娘の結婚式が決まったと聞いたとうちゃん

娘の結婚
05 /01 2017
天気予報では午後3時あたりからだったのだけれど
どんどん曇ってきたので、じきに雷雨になるのかもしれない。
雷が鳴ったらPCいじれなくなるからいまのうち書いておくね。

とうちゃんはカレンダーどおりなので今日は仕事いってる。
なのでうちには犬と私だけ、静かなモンです。

ところで娘の結婚式が決まったんだって。
娘は金曜日から彼氏ととあるリゾート地に、結婚式場をいくつか見学に行ってた。

埼玉にも東京にも結婚式場はわんさかあるんだけれど
娘はわざわざ地方で挙式をしたいんだって。
もちろんロマンチックな夢でもあるんだろうけれど
来て欲しくない人たちが来られないようにするため、
というのが大きいみたいよ。

来て欲しくない人たちってだれか・・・・
はい、50代奥様方のみなさんのご想像通りです。
身内だから別に仲が悪いわけではないのだけれど、
うん・・・・まぁいろいろ思うところがあってね。

娘はひっそりと小さな家族結婚式を考えてる。
娘の希望は、うちのほうは私たち夫婦と犬だけ。
(爺婆が出席したがったら仕方ないけど・・・出来れば勘弁)
彼氏はご両親とお兄さん夫婦とおばあさんになるんだって。
人数のバランスが取れないとか
そんなのはどうでもいいの。
娘の結婚式を心から祝福できる人だけで十分なの。
お友達とは、その後、別に会を設けるんじゃないかな。

彼氏が結婚を許してくださいって、
たくさん鉢植えをもって来てくれたのが3月末。
今年中に挙式したいと言ったって
いい時期はいまさら無理に決まっていると高をくくっていたのだけれど
どうやら神様が味方についてくださった模様で
まさかのリゾート地で、10月の週末に、犬連れで
結婚式が挙げられることになっちゃった。

神様が味方につくとなんでも、すっとこすっとこ面白いように
最善のことが決まっていくので、
娘たちの家探しもまた、気持ちよく決まると思うよ。

でもね、
これまで娘の結婚に関して、ニコニコ笑顔で対応してきたとうちゃんが
旅先の娘からの挙式決定の電話の後、
はっきり大きな声で「ああ、気分が悪いっ!」って繰り返し言葉にしたよ。

「10月なんてすぐじゃないか、ああ気分が悪い、
出て行っちゃうんだぞ、ああやだ! ああやだ!」
・・・って言いながら冷蔵庫開けてビール出してた。

私はとうちゃんにやわらか~に促したね。
「腹が立つのはわかるけどさ、だめだよ、あの子にあんまり不機嫌を見せたら。
私の友達でね、パパが大好きっていつも言ってた子が
結婚決まったとたん、パパなんか大っ嫌いになっちゃったんだから。
文句言ったり不機嫌になったりしてたら
とうちゃんが大好きな娘に嫌われちゃうからね」

とうちゃんそのときは黙ってたけどさ、
昨日の夜、娘が旅先から帰ってきたら
「お土産ありがとうね~、楽しかった?」って
すごく明るい声で応じていたよ。
その笑顔がまた一生懸命な感じに明るくてさ、
ああ、がんばってるんだなぁって、ちょっと哀れになっちゃった。

若かったとうちゃんは男の子が欲しかったけど
いまでは男の子なんかイヤだっていうくらい
娘にどっぷりはまって、かわいがってかわいがってきたからね。
病気がちな私を少しでもカバーするために
娘のお世話をいろいろやってくれたからさ
その分苦労もしたけど、楽しいことも大事なこともたくさん知ったんだね、
このごろじゃ「子育てにかかわらない男はダメだ」とまで言い切るよ。

とうちゃんはどこまで娘に文句や愚痴を言わずに耐え忍べるかしら。
だから娘にも言っておいたよ。

「これから忙しくなるだろうけれど
とうちゃんを決してないがしろにするでないぞ!!!」
スポンサーサイト