トランプさんと黙示録

いろいろ感じたこと
01 /13 2017
トランプさんがアメリカの大統領になるのも もう数日。
ここまで感情的な発言を垂れ流し
哲学なしに自国の利益追求だけを求める人が大国の大統領になることが
現実の今の世に起こるとは想像もしなかったな。

過去のヨーロッパも日本も
かつては自国の利益だけを求めて周辺の国々を弾圧したり支配したり
戦争を起こしたりしたけれど
厳しい経験から成熟した国々はそれら過去の教訓に学んで
いまは互いの平和と安定をこそ求め続けているんだと
私は勝手に思い込んでいたのかもしれないね。

自分の国さえよければ
ほかの国々なんか知ったこっちゃないというトランプさん
アメリカが不調なのは全部ほかの国々のせい
押し寄せる他の国々の不法な移民たちのせいだと
堂々と言ってのけるトランプさんは
むかしむかしの時代に君臨した権力者たちみたいじゃない?

あの人が大統領選に勝ったときに
悲しみ絶望していた米国人たちをテレビで見たけれど
私も今、払拭しがたい嫌な空気を感じて仕方がないよ。

それぞれの国がみな他国の苦しみや貧しさを顧みずに
自国の利益だけを求めるなら
世界中は瞬く間に死体と血と涙で溢れてしまう。

トランプさんを見ていると黙示録を思っちゃうキリスト者って
意外と多いんじゃないかな。
さすがに黙示録にある666の刻印を持ってるなんて思ってないけどさ。
(オーメンで有名になったよね)

教会の本棚にあったんだけど
牧師の奥さんに「これ間違ったことが書かれてるから」って仕舞われてしまった小説があってね
黙示録が現実に起こってる世界を描いた小説なんだけども
そこにね~、トランプさんみたいな権力者で好戦的なのが描かれているんだわよ~
私はそれを単純に面白がって読んじゃって、
牧師夫人になかみを語っちゃったから片づけられちゃったんだけどさ、
やっぱ読まなきゃよかったのかもしれないね、
トランプさんがそれに見えちゃって困る。

そうねぇ黙示録風に言うと
勝利の上に勝利を求めるトランプ氏はいま白い馬に乗ろうとして、
あるいはすでに乗っているのかもしれないね。

そこに赤い馬に乗った剣を握った騎士が現われてくる。
それって戦争を起こす者なんだってさ。

その次には天秤を持った騎士が乗った黒い馬が駈け出してくるんだって。
これは飢饉が全世界に起こるってことらしい。

そして死をもたらす青白い馬(蒼ざめた馬)がついに走り始めるんだな・・・・

う~、近未来の終末期をおっかなく描く漫画みたいだけど
なんかね~、トランプさん見るたびにね、不安になっちゃうんだよ。

冗談半分にアベさんに潰瘍性大腸炎の再発を願うレベルじゃない気がする。
マジ、ほんとヤバイ。
これがアホの杞憂だといいなぁ。
スポンサーサイト

総天然色の悪夢

こころ
01 /15 2017
埼玉だって意外と寒い。
データ放送でみるとうちの町は今夜は零時から氷点下になり、
あす昼前まで氷点下が続くのだそうで、ブルブルブル・・・・

総天然色の夢を見たとウロさんが書いていたから
私も思い出した。
前回入院の1度目の手術の夜ね、
夢と現(うつつ)をさまよいながら
悪夢をいっぱいいっぱい見たのだけれど、
その中のひとつがすばらしく綺麗な総天然色だったんだよ~

そこはスケートリンクでね、周囲には色とりどりの花がたくさん咲いてたの。
わぁ綺麗って感動しながら、すいすい滑ってるとね、
なんだかそれはどうも競技みたいでさ、
たくさんの人が同じ方向にすいすい滑っていくんだけど
そのなかの1人の女性が三日月のように反り返ったの大きな刀をぶんぶん振り回して
楽しそうにずんずん滑って近づいてくるのよ。
彼女の刀は周りの人間をじゃんじゃん切り殺していくんだ。
血がぱあっと白い氷の上に広がってね
赤い花が咲いたみたいに綺麗なの。

でもさ、殺されると痛いみたいな気がしたから
一生懸命逃げるのよ、しゃーっと音を立てて滑っていくの。
周囲に美しい花が咲き乱れ、しろい氷上には真っ赤な血が華やかにほとばしっていて
とにかく綺麗な世界でさ、
逃げながら、ああなんて綺麗な世界だろうって感動してるのよね。

・・・・どうも逃げてるところで現に引き戻されちゃったみたい。
ああ、綺麗だったなぁ、カラフルな夢ってはじめてかもしれないな。
それにしても早く朝来ないかな、
仰向け疲れた、寝返り打ちたいなぁ、なんて思ってた。

今書いてて気がついたんだけどさ、
もしかしてこの夢、やばかったかもしれないのかな?
色とりどりの花にたくさんの人に、くるくる回る状態。
私この手の話に関してはけっこう懐疑的なんだけどね、
きっと脳の状況によって人間は類似の夢をみることになるんだろうって。

でも、総天然色の夢は覚えてる限りではあのときくらいかなぁ。
ほかにもいっぱい悪夢が連続したんだけどね、
あの夢以外ははっきり覚えていない。
でもどれも不思議とそんなに怖くなかったとは思うんだ。
麻酔の作用も完全に抜けてなかっただろうし
痛み止めも入っていたし、
血もかなり減ってる状態だったから
恐怖感覚も鈍かったのかもしれないね。

また、綺麗な夢、見たいなぁ。
悪夢でもいいよ。

25000円→39000円→25000円

出来事から
01 /16 2017
床の張替えをするので、ダイニングテーブルセットと
食器棚を業者さんに引き取りに来て貰った。

ネットで見つけた会社にいくつか電話してみて、
非常にいいという複数の口コミを読んでそこに決めたのだけれど
どうなんだろうね、ちょっと疑問は残ったよ。

電話での見積もりは25000円前後という話だったんだ。
で、私はそのとき「じゃあ25000円くらい用意しておけばいいんですね」と
ちゃんと念を押した。

食卓セットと食器棚の2点で25000円って安いとは全然思えなかったけど
それがこのごろの値段なのかなぁと
無理無理納得させていたんだ。

だってさ、もう8年位前になるけど
実家の遺品を処分したときね、
大きなたんす二棹と、食卓セット、大きなこたつ、食器棚、その他もろもろで6万円くらいだったんだよ。
だからね、わずか2点で25000円には抵抗あったんだ。
うちの自治体、粗大ゴミ無料で持って行ってくれるんだもん。
でも大型家具はゴミ捨て場に出すことが出来ないから仕方なく頼んだわけよ。

で、先ほど、大きなトラックで業者さんが来たの。
食器ダンスとテーブルを見て「大きいですね」って言った。
電話でセンチメートルまで大きさ伝えておいたにもかかわらず、なのよ。

目の前の業者さんは手に持ったメモ帳にさらさらっと計算して
値段をはじき出した。
「39000円です」

ありえねぇ!
14000円も高いってか?!


そんな値段絶対に払いたくなかったので
ほかに見積もりしてもらった業者の名前を出して、
そちらにお願いすることにしますので、お手数おかけしました。
って、今日は諦めることにしたんだ。

なんとなんと、そしたら業者さん「会社に電話してみます」って
すぐに連絡を取って、あっという間に「25000円で大丈夫です」になっちゃった。

いったいどういう仕組みなんだぁ?
しかも消費税もなしでいいんだって。
さらに言うと、領収書さえくれなかった。
ふ~ん、そうなのか。
領収書を出さないってことは仕事をしてないってことになって
その会社は少々の税金を逃れられるってことか。

私はありがたかったけどさ、処分費用だって掛かるだろうに
それはどうするんだろう?
蛇の道はヘビってやつかな。
どうか不法投棄だけはしないでほしいよぅ・・・

39000円も持ち合わせてなかったから (´∀`*;)ゞ
私はたまたま最初の金額だけでよかったけれど
求められたとおり払う人がほとんどなんだろうね。
不用品回収の値段って、ほんと水物って気がしたよ。

「沈黙」とオッカムのかみそり

神様
01 /20 2017
マーティン・スコセッシ監督が30年も構想をしていたという映画「沈黙」が
まもなく公開されるとか。

私は観に行かない。
興味はあるよ、もちろん。

ちなみに映画好きなうちの教会の牧師が観に行くだろうから
そのうちどうだったか聞いてみようと思う。
でも牧師が感動したって言うのはたいてい
キリスト教以外のテーマを描いた映画だったりするよ。
私には難解で頭がしっちゃかめっちゃかになった「インターステラー」とかに
「いやぁ、あれは非常にキリスト教的映画でした」
って、まさかの近未来SF映画にキリスト教を見出すんだよ~
牧師の場合ありとあらゆる生活の場面すべてが神様に直結してないとだめだから
その見方もありなんだろうけどね。

私はというと
遠藤周作は狐狸庵としてのエッセイは面白楽しく読んだけど
文学に分けられる「沈黙」も「深い河」も
いわゆる普通の小説である「わたしが・棄てた・女」にしても
キリスト教を描いたものはどうも苦手です、はい。

ドストエフスキーやトルストイやビクトル・ユゴーが
キリスト教を根底にして書いたものなんかには
涙なくして読めないんだけどねぇ、
なんで遠藤周作は苦手なのかな・・・・

遠藤周作はいわゆる日本における「そこらじゅうに神様=汎神論」と
「キリスト教の唯一神」との間に立って
自分の位置に苦しみ続けてきたらしいね。
それ、わからなくもないんだよね、私も同じ立場にあるわけだし。
でも氏の真剣な苦悩に敢えて近づこうとしてないの、
むしろ避けてるのね、悩みだすと大変そうじゃない?

自分で出せない答えは神様に丸投げする、
それが私のやり方だから、その手のことは悩まないの。
アダムとイブ以前に恐竜がいたり、お猿さんがいた進化論とかにも
ふ~ん、ってやり過ごす。
人間としては「いい加減」ともいうけど、まぁそれでいいのさぁ・・・(´∀`*;)ゞ
思い煩うことなかれ、だわよ。

とはいえ、私だってときどき神様が理解できなくて
苦しい思いもすることがあるよ。
特に虐待される子供については、その思いが強い。
神様は愛してくださるために子供に命をおあたえになるのにね、
なんでなのかなぁ。
昔、80代にもなる牧師さんに質問したことがあるの。
飢えや戦争や、虐待で殺される子供がいるのはなぜか?
神様は助けないの?って。

老練な牧師は悲しそうに答えたね。
「神の深遠なご計画を人間は知ることが出来ません」



愛されるために生まれた子供らに
         降り注がれる神の沈黙  
                   ちやこ

やっぱりの「沈黙」、なんだかの「大塚家具」

いろいろ感じたこと
01 /30 2017
あのね、あのね、
教会の牧師ね、やっぱり観に行ったって、「沈黙」。

でねでね、うーんうーんって翌日寝込んだって (;゜0゜)エエッ

それくらい衝撃的だったってこと・・・・・かと思っていたら
それだけじゃなかったらしいよ。
もちろん拷問とか怖いシーンはいっぱいあったのだろうけど
牧師にとって打撃だったのは
映画を観るうちに
どれほど命がけで宣教しようとも日本にキリスト教の種は根付かないのではないか、
と思えてきてしまったという
日本の教会や宣教者にとっては致命的な感覚みたい。

いわゆる「信仰が揺らぐ」感覚ね~
(私なんか年がら年中ゆらゆらしてるんだけどね)

で、牧師は頑張って聖書にかじりついて何とか復活できたんだって。
「沈黙」では棄教することを「転ぶ」っていうのだけど

「だとすればペテロなんか3回も転んだわけです!
3回もイエスを知らないって言ったんですから、
3回も踏み絵を踏んだのと同じなんです!」

「しかし、そのあとペテロはどうなりましたか!
前にも増して強い信仰をえて、最期まで強靭に信仰を貫いていくのです!」
といつもにも増して力強く説教しておりました~~~~~!!!

(これを読んですぐわかった人は新約聖書を知っているのね~
ちなみにカトリックではペトロっていうのだそうよ。
でもって彼は皇帝ネロによって逆さ磔(はりつけ)にされて殉教したそうな
・・・・・イタイヨ、コワイヨ・゚・(つД`)・゚・ )

やっぱり私は「沈黙」観ない方がよさそう。
ただでさえぐらぐらしてる私の薄っぺらい信仰心が
透けて見えるくらい薄くなったらさすがに困るわさ。

遠藤周作の原作も再読やめておこうかな。
読書サイトでは「感動した」って言うのがほんと多いのだけれど
私の場合、多感な文学少女時代でさえも感動の「か」の字もなかったし。
「読んだわよ(一応)!」っていう自負心はあったけどね。

ところでダイニングの改修がやっと終わったよ。
築40年近い木造住宅だからさ、
床板とか緩んじゃってフガフガの鴬張りだったんだけど
いまは足の裏にもがっしりした感じがあるくらいで気持ちいい~
システムキッチンに収納がたっぷりあったので
食器棚はいらなくなったんだ。
食器棚がなくなると広くなるよ~
テーブルセットもワンサイズ大きいものが買えた~。

テーブルを買いに東京インテリアと大塚家具に行ったんだけどね、
(春日部だもん、大塚家具の発祥地なんだわよ)
う~ん、大塚家具、昔と変わっちゃった感じがしたなぁ。
確かにそこそこいい家具は揃っているのだけれども
なんだろう、「これぞ!」っていう特徴がないんだ。
散漫な感じ。
お父さんがやっていた頃はいかにもきちんとした「家具屋」だったんだけどなぁ。
久美子社長は春日部店に重きを置いてないだけなのかもしれないけど.。

ちょっと気に入ったのがさ
東京インテリアがテーブルセットが10万くらいで
大塚家具はテーブル単体25万、椅子1脚5万くらいだったから
当然安いほうを選んだもんね。
(あの「匠大塚」だったらテーブル単体50万だろうと思って最初から見に行かなかった)

古い家の一部屋だけがとても綺麗な新築みたいになると
ほかの部屋もぴかぴかにしたくなるね。
リフォーム中は部屋の荷物を一時移動させないといけないから荷物の整理も出来て
少し身軽になれるし悪くないとは思うんだよ。
でも、ドンドンガンガンの騒音もすごいし、
職人さんが一日中出入りする生活環境ってかなりくたびれた。
ちびわんこのストレスも半端じゃなくて、尻尾が垂れ下がっちゃったもんね。

それでもトイレは早めにリフォームしたいかな。
お習字のお友達の年上のおばちゃんたちは
「年金をもらう前には家の修理は終わらせてないとだめだよ」っていうしね。

改修工事中、テレビの音も聴こえないし、
どこにも出て行けない缶詰だったからね、
安くなった毛糸をネットで買ってカーディガン編んでたの。
片袖を編み始めたところで工事が終わったから
あとはのんびり編むのだろうけれど
出来上がったらここにアップするね。