神社、寺、教会

神様
04 /02 2017
今年のイースターは4月16日。
ということで教会での賛美歌は今週来週と
十字架のイエスの痛ましい厳しい苦しい荘厳な歌が選ばれているはずだよ。
うちの教会ではイースターに関係なく常日頃から賛美されてる136番。
バッハがマタイ受難曲でも使ってるから、わりと有名。

「血潮したたる主の御頭(みかしら)
棘(とげ)に刺されし主の御頭
悩みと恥にやつれし主を
我はかしこみ君と仰ぐ」

ううううう、痛い、怖い、ホラーかもしれない(´;ω;`)

この歌の場面を想像すると、かなり強烈だと思うんだよ。
磔(はりつけ)となったキリストの頭には有名なイバラの冠が被されているのだけど
イバラって実際見たことあります?
なんでも薔薇など棘ある低木の総称らしいのだけれど
薔薇なんてかわいいもので、柚子やカラタチになると
5センチ近い鋭い棘がざくざくのびてるからね、
頭にかぶせる以前に、冠の形にすることさえ難易度高いと思う。

そういえば善光寺さんの本道脇にはカラタチの生垣があってね
葉っぱが全部落ちてる有刺鉄線状態だったんだけど
長い棘が絡み合う凄まじい姿を見たらもう
私の頭の中はイエス様一色になっちゃったっけなぁ。

とにかく頭に棘が刺さりまくって顔血だらけのイエス・キリストが
磔刑になっているわけなのだけれども、
この賛美歌の2番がまた非常にインパクトがあるの。
だってこの痛ましい姿は私のせいだって歌うんだもの。

真面目なクリスチャンはズキュンズキュンくるね、こなきゃダメだね。
私の身代わりにこんなに凄まじい苦しみを受けた神様に
わたしゃどう応えたらいんでしょう! ってなもんですよ。

あ、善光寺さんのほかにさ、この前の旅行、仁科神明宮ってとこにも行ったんだよ。
なんか神明造の国宝だってんでさ。
で、神社つながりで添乗員さんの言うことにゃ
「伊勢神宮は私たちがいろいろお願いしちゃいけないところなんですよ」
「あそこに願いをかけられるのは日本でただ1人だけなんです」
で、そのただ1人の人は毎日
「どこにいようと、伊勢の神宮さんの方向に必ず祈るんだそうです」
「日本国民のことを祈っているんですよ」
「だからみなさん伊勢の神宮にはありがとうございますって感謝に行くものなんです」
だってさ~、
私は心でへぇへぇへぇとボタンをいくつもたたいたぞ。
にしても、だ。
それらを知らないでみなさんほんとよくお伊勢さんに行くんだね~
もっとも、そんなの建前で、今は普通に祈祷受付してるそうだからね、
日本人の宗教観って、ほんとほんわかしてるからさ(´∀`*)

日本人くらいだと思うよ、
「祈ってます」って普通に言うけど
どこの神様に祈ってるのかはっきりさせてない人が大半なのって。
ちなみに言っておくと、キリスト教の神様は
ほかの神様やスピリチュアルとごちゃ混ぜにされるのとにかく嫌い。
ご自分でご自身を「ねたむ神」って言っておられます。

イエス様が十字架に掛かってくれたから私ら ((((;゚Д゚)))))))されずに済んでるけど
それがなかったらいまの日本人の多くは・・・・・ぅ(@゚Д゚)@。Д。)わぁぁぁ~~~~ッ!!!!!!

私はそれを知っているので、(仕方がなしに)神社行っても寺に行っても
ご本尊やご神体ではなく、
心のなかのイエス様に一生懸命手を合わせているのでありました。
むふふ
でも善光寺のおやきは食べたい。(#^.^#)

スポンサーサイト