FC2ブログ

kindleの電子書籍リーダー、初めて役に立った。
「ハウルの動く城」昨晩観ていてさ
ああ、原作読みたいな、読もうかな、と思ったわけよ。

そしたら700円もしないで買えるとわかってさ
すぐダウンロード購入したんだわ。

読み始めてまもなく、「わっ、これおもしろいわ!」となった。
元気のいいばあさんの話が、面白くないわけないんだよね、
ずうずうしくて、賢くて、皮肉屋で、いいよ~ばあさんのソフィ。
宮崎駿がばあさん好きなのちょっと理解できるかもね。

原作の邦題はね「ハウルの動く城 1 魔法使いハウルと火の悪魔」。
宮崎駿のハウルをかなり前にはじめて見たときにさ
若いソフィの声まで倍賞千恵子だから
どうも老けてる感じが強くてねぇ
「お兄ちゃん、お帰り」とか
柴又のだんご屋の奥から顔出してきそうに思えて仕方なかったんだけど

昨晩観て、あの声だから厚顔で少々図々しい元気なソフィばあさんも
大年寄りになった荒地の魔女の介護をする中年くらいのソフィも
しっくりと演じられたんだなぁってよく理解できたよ。
でもま、キムタクの声が若いから
恋に燃えるソフィになるとどうしても無理は感じられたんだけどね。

イギリスの児童文学というと、
この20年ほどではハリポタシリーズで、
私も一応全巻ハードブックで持っていて、売るに売れずに困っているんだけども
(そのうち孫が読んでくれるといいけどさ)
あれより、こっちのハウルのほうが私的には好みだな。

イギリスのものってときどき子供を子供として扱わずに
ものすごいいじめ方で追い込んだり戦わせたりするだけでなくさ
「ナニー文化」というか、
厳しくしつけてナンボという上流的価値感あるじゃない?
あれがね~、個人的に合わないみたいなんだ私。
ハリーポッターにもそれがあって、そこがちょっとね・・・・

なにしろメリーポピンズ初めて読んだときには
「メリーポピンズはニコリともしないでいつも命令口調でしゃべってて
冷静でつんとしてるのに、なんで子供たちはこんなに懐くんだ」
と疑問しか残らなかったよ。
あれがディズニーで映画化されるとさ、
なんなの、メリーポピンズとにかく綺麗で明るい優しいナニーになっててさ
ほぼ別人だよね~

あっ、これはちょっと書いておきたいんだけど
アマゾンのkindleで本をダウンロードするとね
これまでその本を読んだ人が引いた線(ハイライト)というか
「ここに注意!」みたいなラインが入っていたりするんだよ、
薄いグレーの線でさ「○人がハイライト」したとかってさ。

重要なところとか、後々の伏線だったりするところもあるので
歓迎する人もいるんだろうけど
私は新品買ったのに古本買わされたみたいな気分がした。
そんな不愉快な線は当然消すことが出来るんだけど
最初の設定はしっかり出るようになっているんだよ、
いったいどれほどの人がこんな線を欲しがっているのかねぇ、
絶対いらないけど。

ハウルの原作が気に入ったら
ちょっとこの作家続けて読んでみるかもしれない。
そんな気がする週末。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
よろしく
ちやこ。 いまのところ50代。
にほんブログ村
ほんだな
検索フォーム

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ