FC2ブログ

結核

本にまつわる
10 /12 2018
NHKの朝ドラ「まんぷく」が、とてもよい感じに発進している。
長年朝ドラを見てきた身としては、飛びぬけて面白そう、というほどでもないのだが
前作があまりにアレだったために、余計に安心感がある。
ただ一点、松坂慶子演じる母親が、娘の人生にあれこれ口出ししすぎるために、
自分の母親を見ているようで苦痛に感じる視聴者がちらほらといる様子だ。

それともうひとつ、主人公の姉、
母親よりもずっと頼りになるしっかりもので家を支えてきた長女が
やっと結婚して自分のシアワセを手に入れたと思ったら
結核であっという間に重症化して、
今朝にはあっという間に亡くなってしまったのだが
この「結核」という病気に関して、ツイッターでは
「結核は隔離しないといけないはず」
「なんで普通に会話してるの? 感染するでしょ?」
「天皇の料理番でも結核のお兄ちゃん離れにいた」とか
「まんぷく」の長女が隔離もされずに病院に入院しているのが
しんじらんな~い的な書き込みがちょこちょことなされていた。

で、私が今日書きたいのはそこ。
私の父親が結核だった。

なんでも戦争前に父親は結核にかかったらしいけれど
幸運にも軽症で済んだのか、生き残った。
祖父の仕事柄、栄養のある食べ物を入手しやすい環境にあったからかもしれない。
今現在隔離隔離という人たちは、当時の結核発症者の数の多さを知らないのだろうが
結核と診断された患者を全員結核療養所に隔離することなど
到底不可能な数だったそうだ。

ツイッターには患者が出た家の人は世間にも忌避されてたはずなどもあり、
ハンセン氏病と勘違いしているのではないだろうか。
あるいはどこかの地方ではそんなことがあったのか。

ネットでそのことを調べてみたら壇一雄の「リツ子その愛・その死」
に触れている人がいて、
ああ、これは私が一生涯放さないぞと決めた本なんだよなぁと喜びつつ読んでいたら
なんとこれも「絶版」であった。
(でもkindleでは買える!!!!)

壇一雄の話しはずっと昔にこのブログでも書いたことがあった
その壇一雄が最初に結婚した相手が律子さんであった。
蜜月の頃はそれはもう親密で親密で、お見合いでもこんなに仲良くなれるんだ
とさえ思ったくらいなのだが、壇が戦争に行き
戦後やっと戻ってくると、愛しい妻の律子は結核になっていた。

壇一雄という人に関する論評やエッセイ、小説などを読むと
女性としては到底お近づきになりたくない男なのだが
この最初の妻との出会いから死までを描いた本書は
彼が普通以上に愛情深いのだということがわかる。

戦争から帰ってきた壇一雄は、結核の妻の世話をひたすらにし続ける。
飯を作り、洗濯をし、体を拭き糞尿の始末をする。
妻の病状はどんどん悪くなるが、妻は命を諦めない。
「こんなになってもまだ生きようとするのか」と壇一雄が思うほどに
ぼろぼろになってもだ。

この「こんなになっても生きる気か」という感情を
真実書き得た作家はそうそういない。
病を持つ私はこの作品に自分の根っこをぐらぐら揺さぶられた気がした。

ちなみに、本書の結核は肺結核ではなく腸結核のほうだ。
あたりまえだが結核菌で、
肺結核の菌が咳で飛ぶのと同様に、結核菌は便に混じる。
壇一雄はその便を始末し
子供に食べさせるご飯も炊く。
当然だが結核でも入院による隔離はされていない。

今現在、開放性の結核だった場合に自宅で治療する人はいないだろう。
私の父親も60代後半での結核再発の際は
診断がついたらそのまま清瀬の療養所に送られ2年ほど入ることになった。
娘は生まれたばかりで、結核がうつっているかも知れないからと
まだ小さいのに何度も何度も注射されるはめになった。

人にうつらない結核は今現在も普通に生活し、
投薬と休養で治癒を待ち、当然隔離されはしない。
今日もそれなりの数は存在している。
私も学生時代にふたりほどそういう友達がいた。
大学時代のゼミの教授は、
若い時代に4年ほど療養所に隔離されていたと聞いた。

結核=隔離と想像する人は結核になったリアルな人たちを
ほとんど知らないのかもしれない。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

今晩は

やっぱり そのあたりは ちゃんと ドラマを作っている
テレビで 教えるべきだと おもいますね。
間違った知識で 騒がれても困るから。

うちは母が中学生で結核で 2年病院にいました。
兄と姉二人は 結核で なくなってます。
戦前で あまり食べ物がなくて ということも
あったのかもしれないです。

主人の父は30歳で清瀬?かな 療養所に2年いました。

この前 友達の友達が 結核だとわかりましたが
50代の女性で 人にうつらない結核だから
普通に生活してますよ。

エイズの時も そうでしたが ちゃんとした
知識がないと 空気感染じゃないっていっても
みんなで魔女狩りみたいにするんですよねえ・・。
エイズの時は 酷かった・・アメリカの話ですけどね。

Re:800びくにさん

いつもありがとうございます。
親族や身内に開放性の結核患者が普通に存在していたのは、私たちの世代が最後あたりなのかな、と思います。
増えているとはいえ、いまやおおかたの患者さんはうつらない方の患者さんなのかもしれませんね。
それでも、そうなった人たちがやはり、その事実をあまり他人に知らせたりしないのでしょうね。
だからいまだに患者の家族は忌避されるなんて、とんでもない尾ひれをつけてしまう人がいるのだと思います。
こと病気に関しては、テレビなどの報道機関もさることながら医師でさえも、
たとえば抗がん剤は死期を早めるからやめろというキャンペーンを張る人たちも出たりして
世間は何が正しいのか混迷している場合もありますね。
報道や言論は自由だからこその現状だと思いますが、そのためには普段から、様々な問題を見聞きして
自分なりの判断力を育てていかなければならない気がいたします。
本当に難しいですね。