FC2ブログ

スコティッシュフォールドの悲しみ

わんこ
08 /03 2018
ショックで泣きそうになってしまった。

「なぜ炎上?HIKAKINが飼い始めた人気種の知られざる悲しみ」← http://gendai.ismedia.jp/articles/-/56785

愛くるしい外見と動作を人間が好むゆえに
一生痛み続ける体を抱えて生きなくてはならない猫がいるなんて
あまりにあまりな現実じゃないか!

知らなかった、何も知らずに、まぁかわいい子だなぁと
無責任に鑑賞してたことがある、
ペットショップの狭い箱の中にいた
折れ耳のスコティッシュ・フォールドの子猫。

折れ耳はそもそもが軟骨異常で
それは成長するうちに全身のどこにでもあらわれるという。
骨の異常があるからこそ、スコティッシュ・フォールドは
他の猫たちに比較すると大人しく、穏やかだそうだが
その原因は体の痛みに起因するものなのだそうだ。

スコティッシュ・フォールドを飼っている人のいったいどれほどが
この残酷な現実を知っているのか、
そこがとても気になっている。
HIKAKINさんはもちろん、何も知らないから飼ったのだろう。

こんな事実を知ってしまったら猫を命と愛する人たちは
スコティッシュ・フォールドを飼うことはないだろう。
痛みの中で生きなければならないこの猫の人気を
さらに増すことになりかねないのだから。

イギリスでは繁殖が禁止されるほどに残酷な生を要求されるこの猫を
ペット後進国の日本では相変わらず
どんどん繁殖させて増やしているのだそうだ。

何も知らずに、ただ可愛いと言うだけでスコティッシュ・フォールドを
いま現在飼っている人たちに心底お願いしたい。

痛みの中に、生きている子なのだから
どうか、愛を惜しみなく注いでやってください。
可能なら高額な医療費にかかるお金も出してあげてください。
そして、いくら可愛くても、次に飼う子は
人の手で無理に作られた子ではなくて
ごくナチュラルな猫ちゃんを飼ってやってください。
痛みの中で生きなければならない残酷な宿命を背負う子が
もう生み出されることのないように、
どうかお願いします。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント