イースターエッグを食べながら

こころ
04 /16 2017
イースターエッグをもぐもぐ。
お塩をかけて食べているぞ。
今日はイースター。

近所のスーパーでは
「イースターは春を喜ぶお祭りです」なんて堂々と店内放送しちゃってる。
イースターって春とうさぎと卵のお祭りってな感じですか。

イースター

イエス・キリストが十字架に磔になって死んで(金曜日午後3時ごろ)
3日目(日曜日)の朝復活したっていう、
それがイースターのお祝いなんだよ~
なんて言ったって、はぁ? ってな感じなんでしょうな。

いいですよ、いいですよ、教会ではきちんとお祝いやってますから。
イースターエッグだってちゃんと配りましたから。
教会でイースターエッグもらったら、そりゃもう、本物です。

・・・・でも、なんで卵で、なんでうさぎなのかな。
だってプロテスタントだもん、卵に関することなんて聖書にないしさ。

調べてみるとやっぱり
春を喜ぶいろんな伝統や習慣とまざりあって、うさぎと卵なんだね。
それからカトリックと正教会では、礼拝中に卵の祝福を行うんだって。
へぇへぇへぇ、なんかかわいい。

イースター

子供の頃通ってた日曜学校では、
大きな公園に遠足に行って、卵探しとかやった思い出があるよ。
なんで卵なんだかわからないまんま、きゃあきゃあ言いながら卵探した。
「なんで~?」とか聞こうとも思わなかったな。

子供の頃ってすべてが「なんで~?」だから
いちいち理由なんか聞かないで、あるがまんま受け入れちゃう。
「なんで?」って思い始めて、納得できないと不快になるのは
何歳ぐらいからなのかしら。

「なんで?」をとにかくたずねる「歩く疑問符」みたいな子供は
やっぱり頭のつくりが違うんだね、
賢いからこその「なんで?」なんだろうね。
私なんかいまだに、わからなくてもほけ~っとしていられるからね。
理解が必要なものでさえも、わからないままにほったらかしたりしてさ。

私このごろ、自分がほんとに
何にも知らないなぁって強く感じるようになってきたんだ。
謙虚とか謙遜とかじゃなく、芯から「無知」なんだって感じる。
だからブログ村のカテゴリー「50代の生き方」なんて
そんな偉そうな、自信に満ちた響きのあるカテゴリーにいるの、
いたたまれなくなって変えたんだよね・・・・

何にも知らないって感じられるのって、悪くないよ。
少なくとも見栄ははらないで済むからね。
でも現状に甘んじるのも怠惰だよね、
なんか始めなきゃって、いつも思ってる。

で、はじめないんだけどね、いつも。
・・・・なんて平気で書いていてはいかんよねぇ。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント