夏休み5日目 娘の新居について考える

娘の結婚
08 /15 2017
巷では10日とか2週間とか休みの人もいるらしいけれど
きっとそんなに多くは無いよね、
みんながそんなに休んでたら世の中回らなくなっちゃうもん。

娘は今日からお仕事なんだ、
病院だからね、どの部署も長い休みはもらえないみたい。
娘の場合は5日間だった。
去年夏入院した病院でも、看護師や医師は最長が1週間の休みだったなぁ、
まとめてとらずに、前後に分けてる人もいたし
いろいろだったね。

とうちゃんの休みは、明日まで。
で、今日のとうちゃんは朝車で1時間ちょっとの少し離れた温泉に行って
帰りはTSUTAYAでDVDをレンタルしてきた。
この間「弱虫ペダル」とか言う漫画が原作のドラマを
WOWOWの無料放送で見ておもしろかったとかで
アニメのほうを8本も借りたんだよ、
いま二階からアニメ声が響いてきててチョイうるさい。

あのね、娘が結婚後に暮らす家なんだけどね、
とりあえず最初は賃貸からって考えているんだって。
でね、彼のほうの条件がなかなか厳しいんだよ。
「築数年以内、駅からは歩ける範囲、ペット可、家賃は可能なら9万以下」
とにかく新しくてきれいでないとイヤだというんだよね。

新しくてきれいでペット可で駅近で安いなんて、もう無謀だからさ
「現実を見ろやぁ!」とか思っていたんだけどね、
先日の彼の兄弟の家での焼肉の折に出た話をすこし
娘から聞いていろいろまとめてみるとさ
彼が「新しさ、きれいさ」に強くこだわる理由がわかってきたの。

彼が小さい頃に喘息だったってことは以前聞いたことがあったの。
いまは治っているから私たちは重要視していなかったのだけど、
彼の喘息のせいで、彼の兄弟はずっと欲しかった犬を飼うことが許されなくて
彼の喘息のせいで、一家は都会の古い社宅住まいから
親類の住居だった23区外の一戸建てに移ってきたみたい。

そのためだったなんて言葉は彼のご両親から出てきたことは無いのだけども
総合すればそうなるってことくらい、
親の身にたてばすぐにわかっちゃうじゃない。
要するに彼の家族は、彼の喘息のために非常に努力をし
耐えてがんばって、彼を治してみせたってことだったのよ。

そんなのわかっちゃったらさ、
家探しが遅いなんて文句、言えなくなったよ。
家族がそこまでがんばって治した喘息が
家が汚くて再発したなんてことになったら
申し訳なくて、申し訳なくてさ。

なので、家探しは一切彼に任せて
うちは一切の文句を言わないと決めたの。
どんなに遅くなろうが、彼の気に入るところを見つけて欲しい。
向こうの親御さんの努力を水の泡にしたくないじゃない。
家のことはこれで、納得できて、気持ち的に落ち着くことが出来た。

だからよかったんだけど、ここから先がね、
いわゆる杞憂なんだけどさ。

娘が彼との新居に連れて行くチビ犬がね
彼の喘息再発の原因にならないとも限らないじゃない?
トイプーまじりのおかげで毛は抜けるほうじゃないけど
それでも犬なんだもの。

娘は喘息が出ようとアレルギーが出ようと
薬飲んででも犬からはなれないって決めてるけど
娘もしっかり喘息持ちだからさ、
ふたりの間の子供も喘息になるかもしれないでしょう?

そしたら、彼は自分の親がなにより環境に配慮したように
チビ犬を手放すことを考えると思うんだよね。
まぁ、うちは喜んで引き取るけどもさ、
そうなったら娘も、チビ犬も、
ものすごくつらい思いをしなけりゃならないじゃない。
そこがね~、どうにもね~

・・・・ま、先のことを考えてもどうにもならないわけだから
とりあえずいまは置いておくけどさ。
またひとつ、お祈りの課題が増えちゃったよ。

マジ私は、神様に頼らないと生きていけないっす。

追伸
昨日さ、テレビで映画「自虐の歌」見たんだけど
なんか、じんわり感動しちゃったわよ~
自分の人生、きっついなぁと感じてる人は
見てもいいんじゃないかしらん。
阿部寛、やっぱりかっこいいし。
スポンサーサイト