FC2ブログ

相撲協会もそうだったけど
ボクシングの会長さんもそう
なんかもう日本の格闘技のお偉いさんって
893さんにしか見えないんだけど。
しかも今回のお偉いお方なんぞ
そっち系の親分さんみたいじゃないか~

なんでなの、なんでそう、そっち方向のファッションに行くの?
そういうのが格闘技の世界じゃ定番のかっこよさなの?
そういうのかっこいいって思って見てる人、
けっこう少ないと思うけどねぇ。

男ってさ~、年とってかっこよくあろうとするとさ~
チョイ悪オヤジ(セクシー系:ジローラモ氏とか)
貫禄893もどき(格闘技系:上述の方々たちなど)
クール、いんてりげんちゃん(頭脳系:漫画に出てくるような眼鏡の痩身で・・・)
優しいおじ様(穏やか上司系:NHKのアナウンサーさんとかそんな感じ)

という感じにに分かれると思うんだ、
とりあえずカッコイイ思えるのは、私の場合
少なくとも貫禄893系ではないんだよね。
ああいう人、出来ればかかわりたくないもんね。

「俺は強いんだ、怖いんだ、さからうな」
という威圧感を周囲に与えるのが大事なのかね、
格闘技系の方々って。

話し変わって、「半分、青い」なんだわよ~
アホアホだった主人公が、ほとんど発作的に結婚して
夢追う夫を支えるよい妻をがんばってきて
子供生まれて、シアワセに見える日々を送っていたところ
夢追う夫が夢のために家族を捨てると宣言して
妻として母としてまともになりかけていた主人公が
悲しみのあまりに、
大好きだった幼馴染の佐藤健に電話するという・・・・

というのが現在なのだけれど
ドラマは現在、批判派と理解派の真っ二つに分かれている模様。
私みたいな「どっちでもいいじゃん派」もいるけどね。

夢のために家族を捨てるダンナはクズの中のクズ、
いちばん悲しいときにいちばん恋しい男(幼馴染)に電話する主人公も最低
とか
まさに現実にありえる、リアルで怖すぎるほどだ、脚本家は天才だ
とか褒めたりけなしたり、いろいろな意見があるからさ
ツイッター読むと面白いよ~

で、この脚本家がツィッターでいろんなことを解説しているとかで
ちょっとのぞきに行って見たけど
ああ、こういう人だから、こういう作品を書くのか
なんて思っちゃった。

この人さ、多分語りたがり屋なんだと思う、
むかし、橋田寿賀子が朝ドラで自伝やっちゃったことあったじゃない、
この脚本家もその傾向強いんだろうね。

主人公と脚本家の共通点が多いんだよ、
いちいち書かないけど、興味のある人は調べてみるといいよ、
ええ~っと思っちゃうよ、きっと。
主人公を自分に近づけすぎると、そりゃ語りたくなるだろうね、
ほぼ自分自身の分身になってるんだからさ。

人は自分のことって、よくわかってないものだよ、
自分のことは自分がっていうけど
あれ、時と場合によるからさ。
物書きさんは対象を冷静に分析して書いてくれないとね。

どっちにしたってもう8月だからさ~
展開が粗かろうがなんだろうが10月までには
話にけりがつくんだろう。
次のドラマは恋愛話じゃないといいんだけど。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
よろしく
ちやこ。 いまのところ50代。
にほんブログ村
ほんだな
検索フォーム

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ