私が異常なんだから

生きていくこと
07 /23 2017
やっぱり夏バテ、というか暑さ負けみたい。

とにかく汗をかくことがいけないんだよね、
一日2リットルの点滴を入れていても
やっと脱水にならないぎりぎりラインだから
夜寝床で暑くて寝返りを打つような状態だと
脱水がはじまっちゃうんだよね。

昼間エアコンを入れて涼しくなると同時に
じんわりと出ていた発汗が止まり
プラス高カロリー輸液の水分と栄養とで
何とか回復して、夕方近くには少しは元気になってるんだけど
朝起きてから半日は、ケッコウ体が厳しいの。

それでもさ、輸液が24時間入っている分だけ
例年の夏よりは体調が落ち込んでいないからと
今日はきちんと礼拝に出かけたんだ。

毎年夏は教会にも通えない体たらくだからさ
今年は通いたいって願っているんだけど
なにせ時間帯がね、10時半から12時ごろだから
暑さに弱い人間には非常にナニでさ・・・・

でね、とにかく今日は「よし!がんばるぞ!」って行ったんだけど
曇ってお日様が出てないからなのか
あるいは教会に来る女性たちが寒がるからなのか
教会の中のエアコンの設定温度が高めでね。
蒸し暑さを自覚したとたんに、私自律神経がおかしくなったのか
体をじっと動かさずに座っているのが苦痛になるほど
神経が逆立ってきちゃってね、
気持ちも悪くなったし
手や足の置き所が無い感じで、
う~って、声が出そうになっちゃったよ。

何とか耐え抜いて途中退室せずにすんだけど
来週またこうなるかもしれないと考えると
やっぱり礼拝通えないかもしれない。

寒い人は重ね着するとかしてもらえるとありがたいんだけどねぇ、
無理なんだろうなぁ、私が異常なんだもの。

いつも思うの、寒さにしろ暑さにしろ
私は、ほんとうに科学のちからによって
命をつなげさせてもらっているのだなぁって。
だからね、なにかの災害でどこかに避難せねばならなくなったら
私どうなっちゃうんだろうなぁって。

今みたいな弱った精神状態のときは
こういうこと考え出すとさらに落ち込むから
もうやめようっと。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

こんにちは

ちやこさん、記事の更新ありがとう。
全部読んでいます。

今日コメントしたのは、
神経が逆立って、身の置き場がなくなるって旨の描写
すごくよくわかるからです。

私、常にといっていいくらい
神経が尖ってるの。
肌に神経が剥き出しになっているみたい。
だから、あちこち痛い。
身の置き場がない。

どうしたらいいのか、わからないんだ。
ありとあらゆるストレスで、自分苛めしてるんだと思う。
楽になるのって、いつだろう。
諦めかけてるよ。
ただ、苦痛な毎日を、ひたすら消化してる。

あ、ごめんね。
ちやこさんも辛いのに。

まだまだ暑いから、お大事にして下さい。

Re: みぃさん

おひさしぶりです。
コメントくれてありがとう、みぃさんが存在してくれていることに
少しほっとしています。

身の置き所の無いあの感覚ね、
十年くらい前から時々起きます。
最初に起きたのが電車の中だったから、
もしかするとパニック発作の前駆症状なのかなと思っています。
あのひりひりした感覚に、呼吸の乱れ、発汗など
自分でコントロールが効かないので困りますよね。

いつもいつもあんなふうな感覚にさいなまれているのは
とてもつらいと思います。
お薬などで治るとよいのですけれど。

以前ブログで知り合った介護を仕事にされていた男性は
うつ病の薬を10年飲んでいました。
心の病気も体の病気もどちらも病気です。
治るのに時間はかかりますし、もしかすると
せいぜい寛解までしかたどり着けないかもしれません。
でも、現在はいつか過去になります。

私もこうしてへろへろと過ごせるようになるまで
40年近くかかりました。
今も、薬なしでは命を保つことが出来ません。
いつまた倒れるのか、先は見えません。
私の抱えるストレスはそれに属するものなのだと思います。

みぃさん、お互いいろいろあるけれど
とりあえず、顔だけは前を向いてまいりましょう。
今は必ず過去になります、
現状はずっと続くものと決まってはいないですから。