FC2ブログ

銀魂2も悪ふざけ

見た映画の感想
08 /26 2018
夏は、特にこの酷暑の夏は、おうちでエアコンつけて
ちんまり地味に過ごし暮らすのが一番よいと思っているので
今夏昼間にいわゆる「おでかけ」したのは今日がはじめてになった。

とうちゃんが見たい見たいといっていた「銀魂2 掟は破るためにある」
を見てきて、今速攻帰ってきたところ。
朝一番の上映が午前9時35分だったので
シネプレに着いたのが9時10分ごろだったが
びっくりしたはじめて見たぞ、田舎の映画館なのに外まで行列しているなんて。

いつも必ず空いているのが、このシネプレの最大最高の美点なのに
いやぁ、夏休み最後の日曜日、
埼玉の最高気温予測38度のことだけはあるね、
みなさんプールや海ではなく涼しい映画館に押しかけたのだわねぇ。

とはいえシネマに入ってみると席は半分ほど埋まっているだけで
あの人だかりはどのシネマ何番に入ったのかしらん。

銀魂2ねぇ、前作もかなり悪ふざけしてたけど
今回の悪ふざけもなかなかのものだった、
日本の映画も前進したねぇ、という感じ。
悪ふざけなのだから、ウィットとかペーソスとか
そんな知的なものじゃあなくてね
苦手な人は完全に引くな、というレベルの
かなりイッてる悪ふざけで、男性好みの悪ふざけだわな~

この悪ふざけに非常に長い時間を使っていてさ
おかげで映画が長い長い、2時間14分ですぜ、
まるで文芸大作みたいな長さなんだわさ、
これはカンベン、せめて2時間切ってくれよ、と。
でも、とうちゃんは非常に楽しかったみたいで
3もあるぞ、絶対あるぞ! と、ご機嫌ちゃんでした。
うん、おもしろかった。

最近はほぼ家にこもって編み物と読書と映画やドラマの日々でね
けっこういろんなのをアマゾンで見たよ。

えーと漫画が原作の「深夜食堂」って映画、
テレビドラマでもやってたけど、相変わらず小林薫が良いのよ。
小林薫って、若い頃からほんといい男。
取り立ててハンサムでもないのに、なんであんな魅力的なんだろうねぇ。
作っている食べ物が美味しそうだとかは、私は全然感じない性質なのだけど
見る人によってはメシテロ映画かもしれないね。

ドラマはねぇ、ほんといっぱい見たのよ、
どれも2回目3回目でやめちゃったんだけどさ。
名作と誉れ高いゲームオブスローンズもね、
それほど興味を感じなかった。
権謀術策の国取り物語系って、そのややこしさが苦手みたい。

完全ホラーとかは苦手なので
半コメディ系のホラー、オカルトみたいなのを探して
何本か見てみたのね、スーパーナチュラルとかさ。
で、そのなかにプリーチャーってあってね、
これは牧師が主人公でさ~、えぐいアクションがなかなかなので
へ~って見てたらさ、信じらんない、
牧師の主人公が待ち探し続けた神様が失踪して行方不明だっていうのよ~
信者は自殺するわ人殺しになるわ、もうやりすぎだよっ!
アメリカの信仰心が風前の灯だとは聞いていたけど
まさかここまで来ていたとはね・・・・

SF系も何本か見たよ、フリンジとか。
でもあかん、空想科学系はダメだわ、
私自身の脳みそが拒否している感じ。
やっぱり現実的なドラマが良いのかなぁ、
法廷ものとか、医療ものとか、FBI、CIA、刑事モノとか。
結局、CSIやグッドワイフ見るのが落ちなんだろうなぁ。

小栗旬のほうれい線、けっこう深いよね
と思いつつ内容のない今日でした。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント