FC2ブログ

誰だい、スポーツに爽やかだの感動だの歓喜だのといった語彙を持ってきた連中は。
結局はスポーツの世界も権力と名声とを欲する魑魅魍魎が跋扈していて
政治の世界と変わらんではないか。

そういえば私が通った都立高校では
体育教師だけが「体育教官」と自らを称して
体育教師室ではなくて「体育教官室」なんてのを持っていた。
しかも忘れもしないぜ、
体育教官と名乗る連中のボス教員は
自身のことを「おれは人間コンピューターと呼ばれている、なんでも覚えている」
と笑止千万なことを凄んで語り、
内申点におびえる生徒たちをビビらせていたっけな。

あいつらのあの「自分たちは特別」というわけわかめの主張は
学校という社会での権力誇示にほかならなかったんだな。
やっぱりな、運動もスポーツも結局はそこなんだな。

懸命に努力して成長してゆく選手らは尊いが
そいつらが権力を欲し、権力を握ってしまったら
勝負に賭ける意識が強いが故に
化け物と化してしまう者も出現するのだろう。

まったく子供と一緒だよな
自分の欲しいものは我慢せずに奪い取る、
奪い取るためにあれやこれやと手を尽くす。
そして王様、女王様とあがめられ、気を良くする。

ああ、ほんと、どこかに純粋に美しいだけの世界ってないのか。

ないんだろうなぁ、この世には。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
よろしく
ちやこ。 いまのところ50代。
にほんブログ村
ほんだな
検索フォーム

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ