お祈り感謝いたします

生きていくこと
08 /07 2017
私のチューブから外れなかったプラグね、
看護師さんがふたりで、ほんとがんばってがんばって外してくれたからね、
私、脱水にも栄養失調にもならずに済みました。

内科の処置室詰めだった看護師さん1人が
もう1人中心静脈栄養に詳しい看護師さんを呼び出してくれて
その2人が、1時間近くかけて、うんうん言いながら
やっとこさ外してくれたの。
神様がみんなのお祈りを聞いてくださったから、
なんとその場に、
中心静脈栄養を20年やってきたという患者さんがたまたまいたんだよ、
彼女はチューブからプラグが外れなくなる問題も
何度も経験してきたって教えてくれてね、
「確かそれ、外すコツがあるんだよ」ってアドバイスしてくれた。

神様は最初からそれらをすべて整えていて、
私をその場に送り込んだみたいだったよ。
そのコツを見つけたらしい看護師さんは
「こういうことがよくあるんだったら、私たち練習しとかなきゃいけない!」
って言ってた。
看護師さんたちは専門性を高めるためによく勉強会をしているけど
今回のことは看護師さんにとってもいい練習になったのかもしれない。
私と同じような状況になる患者が出てきたときのためにも、
良かったんだと思うの。
私自身も、誰かのためになることが出来たのならうれしい。

神様に感謝しながら、炎天下の中帰ってきたんだけど
今ブログを見て、4人もの人が、私のために
祈ってくれたんだって知って、
私のプラグが外れなくなった理由が、分かった気がした。
神様は私の周囲にある人の優しさや思いやりをご存知で、
私にそれを教えるために今回のことをなさったんだと思うの。

私ね、実際には会ったこともないネットの中のお友達に
祈ってもらえたから、こうしていま、
通常の状態でここにいられるんだ。

神様は私のために自分の時間を使って祈ってくれた人の心を
きっと喜んでくださった。
その4人は、クリスチャンでもないし、お祈りのやり方もしらないけれど
身内でもなんでもない私を案じてくれたその優しさを思いやりを
神様は大切に扱ってくださった。

チューブのプラグが外れなくなった土曜日の午前中から
私の心は重たくて、滅入りがちだった。
また重病人に戻る日々がくるのかなぁって、怖かった。
でも、昨日ブログを書いて、少し自分に言い聞かせることが出来た。
多少の苦があっても必ず最善となる、
私は必ず喜ぶようになるんだって。

そして、今、私は苦労さえなしに、喜んでいるの。
ちょっと泣きそうになっているくらい、うれしいの。
顔も知らない私のために、祈ってくれた人たち、本当にありがとう。
あなたたちが祈ってくれたので、私はいともすんなりと
悩みから開放されました。

もしもあなたたちのお祈りが無かったら、もう少し
私はつらい時間を過ごさなければならなかったと思います。

私のために祈ってくれた4人の方に、本当に感謝します。
また、私に知らさないままに、祈ってくださった方がいるとしたら、
その方にも心からお礼を言います。
私にはわからなくても、神様はその方の優しさと思いやりを
きちんとご覧になりましたから。

人間はね、常に誰かの祈りによって支えられているのだって
いろいろな人から、聞いてきた。
私もいま、こうして祈りによって助けられ支えられていることを
実感してる。

ありがとうございます。
もしも、おつらい事やお苦しみがあって
私に祈ることを許してくださるなら、どうぞ、
どこにでもよいので、密かにでもよいので書き込んでください。
私もみなさんのお力になれるなら、なりたいと思っています。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

うっしゃあああ!

よかったよかったよかった。
ちやこさん 神様に愛されてる!

お祈りしようと「主の祈り」を唱えようとして
(それだけは知っている)(筈だった)
冒頭が出てこないの。
我らが日常の糧を ばかり出て来るの。
神様 ごめんなさい。
でもあとの人たちの想いが通じたのね。

でもって今更だけど
我らが人に赦す如く我らをも赦し給え って
本当に大切だね。
人が誰かのために祈れるって事は
実は信仰心とは別の次元で我が身を援ける。

ああ どうであれ よかったよかった。
でも無茶は禁物だよ。お大事に。

ウロさん

うん! どうもありがとう!
ウロさんのお祈りしてくれようという気持ちだけで、神様はすべてわかってくださったと思う。
だって神様だものww
「我らに罪を犯すものを我らが許す如く、我らの罪をも許したまえ」
うん、これは本当に大切だと思うよ。
そしてすっごく難しいと思うんだ。
で「日用の糧」もやっぱり大事だと思う。
主の祈りは基本だからね、一番大事なことばかりだよね。

娘の結婚式まであと2ヶ月、本当に体をいたわりながら慎重に過ごそうと思います。
いつもありがとう

ごめんなさい

ちやこさん


私はいつもちやこさんの文章に感心したり癒されたり励まされたり笑わせてもらったりしているのに、ちやこさんが大変なときにブログ読んでいなくて、お祈りもお願いもしていなかったのです。
本当にごめんなさい。

だから、あと2ヶ月、お嬢さまがご結婚されるまで、そしてその後も、ちやこさんがご無事で、幸せに暮らしてくださるようにお祈りします。

私はちやこさんのブログの一ファンに過ぎず、こんなコメント少し厚かましいとは思うんですけれど、日頃の感謝を込めて、ちやこさん、もちろんお嬢さまご主人様のお幸せお祈りしております。

暮れぐれも、ご自愛くださいませ。




うみいさん

ごめんなさいなんて、とんでもないことです。
私のほうこそ、気を使わせてしまって申し訳ありません。

でもうれしいです、どうもありがとうございます。
こんなブログに好意と関心を持っていただけるだけで十分幸せなことですのに
さらにお祈りまでしていただけるとのこと、感謝せずにはおられません。

うみいさんからときどきいただけるコメントや拍手の書き込みに、私は何度も喜んでまいりましたし、
考えさせられもし、この方はいったいどんな方だろうと思っておりました。
もしも、どこかでブログやツィートなどなさっておいででしたら、
よろしかったらお教えくださいますか?

私自身もうみいさんの祝福のために祈りたいと存じております。

ありがとうございます

ちやこさん

お返事くださってありがとうございます。
嬉しく思います。

自分の中に、考えや表現したいことがないわけではないのですが
そういうものがいつも頭の中で漠然と、もわーっと存在しているだけで
そのものたちを言葉にして文章に繋げる、そして人様にお伝えする、ということが私は下手だと思います。

ですからブログなどもしておりません。


ちやこさんのブログの中に
私の状況に重なる事柄を見つけたとき
それをお伝えしたい気持ちになることがあるのですが
どうにもうまく文章にできないでいます。

ちやこさんの文章を読んで感心するばかりです。


へんてこな1ファン・1読者ですが
これからもよろしくお願いします。



うみいさん

そうでございましたか、
いただいたコメントの文章が書きなれているように思えましたので
何か書いておいでなのかと勝手に勘違いしておりました、
失礼いたしました。

私のつたないブログが、なにかしらのお役に立っているなら大変光栄で
ありがたいことです。
私のほうこそ、どうぞこれからよろしくお願いいたしますね。