夏休み二日目、娘を泣かす

娘の結婚
08 /12 2017
「明日は彼のところに泊まるから」
昨夜遅く、娘が突然言った。
「だからチビ犬お願いね」

この休みの間に彼のところに泊まりに行く計画を、私は聞いていなかった。

「だってさ、焼肉食べに行く時間、私は昼だと思ってたんだけど
夕方からだっていうんだもん、そこからうちに帰ると遅くなるしさ、
彼氏の家に泊まるほうが便利で疲れないしさ」

焼肉が昼か夜か、なぜ事前にはっきりさせておかなかったのか、
お互いが思い込みのままで確認せずにいたのはどうしてか、
あなたたちはどうしてお互いの言い分を明確にしておかないのか、
曖昧なままでずるずると行動するのは個人の範囲内でやってくれないと困る、
もしも私にも予定があったら犬はどうするつもりだった、
そもそもあなたはまだ嫁に行っていない、
彼はどうして当たり前のように家に泊まれなどというのか、
しかも突然それを言ってくるのはどうしてだ、
私たち親に対して礼儀を失しているとは思わないのか。

・・・・娘は私の背中側にまわり鏡台の前で
スマホをいじりながら黙り込んでしまった。

私は平然とテレビを見ている。
吉幾三が酔っ払ってダウンタウンと坂上忍を相手に面白い。
言うだけ言ったので、もう知らんから、と決め込んでいた。

「あのね、彼はねいつも突然言うわけじゃないんだよ、
ちゃんと前から予定を立ててあるんだけどね、
私がね、ぎりぎりまでママに言わないの、
怒られるだろうな、いやだな、と思ってね、言えないの」

「遅く言っても結局嫌な顔されるんだけどさ、
でも怖くって、言えないんだ。
明日の焼肉が夜だって言うのは今日わかったんだけど、
泊まりにおいでって前から言われてたの」

結局怒られるってわかってるなら、ちゃんと覚悟して言いなさい。
あなたが突然言うせいで彼まで悪者になっているんだから。

娘は涙を拭きながら二階へ上がって行った。

・・・・・自分が死んだ父と同じに思えた。
娘は私が怖くて事実を告げられないと言った。
25歳の娘が、いまだに私をそこまで怖れていた。
きっと私の怒りは父のそれに通じるところがあるのだろう。

到底子供に向けるものではないほどの迫力で怒りを爆発させていた私の父
私は父が怖くて怖くて、いつも怯え、逃げ回り、いい子のふりをして身を守ってきた。
結婚し父の家から完全に離れ、自分の居場所を得たときから
私には父は怖いものというより、ただ厄介で、面倒くさいだけの存在になった。
父は相変わらず怒りを抑えずに爆発したが
そのころの私は、ただ面倒を避けるためだけに大人しいふりをした。
父に関することはすべてがもうどうでもよく、
死期の近い父に対しても真摯な感情は一切湧くことがなかった。

私は今すぐに娘に向けてきたこれら怒りを捨て去らなければ、
消滅させなければならないと思った。
娘が社会人になってしばらくした頃に1度、親業から卒業するぞと決めたのに
最近結婚式や新居の準備など、
多くのやるべきことが遅々として進まない娘に対して、
私はイライラを溜め込んで、ついついあれこれと文句を口にしていた。
私はきっと怒りの父と、感情的な母を全身で表現していたに違いない。

小さな子なら叱ったり怒ったりで言うことを聞くが、大人は違う。
私が怒れば怒るほど娘は逃げるか、あるいは無関心になりつつ
面倒を避けることだけを考えるか、そのどちらかになるだけだ。

猛省した。
早朝、娘の部屋に行くと、娘はすでに起きていた。
半分寝ぼけているかもしれない娘に向けて
床に座り、額を床につけて詫びた。
娘は寝ぼけてなんかいなかった、すぐにぼろぼろ泣き出した。

出来るだけ一生懸命に謝り続けた。
娘がかわいそうで、私まで泣きそうになった。
何年か前にも同じことがあって、私はあの時も、もうするまいと思ったのだ。
なのに。

そして今、夕方5時40分。
娘は彼氏と焼肉に行き、今夜泊まって来る。
もうすぐチビ犬の散歩の時間になる。

お盆休み1日目、とうちゃんとモラージュ菖蒲

あっちへこっちへ
08 /11 2017
とうちゃんの夏休み第一日目、
なにをしようかネ、なんて無計画にはじまったけど
思いのほか楽しい一日になったんだよ。

今日は娘も彼氏とデートで、
とうちゃんと私が出かけたら家にはチビ犬だけが取り残されちゃうからさ
まずは朝の9時過ぎに家族三人とチビ犬で、公園に行ってきたんだ。

チビ犬はひょこひょこ歩く中国王朝系の犬の血筋が混じっているおかげで
200メートルも全力疾走したらはぁはぁ疲れ、満足してくれるからね、
飼い主としてはありがたいよ。
白い女王様はえんえん30分間走り続けられる猛者だったし
(しかも放物線状に走る)
黒オスは20キロの荷物と飼い主の乗った3輪自転車を引っ張って20分走っても
息切れひとつ起こさない子だった。
(こっちは直線に走る)
積もった雪の中でも30分平気で走り回っていたあの子達を思い出すと
わずか200メートルで、お腹をぺたんと地面につけて冷やし始めるチビ犬は
もう、ほ~んとらくちん。

疲れ、満足したチビ犬はおうちですやすや眠ってお留守番をしてくれるので
娘はデートに、とうちゃんと私はちょっと車でモラージュ菖蒲という
県内最大のショッピングセンターに行くことに。

とうちゃんがモラージュ内にある大戸屋でご飯食べたいって言ったからね。
大戸屋もだけど、飲食店は全部混み混みだった、
あたりまえだね、お盆だもの。

食事の後、時間あるからって、3階のゲームセンターに行ったよ。
とうちゃんったら3000円分もメダル買ってさ、
でね、ペア席状態で並んで座ってね
わーわー、きゃーきゃー騒ぎながら
「マリオパーティ ふしぎのコロコロキャッチャー」を2時間半もやっちゃった!
いや~、おもしろいんだ、これが!!

3000円でメダルが容器いっぱいにあったからさ
モラージュ菖蒲はわりと良心的なんじゃないかな、
大量のメダルがあったからあんなに長い時間できたんだと思うけど
目が疲れちゃって、しまいには50枚ほど残ったのを
スロットできれいに片付けることになったよ。
3年前もここでマリオのゲームをとうちゃんとして
楽しかった思い出があるんだけど、楽しさがまた上書きされたんだ、
ニコニコ。

とうちゃんはね、本当は競馬とか、さもギャンブルっぽいメダルゲームがすきなんだけど
(浅草育ちなのでメダルゲームに競馬は必須みたい、モラージュには競馬ゲーム無かったけどね)
私と一緒にやるために、わざわざマリオを選んで、一緒に並んでやってくれたんだ。
とうちゃんは外で遊ぶときは大抵1人で行動して、発散してくるからさ、
それが続くとすごく勝手な、自己中野郎に見えてくるけど、
今日みたいに私のことを考えてくれると、ああ根っこが優しいんだなぁって
うれしくなっちゃうの、うふんニコニコ。

そのとうちゃんは今、2階の自分の部屋でぐうぐう眠ってる。
まだ夕方だから夜には目を覚まして、お風呂とご飯に降りてくるよ。
お盆というのにまるで秋のように涼しい今日、
神様にいっぱい感謝しようっと。

夏の花と戦争

ガーデニング
08 /10 2017
お盆ってとりあえず明日からだと思うんだけど、
うちのあたり今日すでにお盆になったかのように静かだよ。
スーパーだけは開店そうそうご年配の方々の大量買い込みで混雑してたけどね。

ふるさとに来る家族、ふるさとで迎える家族、
休みを使って遊びに、旅行に出かける人たち、
なんかね~、平和なのね~

ねぇ、突然爆弾が頭の上を飛んできたらさ
高速で渋滞なんかしてる場合じゃないわさ。

ほんとに戦争起こると思います?
すぐにも起こるという論調の人もいれば
まだ様子見だという人もいて、どうなんだろ?

トランプさんの発言がついに「俺はやるぜ!」みたいになってきてるけど
あの人、本音と言動がイコールじゃない場合が多くてさ、
実際のところどう動いていくんだろうね?
北の刈り上げくんの行動ひとつで、地球の運命が変わっちゃいそうで
おっかないよ。

おっかないわりには、私ものんびり花なんかいじってる。
昨日はついに37度くらいまで気温が上がって
南側に置いてあったクレマチスの葉っぱが、黒ずんで垂れ下がっちゃった。
暑すぎちゃって瀕死なんだろうね、思い切って葉を落とすことにした。
秋には多少復活してるといいんだけどね。


ミニひまわりがやっと咲いたんだ。
さすがだね、37度にもびくともしなかった。
むしろ暑さを歓迎してるみたい。
これまで曇りが続きすぎて、葉っぱの色が冴えないんだけど
黄色い花はやっぱり目を引くよ。

DSCN0361q.png
こっちも夏にバリバリ強いポーチュラカ、
ボケたような赤で、あまり好みじゃなかったんだけど
いっぱい咲くと予想外にきれいだったのでニマニマしてる。

DSCN0358q.png
絶対マツバボタンだと思う、「びっくりポーチュラカ」も元気いっぱい。
この赤紫の花色は目立つよ~
うちの近所にはこの花を毎年植えてる人が多いみたい。
放置してても丈夫できれいだもん。

DSCN0359q.png
ゼラニウムもいくつか咲いているんだけど、
今日はこれが一番バランスよく咲いてる。
真夏は葉焼けしちゃうのね。
咲くことは咲くんだけど、葉っぱの色が抜けちゃってる。
濃い葉色に戻るのは秋かしら。

DSCN0360q.png
植木鉢の朝顔も相変わらず元気。
ひまわりと朝顔があれば、夏の花は完璧だって気がする~
戦争があった頃も、終わった日にも、朝顔とひまわりは咲いていたんだろうね。

一輪の花さえ、人を慰める力を持っているんだよ。
焼け野原に咲く朝顔は美しかっただろうな。
でも、私はごく当たり前の庭や畑に花が咲いているのを見るのがいい。

こんな平和な朝が続いてくれるといいな。

幸福(さいわい)なるかな、平和ならしむる者。
その人は神の子と稱(とな)へられん。

感動的な生き物

わんこ
08 /08 2017
なんかね~なんかね~、
犬が主人公になっている小説って、どうして必ず犬に過酷な状況が描かれるの?

最近いくつか犬が主人公の小説を読んだけどさ、
出てくる犬は人間のせいでかなり悲惨な状況を潜り抜ける必要に迫られるのよ!
必ずなのよ!
必ず、ひどい境遇に陥ったり、危険な状況になったり
死んじゃったり、残酷な殺され方をしたりするのよ!

ひどい目に遭わされてもなお
犬は人間のために尽くしたり、信じたり、誠実だったりするのよ、
究極の善良さを少しも損なわないのよぅ、もう、なんでなの~~~~~!!

あのね、犬にまつわる伝説らしいんだけどね、
アダムとイブがリンゴを食べて、エデンの園を追放されるときね、
神様はアダムとイブの夫婦と、そのほかの動物との間に大きな溝を作られたのだって。
溝はどんどん広がって大きくなっていって、
人間とそのほかの動物との間のすべての絆が切れかけそうになったとき
犬だけが走ってその溝を飛び越え、人間の側についたのだって。

この話、以前洋ドラで聞いたんだけどさ
先日読んだ小説のラストにもこれが出てきてさ
犬は神への「反逆」を試みたので、人間と同じように
この世界で苦しむ必要がある、みたいになっててさ、
なんと申しますか、半分納得して半分釈然としなかったよ。

犬の善性を直接知るにつけ、私なんかはつくづく感じるのよ、
こいつら、ただ飼い主が家に帰ってきただけで何でこんなに喜ぶんだろ、
なにがそんなに嬉しいんだろ、
少しもかまってやらない飼い主にさえ必死に尻尾を振るのはなんでだろう、
飼い主でいる限り、無条件に人を愛し、信じようとするこの子らは
いったいどういう生き物なんだろう、
このけなげさに気づかないまま、殺してしまう人間もいるのに
なんでこいつらこんなに善なんだろう・・・・

でね、上記の伝説と考え合わせて私が得た結論はね、
神様は犬が人を求め慕うように
人間が神を求め慕うことを望んだのではないか、ということなの。

たとえば、留守番していて飼い主の帰りが真夜中になってもさ
犬は帰りが遅い! って怒ることなんかしないで
帰って来た帰って来た!って、ただただ喜びでいっぱいになるでしょ?
空腹でもおしっこしたくても、ずっと我慢して
ただただ喜んでいるでしょ?

私ねぇ、犬のひたむきさや、究極の善良さを見ているとね
こんな風な人になれればなぁって思うのよ。
神様が与えた試練に対して憎みも呪いもせずに受け入れて
ただひたすらに信じて慕って、善である性質。
神様は人間にその尊さを教えるために、犬を傍に置かれたんじゃないのかなぁ。

アメリカの刑務所でさ、受刑者が野良犬を訓練して
すばらしい家庭犬にして希望者に譲渡するっていうのがあるでしょ、
まぁ、失敗した例もあるけど、
上手くいくと、受刑者の再犯がほぼなくなるっていうね。

あれはやっぱり、犬が無条件に人を信じて従う
その善性に、受刑者が心打たれる、学ばされ、教えられるからだと思う。
世の中に信用できるものなんか無いって腐ってた受刑者たちが
こんなにもピュアで信じるに足る命があるってことを知って
ある種衝撃を受けるんだと思うんだ。

えと、話を戻して、つ~ま~り~、私は
普通の犬が、優しかったりおっちょこちょいだったり、
時々怒ったりする人間たち家族の中で
普通に飼われて愛されて、笑ったり、しょげたりしながら
平和に歳をとっていくような、なんでもない小説があって欲しいわけよ。

極限状態に追い込まれる犬とか、そういうのかんべんして欲しいわけよ、
そういうのなしでも、犬は感動的な生き物だって私知っているんだもの。

お祈り感謝いたします

生きていくこと
08 /07 2017
私のチューブから外れなかったプラグね、
看護師さんがふたりで、ほんとがんばってがんばって外してくれたからね、
私、脱水にも栄養失調にもならずに済みました。

内科の処置室詰めだった看護師さん1人が
もう1人中心静脈栄養に詳しい看護師さんを呼び出してくれて
その2人が、1時間近くかけて、うんうん言いながら
やっとこさ外してくれたの。
神様がみんなのお祈りを聞いてくださったから、
なんとその場に、
中心静脈栄養を20年やってきたという患者さんがたまたまいたんだよ、
彼女はチューブからプラグが外れなくなる問題も
何度も経験してきたって教えてくれてね、
「確かそれ、外すコツがあるんだよ」ってアドバイスしてくれた。

神様は最初からそれらをすべて整えていて、
私をその場に送り込んだみたいだったよ。
そのコツを見つけたらしい看護師さんは
「こういうことがよくあるんだったら、私たち練習しとかなきゃいけない!」
って言ってた。
看護師さんたちは専門性を高めるためによく勉強会をしているけど
今回のことは看護師さんにとってもいい練習になったのかもしれない。
私と同じような状況になる患者が出てきたときのためにも、
良かったんだと思うの。
私自身も、誰かのためになることが出来たのならうれしい。

神様に感謝しながら、炎天下の中帰ってきたんだけど
今ブログを見て、4人もの人が、私のために
祈ってくれたんだって知って、
私のプラグが外れなくなった理由が、分かった気がした。
神様は私の周囲にある人の優しさや思いやりをご存知で、
私にそれを教えるために今回のことをなさったんだと思うの。

私ね、実際には会ったこともないネットの中のお友達に
祈ってもらえたから、こうしていま、
通常の状態でここにいられるんだ。

神様は私のために自分の時間を使って祈ってくれた人の心を
きっと喜んでくださった。
その4人は、クリスチャンでもないし、お祈りのやり方もしらないけれど
身内でもなんでもない私を案じてくれたその優しさを思いやりを
神様は大切に扱ってくださった。

チューブのプラグが外れなくなった土曜日の午前中から
私の心は重たくて、滅入りがちだった。
また重病人に戻る日々がくるのかなぁって、怖かった。
でも、昨日ブログを書いて、少し自分に言い聞かせることが出来た。
多少の苦があっても必ず最善となる、
私は必ず喜ぶようになるんだって。

そして、今、私は苦労さえなしに、喜んでいるの。
ちょっと泣きそうになっているくらい、うれしいの。
顔も知らない私のために、祈ってくれた人たち、本当にありがとう。
あなたたちが祈ってくれたので、私はいともすんなりと
悩みから開放されました。

もしもあなたたちのお祈りが無かったら、もう少し
私はつらい時間を過ごさなければならなかったと思います。

私のために祈ってくれた4人の方に、本当に感謝します。
また、私に知らさないままに、祈ってくださった方がいるとしたら、
その方にも心からお礼を言います。
私にはわからなくても、神様はその方の優しさと思いやりを
きちんとご覧になりましたから。

人間はね、常に誰かの祈りによって支えられているのだって
いろいろな人から、聞いてきた。
私もいま、こうして祈りによって助けられ支えられていることを
実感してる。

ありがとうございます。
もしも、おつらい事やお苦しみがあって
私に祈ることを許してくださるなら、どうぞ、
どこにでもよいので、密かにでもよいので書き込んでください。
私もみなさんのお力になれるなら、なりたいと思っています。