函館旅行

あっちへこっちへ
05 /27 2018
先週の今頃は、函館の五稜郭祭りの行列を眺めていたのだよ。
榎本武揚と土方歳三の役をしている人は背も高くてガタイ良くって
ひときわカッコイイ~、なんて目がハートだった。

パレードは戊辰戦争当時の旧幕府軍・官軍それに来航の海外兵をも
ほとんど全部網羅してほんと、
大変な人数と長さでぞろぞろぞろぞろ練り歩くのだけども
やっぱりいちばん希望者が多いのは新撰組みたいで
その行列だけ持ち込み衣装の人もいっぱいいてね~

しかしなんと言っても一番強烈かつ目を引いていたのは
津軽藩士行列に扮していた地元の幼稚園児の大行列でさ
かわいい声で何度も「えいえいおー」ってやって、
あれに勝てる行列はないなと。

DSCN0727.png
これはどういう隊なんだろう、海外の兵士の衣装だと思うんだよね。
オランダとかフランスとかいろいろいたような気がする・・・・

このお祭りは2年に一度で、市電までストップさせて行っているくらい大きいんだわ。
で、まさかこの2年に一度の日に偶然函館に来ていたわけです、私ととうちゃんは。

前日新函館北斗駅に着いたときには雨で、気温7度ってさ、
その前には埼玉の30度を味わってきた身には
寒いのなんのって。
でもね、情報時代ですからね、ちゃんと冬服持って行ってたし~。

新幹線を降りてバスに乗り、最初に行ったのは
トラピスチヌ修道院だったのよ。
門に入ってすぐにあるのは剣を持った天使の像、
剣を持ってりゃミカエルだってことは私にはわかるんだけど
ガイドさんは懇切丁寧にミカエルだってことを説明しておりました。
ここより先は現世の悪を捨てていけ、切り落として行けって
説明してたなぁ。
DSCN0685.png

カトリック修道院なので当然ルルドもあったし無原罪のマリア像もありやした。
小さき花のテレーズ像もあって、
テレジア像はすべからく修道院にはあるものなんだってことを
ガイドさんによって初めて知ったんだけど
彼女が修道女ではなく修練女だったってことも初めて知ったんだ~
ネットではそれ、どこにも見つけられなかったんだわ。
ちなみに彼女は死んだとき空から薔薇の花が降ったそうですぜ~
(カトリックってそういう話の多いのが楽しいわ~)

DSCN0680.png DSCN0681.png DSCN0678.png

ジャンヌ・ダルクの像まであってちょっとびっくりしたけど
この修道院はフランスの厳律シトー会のものだから
それもありなんだね~。
写真は左から聖テレジア、ルルド、ジャンヌダルク。

函館って教会いっぱいあるのよ、
港に入港した外国人たちが住みついて、彼らの国の様式にのっとって
教会を作ってね、そこからどんどん教会が広がって
街をちょっと歩けば教会だらけ、
大小あわせると40くらいはあるんだってさ、
なんてうらやましいんでしょ、もう住みたいくらい!!!

当然ながら元町を歩くと有名な教会群が向かい合って建っていてさ
向かい合った寺なんかはこれまで嫌というほど見てきたけど
教会が向かい合っているなんて
私にはもうシアワセでシアワセで。

それにしても元町は本当に美しい場所だったよ、
横浜なんか眼中にないくらい美しかった。
雨で寒くて人も少なかったから余計に美しかったんだろうね。
もう一度行ってみたいけど行けるかな。

ほか、立待岬とか函館山(夜景)とか金森倉庫群とか
大沼国定公園(駒ケ岳)とか函館朝市とか
名所はそこそこ回ってね、とても楽しかった。

たださ、寒さと坂道と合わない魚介類の食事とで
24時間点滴していても体水分量が激減してさ、
夜中に脱水が起きてね
久しぶりに筋肉の痙攣で一晩中眠ることが出来ないで過ごしたよ。
もう翌日は単身埼玉に帰らないとまずいかもっていうくらいの
けっこうな痛みで、とうちゃんがグーグー寝てる横で
ひたすら耐え抜いておりましたです。

神様の哀れみによって、翌日はどうにか行程をこなすことが出来て
めでたく帰路に着いたわけでありまして
ああ、神様感謝感謝の雨あられ~~~~

ちなみにお土産ね~とても成功したんだわ。
函館朝市ではカニだのホタテだのいろいろ
大量に買い込んでいる人もいたんだけど
とうちゃんと私が買ったのはガゴメ昆布のとろろ昆布のみ。
これがさ~、関東で買う、とろろ昆布とは香りも味も全然違う美味さだったの~
軽いし安いし場所取らないし、オススメのお土産だわね~

義父母さんにはなつかしのバター飴。
ちゃんとトラピストのバター飴にしたんだけど
懐かしがって喜んで食べてくれてます。
あとは定番白い恋人のいちばん小さい箱を。
お年寄りは多すぎるものより、こういうちょっとしたものがいいのね。

カールレイモンのソーセージ類は高かったけど
えいやっと思い切って送ってもらった。
函館で食べたときも非常に美味でハムやソーセージの概念変わったんだけど
やっぱりめちゃくちゃ上品で美味しいであります。

ついでに、蒟蒻シャボンの函館がごめ昆布金を
自分用に買ってきて、感動的にいいので書いておこうかな。
ただしこれもコスパは良くないわ~

あ、記念の箸置きも買ったよ。
とうちゃんが「函館はイカだ」というので「イカ」の箸置きをね。

私ずっと点滴しているからさ
飛行機は無理っぽいんだわ。
北海道に新幹線がもっと延びてくれたら
そのときはまた行きたいなぁって思ってる。

そのためにも、私自身ももっと元気でないといけないよね。
それからとうちゃんも。
もう完全にケンタッキーフライドチキンのおじいさんみたいな体型になってるけど
どうか元気で、健康でいてほしいなぁ。
それを毎晩しっかり祈ってから眠る今日この頃でありました。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

いいなあ

関東からだと「新幹線」で北海道行けるんだ!

名古屋からだとやっぱ飛行機だもん。
大学生の時は片道は列車と船(当時)乗り継いで
一日かけて辿り着いたっけ。
そうなると北海道中回らないと!って気持ちが強い。

気軽に一都市近辺でふらっと っていいなあ。

修道女と修練女ってあるんですね。
ミカエルの「ここで現世の罪を」ってこじつけっぽいなあ
と思いましたが そうでもないんですかね?

犬も歩けば教会 な町っていいですね。
信仰心の欠片もない私ですが
教会の美と雰囲気は好きです。
そういう意味で宗教も悪くないと思います。

不調を抱えつつも愉しめてよかった!

ウロさん

そうなんですよ、新幹線でいけるんですよ、最短で218分、
4時間掛からないんです。
飛行機が苦手な人などにはありがたいですよね。
ただね、函館から札幌までが遠いのですよ、特急電車でも
やっぱり3時間半くらい。
距離としては東京~名古屋くらい離れているのだそうです。
やっぱり北海道は大きい・・・・
最近関東ではJRが大人の休日倶楽部という企画をしていて
吉永小百合が関東以北を旅して回っているCMをしています。
彼女が行くと、なぜかその地に中年以上の夫婦連れなどが大量に押しかけるのが常らしいのですが
今週くらいからそのCMが函館になりまして
きっとしばらくは大変な混雑が見込まれるようになるのでしょう。
いい時期に行ったなぁと思っています。
そしてやっぱり函館は大人の町です、それは間違いない気がしました。