FC2ブログ

1週間だけのトト

わんこ
02 /11 2018
埼玉の小さな保護団体から白い女王様を貰い受けて、
大きな公園を往復する犬散歩を私が毎朝1時間半せっせと続けていたある日のこと、
その公園の管理事務所の近くに子犬が3匹棄てられていた。

3匹拾って帰るわけにも行かず
女王様のリードを握らないほうの手のひらに1匹だけ乗せて
とことこうちに帰ったのだった。

公園でボス犬の目を狙って飛び掛ったほどの凶暴きわまる女王様が
子犬には驚くほどに優しくて。
でも、そのころうちにはまだ犬庭がなくて、
2匹飼う度胸も寛容もなかったから
生まれて1ヶ月もしないこの小さな犬を誰かもらってくれないだろうかと
とうちゃんがコーチをしているスポーツ少年団のテニスチームの練習場所に
この子犬を売り込みに行った。

そしたら「犬ほしい」と思っていたけどご主人には「やめとけ」って言われて
飼うことができなかった奥様がいて
「だったら拾う!」と探していたって言うんだ、捨て犬を。
神様がとっくのとうに手を回していらしたことがよくわかる。

うちで1週間だけトトと名づけられていたその子犬は
テニスの練習のあとすぐに、その奥様のおうちにもらわれていった。

その子がね、昨日15歳で天国に行ったそうだ。
トトをもらってくれた優しい奥様のおうちは家族みんなが犬好きになって
その後トイプーなど計3匹もの愛犬家生活を賑やかに楽しく過ごされていたそうだ。

でもそのうち2匹はトトより早く死んでしまった。
つい3ヶ月前に1匹亡くしたばかりらしい。
そして最年長でとても長生きの15歳のトトが昨日。

とうちゃんからその話を伝え聞いたとき、
時が本当に過ぎ去っていく虚しさと寂しさを感じないわけにはいかなかった。
トトというのはオズの魔法使いに出てくる犬の名前からつけた。
もらわれていった先では別の名前になったけれど
うちではやっぱりトトのまんま、
女王様のおっぱいを探して、「やめなさいよ!」って唸られていた赤ちゃん犬。
女王様の大きな小屋の寝床の真ん中に眠り込んでしまって
女王様が困った顔をしていた、手のひらに乗るほどの小さな犬。

わずか1週間の思い出なのに忘れられない。
保護団体の里親さんたちはみんな、こんな感情を経験しながら
さらに犬への愛情を増幅させているに違いない。

この清らかな悲しみを味わえるのも、犬飼いの醍醐味なのだろう。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

清らかな悲しみ……この表現に感じ入りました。
ありがとうございました。

Re: うみいさん

短い間でも育てた子なので、愛着があるのです。
愛するペットたちが幸せに暮らした後、神様のところに行くのだから悲しいだけではないのですが
やはりすんなりああよかったなぁなんて言えなくって。
なんなのでしょうね、切ないような、透明で悲しい思いがそこにあるのです。