ぎたことはもういいし、これもしょうがない。
しょうがないことは言ったってしょうがない。

確かなことは事実のみ。
人はみんな老いるのだ。
いずれ私も、夫も。

だから助けよう、出来ることしか出来ないが。
スポンサーサイト