奨学金破産

いろいろ感じたこと
02 /21 2018
いろいろあって極めて評判の良くない朝日新聞なのだが
父親の代からどうしても朝日に慣れてしまっているので
結婚後も私の一存で朝日にして以来、幾星霜。

朝日のトンデモ記事が現在の日韓関係をうんぬんはともかく
ときどきは朝日も読みごたえのある記事を書いてくれているとは思うのだ。
最近はなんといってもこれ、
「奨学金破産」。

学費は驚くほどに高くなっていて
卒業時には借金が数百万、
あるいはもう一桁多い場合もあるというが、
大学を卒業したところで思ったほどの収入がないどころか
社会の厳しさ、景気の悪さに定職にさえつけない人も多く、
かくして毎月の奨学金返済が出来ずに、
ついに自己破産・・・

たまに聞いたりして知ってはいたのだけれど
新聞記事の内容がかなりハードで、
もはや地獄の様相を呈しているの感があって
ぞぞーっとしてしまった。

本人が自己破産した場合は
奨学金返済の保証人にその返済がまわってくるのだが
なにしろ学生時代の奨学金であるので
多くは両親が保証人となっているのだそうだ。

借りた本人が自己破産した場合、
保証人たる親が返済しなければならないのだが
親はそのころ定年退職をして年金暮らしだったり
病身で仕事が出来なくなっていたりもするわけだ。

新聞では返済の延滞をしていた息子が死んでしまった後も
80代の親が残りを支払い続けなければならない現実を伝えていた。
この親が自己破産すると、今度は連帯保証人に債務が回るわけで
それには親戚が充てられていたりする場合も多いようで
なんてったって数百万と言う額だから
もうそうなると一族がつぎつぎに
ぶっ倒れなければならなくなってしまうことになりかねない。

学費が高すぎるのが悪い、
無償にするべきだとの声がツィッターでもたくさん上がっていた。

無償化は、学問の自由のためにも絶対に賛同できないが
学費が高すぎることはまことに事実だ。
うちも一人娘を大学に行かせただけでひぃひぃ言っていた。
4年で卒業してくれた時にはほっとした。

私は以前から、この奨学金と名前の付いた借金を信用していなかったが
(というか金を借りる行為自体にトラウマがあって無理)
娘の大学でもかなり多くの友達が
普通に奨学金を借りて通学していたのだという。

そうなのだ、娘が学生だったころは
「奨学金をもらって上の学校に行けばよい」と考える親が
そのへんにごろごろ転がっていた。

結婚後、家庭経済系の書物を図書館で借りて読むようになった娘は
なんと恐ろしいことにこう言った。
「私が最近図書館で借りてくるその手の本には全部
奨学金を借りて子供に払わせろって書いてあるよ。
図書館にある本だから古いにきまってるけど」

世の中が変動するとともに思考も価値も変わる経済経営の本を
その情報がどれほど古びていようとも
もはや害悪になりかけているとしても
図書館は相変わらず書架においてあるというわけだ。

かつて奨学金を借りて子供に払わせよと指南していた
多くの経済系の筆者のせいで、いま苦しんでいる家庭が
絶対にないとは言いきれまい。

いまから奨学金を借りて進学を計画している人は
朝日新聞の記事を読んでみるのがよいだろう。
いまは必要な認識であろう。
親も子も。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント