FC2ブログ

あと10日ほどで7月が来るのだという今朝
秋ごろから夜毎に私を温めてくれた羽毛布団に数ヶ月のいとまを告げることにした。

真冬はこれに毛布を足し、
さらに湯たんぽも足し、
(この湯たんぽが現在30歳になろうかという甥が冬に生まれたときの
ベビー用湯タンポなのだ! なんと丈夫なことか!)
ぬくぬくぬくぬく眠り、
このひと月半ほどは、この羽毛布団一枚でぬくぬくぬくぬくしてきたが
さすがにこの数日は、朝方布団を剥いでいて、
ああもうこの子じゃ暑くなっちゃったのね・・・・

と、愛しさもひとしおながらカバーを洗い
久しぶりのお日様を浴びさせて
今しがた取り入れて羽毛布団ケースに仕舞い込んだ。

そして夏用の肌かけ布団とこれまた結婚当時に買ったタオルケットが
夏の間のわがやすらぎの友となるのだが
実はかなり確実な不安が一点存在する。
就寝中にふくらはぎや足の甲に襲い来る「こむらがえり」の回数が
絶対に増えること間違いがない。
ぬくぬく冬用羽毛布団を春や初夏に使用していると
足が暖まることこのうえなく、
冷えによるこむら返りはほぼ起きないで済むし
たまに「イタタタ」となってもぬくぬく布団に足をくるめば、ほぼもう大丈夫なのだ。
この治癒的保温力が夏用肌かけ布団にはないのよね~ってあったら暑いけど。
(脱水による全身痙攣は温めたくらいじゃ決して治りませんが)

と、不安は確実にあるのだが、仕方なく今日の夜から夏布団となるわけだ。
テレビではそろそろ梅雨明けが近いなんて言い出しているのだもの。

今年の梅雨はしっかりと梅雨寒があって、とてもありがたかった。
こんなにしっかり梅雨の時期に気温が下がったのってあまり記憶にない。
埼玉県はこの6月に最高気温が15度になった日もあって
5月のほうが暑かった様な気がする。

暑くないから、せっかく出て来たミニひまわり小夏の芽が
全然伸びてくれないが
別に伸びられないなら伸びなくてもイイ。
夏の良さって、洗濯物がはかどるだけだ、私にすれば。
(冬の良さならた~くさん挙げられるんだけどね)

予報では今週あたりから梅雨寒はなくなり
ひたすら蒸し暑くなるらしい。
毎年毎年、これからの季節についての愚痴は止まない。
きっと来年も愚痴を書く。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
よろしく
ちやこ。 いまのところ50代。
にほんブログ村
ほんだな
検索フォーム

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ