FC2ブログ

季節は薔薇、なにがなんでも

ガーデニング
05 /13 2018
なにせ薔薇だわよ、うん、今年は10日くらい早く満開になったんだわよ。
あのね、あのね以前から憧れてはいたのだけど
今年は5月4日のGWに初めて「京成バラ園」に行ったのだわ!
なぜに「京成バラ園」かというとね、
なんといってもミスターローズ、世界にその名を馳せた鈴木省三が
初代研究所所長なんだもの、東日本のバラ園のなかでは
頭一つも二つも抜きん出ているバラ園なのだもの!!!

で、5月4日に行ったときは三分咲きだったのね、こんな感じ。
DSCN0626.png

3部咲きっていうのはね、華やかなハイブリットの大輪とかが
「どうよ!、このアタシを見なさいよ!」って堂々と開いて
若く可愛いつぼみもついている、
まだ1枚たりとも花びらが落ちていない状態でね、
なんとも若やいですがすがしい感じなんだわよ。

それでもさ、私1歩園内に入ったとたんにそのレベルの高さに
衝撃すら受けてさ、これまで観にいったすべてのバラ園に謝りました。
「ごめんなさい、あなた達は1番じゃない!
だってあなた達は絶対にここには勝てない!!」

いや、美しいのなんのって。
ほかのバラ園に比較すると背の高い薔薇も多くてさ
もう人が埋もれる感じなのよ。
それにさ京成バラ園作出の薔薇は薫り高いものが多いから
バラ園に入ったとたんに香る香る!!!

花の本数とか種類とかもさることながら
すでに50年を超えたつる薔薇のアーチとかあるんですもの、
もはやハンパなレベルじゃないんだわさ。
そしてさ、一番すごいなと感じたのがさ
むかしの電信柱のような丸太にさ
つる薔薇を絡み付けて作ってあるオベリスクのすばらしさだわね。
よくある金属のオベリスクや柵なんか使ってないのよ、
ただの丸太につる薔薇巻きつけてあるの。
アレは手間がかかるわ、熟練者が複数でやらないと
鞭のようにはねる棘だらけのつる薔薇を扱うのは
想像以上に大変だと思うんだわよ。

で~、満開の昨日もう一度行ってみたんだわ。
朝6時に開園だったのにもう駐車場が満車だった、
そうよね、薔薇ファンは見ないわけには行かないわよ!!
全体像が写せたらいいのに写真がヘタでごめんなさい。
これは園のごくごく一部なんだけど。
DSCN0665.png
なんかもうね、おとぎ話や絵本の世界だった。
薔薇はやっぱりすごい、凄まじい。
京成バラ園万歳、あなたは最高です、私の恋焦がれる場所です、常に。

で、我慢できずにバラ園の苗売り場で新苗買って来てしまったよ。
ほんとうはね、アンジェラやうらら、というつる薔薇が欲しかったけどね
(たくさんの品種を見たのに、結局そんなメジャーなものが好きな自分が
ちょっと恥ずかしいかもです)
つる薔薇を数年育ててその大変さを知っている身としては
到底耐えるしかないって頑張って耐えたぞ。
それとね、マッカートニーローズも好きだから欲しかった。
巻きが甘くて優しい花色をした背の高い薔薇なんだけども
あんな2メートルを超えるような品種は梯子なしには育てること出来ないし
まずそんな広い庭がないんだっ(涙)

でもミニ薔薇じゃつまらないんだよ。
ミニ薔薇は薔薇という名の草花じゃないかと私思っているくらいだもの。
ということで、ドリフトローズのアプリコットを買いました。
初心者向き、強くて丈夫で、小ぶりで、夏に強く、寒さに強く、
剪定もらくちんという便利な薔薇で、しかも安い・・・
DSCN0670.png
育て育て、と楽しみで、高い薔薇専用土を使って丁寧に植木鉢に植えたのでありました。

薔薇のほかにもとにかく花いっぱいの季節で、
うちのコンテナガーデンはいまこんな感じ。
DSCN0671.png DSCN0673.pngDSCN0672.png
えと、一鉢のあじさい、ダンスパーティの鉢は
今日娘が母の日にくれたものであります。
ピンクと青がひと鉢に植えてあるので、来年は鉢が二つになっていると思う・・・・
(ってあじさいって意外に難しいんだよねぇ、できるかな)

それと去年、あしかがフラワーパークで
母の日用のユリ鉢が母の日を過ぎてわずか200円になってたのが
地植えにしたらちゃんと咲いてくれたよ。
DSCN0675.png
マザーズピンクというの。
決していい土に植えてないんだけど、ユリは強いなぁ。

え~と、それからクレマチス、白いのが咲いてる。
名前のわりに地味だから、
来年はこの3倍くらい咲いてくれないとつまらんかも。
(ダッチェス・オブ・エディンバラ)
DSCN0676.png

それと門脇の植え込みには
ぎゅうづめのワイルドガーデンが出来てしまった・・・
DSCN0677.png

すいません、自己満足の記事でありました。ほほほ、シアワセ。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント