一人娘を手放すのだいじょうぶ?

娘の結婚
08 /18 2017
うわーん、昨日今日と朝ドラ「ひよっこ」に
ちらちらと年をとった柴犬が出てくるぅぅううう
あのゆっくりとした座り方、腰の曲げ方、衰え始めた太ももの肉のつき方
去年死んじゃった黒オスを思い出して朝から涙が出るんだーーーーーーっ!
しかもいい具合に薄汚れてて、くぅーんと人恋しげに鳴いて
頼むからあの野良犬、ドラマの中で放置したりしないでくれ~
誰か飼ってやってくれ~~~~~~~!!!!!!
もしあんな犬近所で見かけたら迷わず連れて帰って飼う~~~~~!!!!
あーんあんあんあん朝から泣く泣く泣くーーーー

と、今朝の熱情を書いてから今日の話題に移ります、はい。

昨日はとうちゃんの夏休み最後の日、
で、なにをしたかというとさしたることはしてなかった。

昨日は私の姉がうちに来たんだよね、
2~3年ぶりかなぁ来てくれたのは。
母のいる特養には夫婦で4~5か月に一度くらい来てくれてるんだけど
そこから車で10分弱の我が家までは少し面倒なのか
都合が合わないのか、なかなか寄ってくれなくてね。

姉と会ったのは去年の入院時期以来かな。
昨日はわざわざ電車で来てくれたので
とうちゃんと犬と私で駅まで迎えに行ったんだ。

女二人のおしゃべりに付き合うのもナンだから
とうちゃんはすぐ近場の温泉に行っちゃったんだ。

「持ってこなくていい」と言ったんだけど
姉はいっぱいお土産持ってきてくれたよ。
日本橋大増の煮物(これはとうちゃんの好物)
小布施堂の栗羊羹(旅行のお土産)
上海デリのエビのなんとかいう甘辛いの
RF1のなんとかいう甘辛いお惣菜

それから前日に「なんか買ってくるよ」に「ならこれ買って~」と答えた
七條甘春堂の和菓子♪
若鮎(これ岡山生まれの実母が調布って言ってて大好きだったんだ~)に
麩饅頭(笹の香りがよかったよ~)
もったいなくてまだ開けられない工藝菓子の金魚

姉がわざわざ来たのはね、
娘を嫁に出す私の心情を慮って(忖度ともいうww)のことだったみたい。
姉にすれば
病身の私が必死で生み育てた一人娘を嫁に出すのだから
どれほどの葛藤があることだろうか・・・・
てな具合に心配してくれていたみたいだよ。

いや、そこまでの葛藤はないです。
確かに生み育てる過程で私の病気は悪化したし
かなり厳しい時期はあったけどさ
そんなの過去だし
イチイチ恩着せがましく覚えてないよ。
だいたい、娘を産んでなかったら、私いま現在生きてなかったかもしれないよ、
だって頑張って生きる理由がないじゃない?
とうちゃんとも、とうに別れてたかもしれないしね。

さびしくないとは言わないけど、
空の巣症候群になったりはしないと思うんだよね。
姉は一人息子が大学通うので家を出たときそれになっちゃったんだそうだけどね
私、そこまで優しくないし、根っこ自己中だし、
だてに40年近くも病気背負ってきてないから
自分との戦いにはわりと強いと思うんだ。

・・・・・なあんて、実際はどうなるかわかんないけどね。

まぁとにかく、いろいろと案じてくれる姉がいるって
ありがたいことだと思ったよ。
私が実母の介護のことであれこれ困っても
あんまり助けてくれない姉なんだけども
(実際の介護の経験がないから
それがどういうものなのかあんまりわからないんだと思うよ)
子供を手放すことは姉のほうが先輩だからさ
察して余りあるんでしょうなぁ。

まこと、ありがたいことです。
うちの娘は一人っ子だから、兄弟姉妹から贈られる優しさを味わうことが
一生ないんだろうなぁと思うとちょこっと不憫かもしれない。

さてちび犬。
昨日はもういくら叱っても姉に吠えるのをやめなくて
まぁうるさかった。
普通さ20分も吠えたりうなったりしたら
たいがい諦めて一応おとなしくするものなんだけどね
しつこいしつこい、吠えるのなんの。
あんまりうるさいんで、温泉から帰って来たとうちゃんが、
二階の自分の部屋にちび犬持ってあがっちゃったくらいだよ。

ちび犬がトイプーだったらきっと素直におとなしくなるんだろうけど
ペキニーズが入ってるせいで、ものすごい頑固なんだよ。
過去飼ってきた犬のうちで一番頑固でね、
私は犬の頑固に負けたことないんだけど
このちび犬にだけは負けたと認める。
どんなに叱っても吠えるのを止めないんだよ、
かといって小型犬だからさ
ぽかっとやるわけにもいかないしさぁ。

オツムもあんまりよくないのかもしれないね。
ちび犬は娘の希望で結婚式に参加するんだけど、
どうなるのか不安になってきた。
式の間中、私が抱いてなきゃいけないんじゃないかな。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

Re:あなたへ

一日誰とも話さず、外へも出ない日って、私もかなり経験があるけど
非常に厳しいですよね、心理的に。

私はそれで近所にお習字を習いに行ったり、教会行ったりしはじめました。
だから、お勤めを続けているの、私も大切だ~って思いますよ。
お勤めをやめずにいるのって、大変な意志と努力と頑張りが必要なのでしょうから
だからそれだけで、いまは十分すごいのではないかしら。

親類がないこと不安に感じられているようですが
ろくでなしの親類なら、むしろ無いほうが気楽ですよ。
もしいま親類がいて、お金の無心とか、世間体とか、批判的なことを
いろいろ言って来たりしたら、ほんとたまらないと思うし。

親族は子供からだんだん伸びていけばいいじゃないですか。
気がつけば孫がうろちょろするようになってますよ。
私たちの年齢は、そろそろ親族が減り始めるころ。
うちの夫は兄弟姉妹多いですが、両親が死んだら
多分縁が切れると思うのよ。
親族なんてそんなもの。
むしろ遠くの親戚より近くの他人、なのかもしれません。

なにか書くの、悪くないと思います。
毎日1行、「きつい」「重い」でも、
俳句でもいいので、書くコトを課題にしてみたらいかがです?
心に無理をさせない程度に。